サバサバキャラの女の子になる方法 愛されコミュニケーションの秘訣

男子からみて話しやすくてとっつきがよい、適度にサバサバしている子ってモテますよね。うらやましくて、真似してみたいと思っている女の子もいるのでは? でも、もともとそういうキャラじゃない場合、真似するのは難しいというイメージもあるんじゃないでしょうか?
性格を変えるのは大変だけど、ちょっとコミュニケーションを工夫して男子からの印象を変えることで、意外と簡単にサバサバキャラ風になれるんです!さっそくポイントを見ていきます♡

目次

ポイント1:返事はハッキリと


サバサバキャラの女の子になる方法 愛されコミュニケーションの秘訣の2枚目の画像

サバサバしている女の子がモテる理由のひとつは、男子からみて、女の子にありがちな「なにを考えてるかわからない」感じがしなくて、コミュニケーションが楽な印象をもてるから。
男子と話すときは、わざわざ言葉にしない部分も気持ちを察し合う女子同士の会話とは切り替えて、少しハッキリめにものを言うように意識するのがいいと思います。

返事を曖昧にせず、「これは苦手」「一緒に行きたい」「今日はやめとくね」「うれしい、ありがとう」などなど、シンプルでわかりやすい言葉を使ってみて。
心の中はいつも通り女の子らしいままでも、言い方を少し工夫することで、男子に「わかり合えてる」ような印象を与えることができますよ。

ポイント2:本音っぽいことを話す


女友だちと話すときはかなり本音が出せるけど、男子の前に出ると無難なリアクションとか優等生な発言ばっかりになってしまうことってあるんじゃないでしょうか。
でもそのままだと、男子からは見た目がかわいいなとは思われても、「なにを考えてるかわからない」と思われて、恋愛に発展しにくいことも……。

決して毒を吐く必要はないのですが、学校の授業や職場の仕事に関する考えや感想など、思っていることを正直に話す機会を作ると、男子が自分の中身にまで興味を持ってくれるきっかけ作りにつながります。

ポイント3:悪いニュースこそ笑顔で聞く


サバサバキャラの女の子になる方法 愛されコミュニケーションの秘訣の3枚目の画像

バイト先や職場、サークルなどで男子も混ざってみんなで共同作業をする時間は、それまで絡みがなかった人とも仲良くなれる絶好のチャンスですよね。仕事がうまくいっているときに一緒に盛り上がれるのはもちろんですが、「この子は違う」という特別感を出せるのは、実はピンチのとき。相手が言いにくい話をしにきたときは、ぜひ笑顔で聞いてあげてみて。なんでも話しやすいキャラを強く印象づけて、ライバルに差をつけちゃいましょう。

ポイント4:世間話をストック


男子と世間話するのが苦手! という人は、通学や出勤をするとき、その日の天気を意識したり、ニュースなどをチェックして、話のネタをあらかじめ準備してみましょう。
学校や職場に着く前にトピックを簡単に整理しておけば、誰かと会ったときに、たわいない話をパッと出すことができます。「今日一気に寒いですよね」「明日、雨だよね」って言えるだけでも、挨拶のみで終わる会話とか、微妙な沈黙を避けられるので、男子からみても話しやすい子という印象を与えられますよ。
世間話の準備は最初は難しくても、だんだん慣れると無意識にできるようになっていきます。最初はスキマ時間を活かしてちょっとずつ頑張ってみましょう。

ポイント5:LINEやメールは引き算で


LINEで長文を送ったり絵文字を使いすぎなのは重たすぎて返事をもらいにくい……というアドバイスって、雑誌やネットの恋愛コラムでよく見かけますよね。そういうポイントに気を付けたとしても、特に気になる人とLINEやメールをするとき、やっぱりどこか丁寧になりすぎる傾向ってあると思います。気持ちを込めて送った内容に対して反応が薄かったり、スルーされると、かなりヘコんじゃうこともあると思います。
(C)LAURIER PRESS
(C)LAURIER PRESS

LINEをするときに内容を重くしすぎないコツは、次回会ったときに話すネタを残すつもりで、引き算しながら送ること! それから、やり取りがそろそろ終わりそうなタイミングになったとき、しつこく送り続けないのも大切です。気軽に何回もコンタクトを取れるようなキャラ作りを意識してみましょう。

誰でもできる、モテるサバサバキャラの作り方をみてきました。できそうなものからぜひ試してみてください♡
(由井妙/studio woofoo)
1

この記事を書いたライター

由井妙
名古屋出身のフリーライター。坂東芙三次の名で、女優、日本舞踊家として活動している。おいしいもの大好き、運動は大のニガテ、ゆるめのダイエット情報が大好物。生活をより豊かに、楽しめる情報を紹介してい来ます。

関連記事