気になる男子との距離を縮めるコツ テスト週間こそチャンス♡

気になる人はいるけれど……なかなか二人きりで話すキッカケがなかったり、なにを話したらいいかわからないことってありますよね?

(C)LAURIER PRESS
(C)LAURIER PRESS


目次

仲良くなる最初の一歩が難しい…


ゼミやサークルが同じだったり、共通の仲良い友達がいたりすれば別ですが、普通のクラスメイトとして挨拶するだけの距離感の男子と一気にその先の関係へ進むのって、結構ハードルが高いもの。普段なにをしてる人なのか、どんなことに興味を持ってる人なのかがわからないと、響くアプローチの仕方がわからないところもあると思います。

でも、同じ学生ならどんな男子でも避けて通れない関心事があります。それは、卒業の単位に関わるテストやレポート課題! そこで今回は、テスト週間を利用して実行したい、気になる彼へのアプローチ方法について解説します。

気になる彼にアプローチ♡ 「一緒にテスト勉強しよう」と誘ってみよう


気になる男子との距離を縮めるコツ テスト週間こそチャンス♡の3枚目の画像

この時期、テストやレポートの話を雑談的に振ることで、男子と会話するキッカケをつかむことはできるけれど、それだとさらっと話すだけで終わってしまいがち。気になる男子との距離感をグッと縮めるには、しばらく二人っきりで話す時間を作るのがおすすめです。

そこで、一緒に勉強するように彼を誘ってみましょう! テストやレポートの対策という口実があれば、誘われた男子側もOKするハードルが低いから、ただご飯や飲みに誘うよりも撃沈する確率が低くていいと思います。

口実は「ここ教えて~」or「教えるよ~」が◎


一緒に勉強する科目は、得意なものでも苦手なものでもOKです。自分ができない科目だったら「本当に困っちゃってて……ここ教えてくれないかな?」とお願い形式で、得意科目や彼よりたくさん出席している科目だったら「よかったらノート見る?」「ここは自己流のメモになっちゃってるから、説明して教えようか?」と親切に助けるていで誘ってみましょう!

学食や図書館が狙いめ


気になる男子との距離を縮めるコツ テスト週間こそチャンス♡の4枚目の画像

勉強っていう口実があるとはいえ、いきなりカフェに誘うのはハードルが高かったり、いかにも押してる感が出すぎる場合も……。学食や校舎内のフリースペース、図書館など、キャンパス内の手近な場所なら、相手も気軽に応じてくれやすいと思います。

なおかつ校舎内で実行すると、お互いの知り合いに二人でいるところを見つかりやすい! というメリットも! 周りから「あの二人って仲良いんだ」認定されたり、「付き合ってるの?」とつっこまれることで恋愛対象として意識してもらえるキッカケができて、急接近のチャンスが訪れることもありますよ♡

感謝+相手をほめよう


勉強を教えてもらったあと、「ありがとう」って感謝するのは当然のこと。そこからさらに、相手をほめる言葉を伝えてみましょう! 彼が「この子の力になれてうれしいな」という気持ちになってくれれば、守ってあげたいキャラの確立につながりますよ♡

逆に自分が彼に勉強を教えてあげる場合は、親切に優しくすることを心がけましょう。相手が好きな人だと、照れたり緊張したりして、事務的な話し方になっちゃったりすることもあると思います。「一人だとサボっちゃって進まないから、一緒に勉強できてよかった」「楽しかった」「他にも分からないところがあったらいつでも聞いてね!」などのキーワードを会話に散りばめると、ぶっきらぼうな印象になるのを防ぐことができますよ♪

(C)LAURIER PRESS
(C)LAURIER PRESS

一緒に勉強する時間を過ごすことができれば、テスト対策を手伝った貸し借りができるし、勉強の進み具合とかテストの結果を報告し合う話題が持てたりして、その後もLINEや雑談をするハードルがぐっと下がります。テスト週間が終わったら話さなくなっちゃうのではなく、距離が縮まったシチュエーションをしっかり活用して、彼のハートをつかんじゃいましょう♡
(由井妙/studio woofoo)
1

この記事を書いたライター

由井妙
名古屋出身のフリーライター。坂東芙三次の名で、女優、日本舞踊家として活動している。おいしいもの大好き、運動は大のニガテ、ゆるめのダイエット情報が大好物。生活をより豊かに、楽しめる情報を紹介してい来ます。

関連記事