カレと食べたいクリスマス前菜レシピ♡ メニューに追加すれば豪華ディナーに!

クリスマスまであと少し。今年は大切な人と、どのように過ごすか決まりましたか? おしゃれなレストランで楽しむクリスマスも素敵ですが、手作りごはんでゆっくり過ごすお家デートも魅力的ですよね。カレと一緒に買いものをして一緒に料理を作れば、2人の気持ちが盛り上がることは間違いなし! クリスマス料理といえば思い浮かべるメインは、チキンなどのお肉料理ですが、その前に、華やかな前菜も欲しいところ。

今回は、簡単だけどとってもおしゃれな前菜レシピ「アボカドとサーモンのタルタル」をご紹介します! ぜひ作ってみてくださいね♡



目次 [開く]

今年のクリスマスは手作りごはんでお家デート♡ 簡単につくれる前菜レシピ


アボカドとサーモンのタルタルのレシピ / 材料(2人分)



緑の層


アボカド    :1個
マヨネーズ   :大さじ1
ブラックペッパー:少々

緑の層


紫玉ねぎ    :1/2個
塩       :少々

オレンジの層


サーモン(刺身用):100g
オリーブオイル  :小さじ1
ハーブソルト   :小さじ1

飾り


ディル    :適宜
オリーブオイル:適宜

あると便利♡ セルクル





アボカドとサーモンのタルタルのレシピ / 作り方


1.アボカドは食べやすい大きさのダイス状に切り、ボウルに入れる



マヨネーズ、ブラックペッパーを加えて混ぜ合わせる




2.紫玉ねぎは薄切りにする。塩もみし、水でさっと洗い流し、水気を絞る




3.サーモンは食べやすい大きさのダイス状に切り、ボウルに入れる




オリーブオイル、ハーブソルトを加えて混ぜ合わせる




4.器の上にセルクルをのせ、アボカド、紫玉ねぎ、サーモンの半分の量を順に入れる。同じようにもう一つを仕上げる。






5.お好みで、ディルを飾り、オリーブオイルを回しかける




クリスマスディナーに『アボカドとサーモンのタルタルのレシピ』をもっと上手につくりたい♡




メニューにクリスマスムードをプラスできるポイントをチェック♡


色の層(緑・紫・オレンジ)で華やかに


クリスマスはテーブルを華やかに仕上げたい! そんな願いを『アボカドとサーモンのタルタルのレシピ』一品で叶えることができます。色とりどりの3色が鮮やかで、食卓をパッと明るく仕上げることができます。お好みで、トッピングにいくらやとびっこをのせて、赤を取り入れても綺麗です。

ハーブソルト


ちょっぴり凝ったように思えるハーブソルト。香りが鼻に残り、いつもよりもおしゃれな風味に仕上がります。もちろん、塩にも代用可能ですが、せっかくのクリスマスにはちょっぴり変化をつけたハーブソルトを使用するのがオススメです!

赤玉ねぎの塩もみ


そのまま使用すると辛い赤玉ねぎも、塩もみをしたら大丈夫。一手間かけることで、玉ねぎの甘みを引き出すことができます。

ついつい食べ過ぎちゃう年末年始も安心! 私もカレも大満足の栄養がいっぱい◎




栄養ポイントをチェック♡


今回の料理に使用している食材の栄養素の特長はこちらです。

ダイエット中も安心! サーモン


サーモンは栄養価が高く、良質なたんぱく質を持っています。鮭に含まれるビタミンは、脂溶性なので、今回一緒に和えるオリーブオイルと一緒に摂ると吸収が良くなります! サーモンはカロリーが低いので、ダイエット中にも安心の食材です。

栄養価が高い♡ アボカド


森のバターと言われているアボカドは、カロリーが高くマイナスなイメージがありますが、実は世界一栄養価の高い果物としてギネス認定されています! 脂肪分の多くは、コレステロールを減らす効果がある不飽和脂肪酸が主な成分なので、意外にもダイエット向きです。食物繊維も多いことから、消化もよくデトックス効果も期待できます。

血液をサラサラに! 玉ねぎ


玉ねぎには硫化アリルという成分が含まれており、これが血液をサラサラにする効果があります。高血圧、糖尿病の予防に効果的です。血糖値の上昇を抑える働きもあるので、中性脂肪やコレステロールが高い人にもおすすめ! また殺菌性が強いので、風邪やインフルエンザにも効きます。

身体にうれしい♡ オリーブオイル


オリーブオイルは、オレイン酸やビタミンE、ポリフェノールなど身体にとって必要な成分が豊富に含まれいるエキストラバージンオリーブオイルをおすすめします! 風味がとても良いので、サラダだけでなく、付け合わせのフランスパンにかけてもおいしくいただけます。



クリスマスメニューに迷ったら……ポイント2つをおさえよう♡


ポイント1.メイン・サブ・炭水化物系を1つずつ選ぶ


まず料理の主役となるメインから考えてみましょう。クリスマスの定番な骨つきチキンなどのお肉料理をメインにする場合、脂が多く、こってりした味付けが多くなるので、サブはさっぱりしたもので口直しがおすすめ。最後にピザやパエリアなどごはんものあれば、ボリュームあってカレも大満足です♡

ポイント2.肉や魚だけではなく野菜も忘れずに


クリスマスなどのパーティーメニューでは、好きなものを食べがちで栄養が偏ってしまうことも。サブはさっぱりした野菜メインのサラダでカレの健康も考えて作ることを忘れずに。



いかがでしたか? クリスマスにぴったりの前菜料理、とってもお手軽に作ることができるのでぜひ作ってみてください♡ おいしいごはんと、大切なふたりの時間も味わって、聖なる夜を迎えましょう!

(倉田 沙也加)

この記事を書いたライター

倉田 沙也加
フードコーディネーター。大手食品商社にて2年勤務後、独立。 料理番組出演、料理動画サービスレシピ制作・撮影、料理記事の執筆や講師など多岐にわたり活躍。真似しやすく簡単な家庭料理のレシピ制作を得意とする。2017年〜渡星し、シンガポールにて弁当レシピを開発・販売。和食の発信に務めた。 「手作り料理で大切な人を大事にできる社会を創る」ことを目標に掲げ活動中。

関連記事

今、あなたにオススメ