緑に合う色をトーン別に解説!タイプに合わせたコーデもご紹介♪

緑に合う色やコーデのコツが知りたい!


コーディネートに取り入れるには、難しいと思われることの多い「緑」ですが、緑は暖色でもなく寒色でもない中立的な色なので、実はとても合わせやすい色。思い切っていつものコーディネートに緑を取り入れるだけで、トレンド感が一気に増しおしゃれ上級者になれます♡

これから緑コーデ初心者さんにもおすすめの、緑に合う色とコーデのコツを紹介していきます。春に向けて是非、いろいろな緑のアイテムを取り入れてみてください。

緑はさまざまな色と相性抜群



緑は中性色なので合わせる色によって、コーディネート全体の雰囲気もがらっと変わってきます。中性色はさまざまな色と相性抜群なので、まずはあれこれ考えずに、様々な色とのコーデを楽しむのが一番です。

はじめは黒や白、ベージュなどの落ち着いた色味のアイテムを合わせることから始めてみるのがおすすめ。

色合いによって合う色も変わる



緑とひとことに言っても、原色の緑から黄緑、ダークグリーンにモスグリーン、エメラルドグリーンなど様々な緑があります。

それぞれの色によって、合う色や印象も変わってきます。濃い緑に抵抗がある方は、まず黄緑やエメラルドグリーンなどの、淡い緑からチャレンジしてみるのはいかがでしょうか?

様々なコーデテイストに馴染む



緑を合わせると、なんだか子供っぽくなりそう……と思っている方も多いでしょう。ですが、緑は「カジュアル」にも「フェミニン」にも馴染む色。むしろ、緑を取り入れることで上品な大人レディコーデが完成します!


緑は、様々なテイストのコーデに取り入れやすい色なのです。

緑色の効果



緑色は自然界に存在するカラー。そのため、リラックス効果のある色と言われています。緑をコーデに取り入れることによって、心を落ち着かせたり、緊張感を和らげたりする効果を期待できます!


緑は「相手に対して緊張感を与えにくい」と言われている色ですので、初対面の人と会う時に緑を取り入れるのもおすすめです。

明るい緑に合う色とおすすめコーデ


それではまず明るい緑に合うコーデを紹介していきます。明るい緑に合うのは、明るい緑を引き立ててくれる黒や白などの「ベーシックカラー」です。



明るい緑と白のコーデはコントラストもはっきりとしていて、爽やかな印象を与えます。白をベースとした大人フェミニンな花柄に、緑のカーディガンを羽織るだけで全体がまとまりがでます。


緑と白の組み合わせに、差し色で黄色をプラスするのもおすすめ。小物ならちょっと派手な色でも取り入れやすいので、初心者さんはバッグや靴など小物からチャレンジしてみるのはいかがでしょうか?



黒は、明るい緑をかっこよくクールに見せてくれます。明るい緑は存在感があるので、それだけで全体を引き締めてくれる色ですが、更に黒をプラスすることで大人っぽさを感じるコーデに。


明るい緑を主役にして、足元を黒で引き締めるのもおしゃれ。パッと目を引くコーディネートです。

ベージュ



明るい緑にベージュを合わせると、上品なレディ感のあるコーデになります。白を合わせるよりも、よりガーリーな印象に。コーデ全体を柔らかい雰囲気にしたい時は、ベージュを選びましょう♪



デニムの柔らかい青みは、鮮やかな緑色を引き立ててくれます。オフショルダーとデニムのロングスカートの組み合わせで、カジュアルながらも女性らしさがしっかり出ているコーデです。どんなコーディネートにしよう……と迷った時は、まずはデニムから合わせてみるのがおすすめ♡

ピンク



明るい緑とピンクの組み合わせは、両色が主張しすぎてしまうのでは?と思われがちですが、実は「ベストコンビ」とも言われるほど相性抜群な組み合わせ。緑とピンクの柄ワンピをさらっと着こなすのもいいですし、緑のワンピースにピンクの小物をプラスするのもおすすめです。


思い切って明るい緑のトップスに、ピンクのボトムを合わせてみるのも華やかで素敵。
マンネリコーデから抜け出したい時にぴったりのコーディネートです。

パープル



緑とパープルの組み合わせも実は相性抜群。明るい緑には、ちょっと薄めのパープルを合わせるのがポイントです。逆に、濃いパープルを合わせる時には、薄めの緑を合わせるなどトーンで調節するとバランスが良くなります。

深緑に合う色とコーディネート例


次は、大人っぽい印象になる深緑に合う色とコーディネート例を紹介します。

モスグリーン・ダークグリーンなどと言われる深緑は、コーデに取り入れるとモード感がでて落ち着きのある雰囲気になります。

グレー



大人っぽい深緑にグレーを合わせることで、上品なモードファッションになります。特に小物類に深緑を取り入れると、上品さがプラスされるので是非試してみてください!

茶色



落ち着きを感じられる深緑には、茶色をプラスすることで上品で知的な印象に。深緑は、茶色やキャメルの靴と相性ぴったりです。春夏はサンダルやパンプス・秋冬はブーツに合わせると季節感を上手に出すことができます。



深緑に黒を合わせることで、全体がまとまったコーデになります。黒と組み合わせるときは、素肌をチラ見せすると抜け感がでてコーデが重たくなりすぎません。ちょっとクールにキメたい時には、黒が断然おすすめです。

オレンジ



明るい緑にオレンジを合わせると、全体が派手な印象になりがちですが、シックな深緑ならオレンジを合わせても落ち着いたコーデに仕上がります。フレアスカートを取り入れることで大人かわいい雰囲気になり、ストライプの縦のラインがスタイルを良く見せてくれます。



深緑と白も相性のいい組み合わせの1つです。カジュアルコーデでも、白系の色を取り入れることで女性らしさを感じられます。


白いレースのトップスは、合わせ方によってはガーリーになりすぎてしまうことも。ですが、深緑のボトムを合わせることによって、大人なガーリーコーデに仕上がります。ウエストをベルトでマークすることで、スタイルアップ効果も。

ベージュ



メンズライクなトレーナーに、ベージュのアウターを取り入れることで、カジュアル過ぎないシンプルコーデができあがります。茶色やベージュなど自然を連想させるような色は、深緑と相性がよく合わせやすいカラーです。

ベーシックカラーにちょっと差し色をしたい時は、深緑の羽織りものがおすすめ。ロングシャツやロングカーデで、縦のラインを意識することでスタイルアップにも繋がります!

薄緑に合う色とコーディネート例


濃い緑に抵抗がある方は、まず薄い緑からチャレンジしてみてはいかがでしょうか?ミントグリーン・ライムグリーンなどの淡い色合いの緑は、主張しすぎずどんなコーデにも合わせやすいカラーです。

淡いカラーは、それだけで全体がふわっとした印象になります。ガーリーコーデが好きな方に特におすすめな色です。

黄色



薄緑に黄色を合わせると、鮮やかなビタミンカラーコーデになります。薄緑であれば主張しすぎることがないので、黄色と組み合わせても派手になりすぎません。



子供っぽくなりがちな薄緑と青の組み合わせですが、上品な薄緑のシャツにカジュアルなライトブルーのデニムを合わせることで、こなれ感のあるコーデに仕上がります。カジュアル過ぎず、そしてガーリーにもなりすぎないデニムは、薄緑に合わせやすいアイテムです。



薄緑は、白を合わせると爽やかな印象に見せることができます。淡い色の組み合わせは全体がぼやけてしまうこともあるため、上手に柄ものをプラスしてみたり、小物を使って濃い色を取り入れるといいでしょう。


淡い薄緑のスカートは、それだけで女性らしくフェミニンな印象に。シンプルなニットトップスと合わせることで、知的に見えます。


ガーリーな白のワンピースに、さらっと薄緑のアウターを羽織るだけで甘辛ファッションが完成します。

パープル



薄緑には、同じように薄めのカラーが馴染みがよくおすすめ。パープルを合わせることで、落ち着きをプラスさせつつ、女性らしくガーリーな雰囲気を出すことができます。

ベージュ



緑系のカラーとベージュはまさに黄金コンビとも言えるくらい、相性抜群の組み合わせ。薄緑とベージュだと、コーデ全体の色味が薄くなってしまうので、小物で茶色や黒などの濃い色を取り入れると全体がまとまります。


1枚で着ると、ちょっとガーリーになりすぎるかも?なんてアイテムは、薄緑のアウターをプラスすると、上手にカジュアルダウンさせることができます。

ネイビー



きっちり感を出したい時には、ネイビーなどの暗めの色を合わせるのがおすすめ。薄緑とのコントラストがしっかりと出るので、カジュアルトップスでも大人っぽく着こなせます。

黄緑に合う色とコーディネート例


ビタミンカラーの黄緑は、ちょっと間違うと子供っぽくなりそう……と思われがち。ですが、上手にコーデに取り入れることでトレンド感がアップします!

ベージュ



ベージュをメインにしたコーデに、差し色で黄緑をプラスするだけで全体が華やかな雰囲気に。いつもベーシックカラーのコーデばかりと言う方や、マンネリコーデを脱したい方は、黄緑色を取り入れるとおしゃれ度が格段にアップします。

ネイビー



爽やかな黄緑を、大人っぽく見せたい時にはやはりネイビーがおすすめ。ゆるいニットにカジュアルデニムの組み合わせは、おしゃれで真似しやすい定番コーデです。



緑と青は色相環で隣り合った色なので、合わせやすい色合いです。

淡いブルーのデニムも、もちろん黄緑と相性抜群。全体的に爽やかなコーデになります。
カジュアルになりすぎるのが嫌な時は、オフショルトップスなどで上手に肌見せすると、女性らしい印象に。

グレー



ビタミンカラーの黄色とも相性のよいグレーは、黄緑と合わせてもマッチします。全体のコーデを落ち着かせてくれるので、思いっきり派手な黄緑を合わせてもまとまって見えます。

カーキ



黄緑は同じ緑系のカラーとも相性ぴったり!
ポップな印象の黄緑に落ち着きのあるカーキを合わせることで、落ち着いた緑のグラデーションカラーコーデが完成します。

茶色



子供っぽくなりがちな黄緑には、大人っぽい暗めの茶色も合います。
小物で取り入れるとなじみもよく、秋冬におすすめの大人カジュアルコーデに仕上がります。

青緑に合う色とコーディネート例


青緑は、ターコイズブルーなどとも言われる爽やかな色。そんな青緑にはベーシックなカラーはもちろんですが、黄色やオレンジなどの明るい色もマッチします。

グレー



落ち着いたトーンの青緑には、大人っぽくしてくれるグレーのアイテムがおすすめ。青緑は、知的な印象にも見せてくれるので、ちょっとカジュアルダウンした服装でも上品に見えます。



黒は、コーデにメリハリをつけたい時にぴったりの色。青緑をクールに着こなしたい時には、黒のアイテムと合わせてみるのがおすすめです。

鮮やかな青緑のスカートに、黒のトップスを合わせることで引き締まって見えます。シルバーのパンプスがワンポイントになっていて、コーデがより華やかさに。

青緑のワンピースは1枚で存在感があります。黒のパンプスで大人かわいいコーデの完成。



女性らしいデザインの青緑のスカートは、白と合わせると一気に爽やかになります。白いトップスに、足元も白のサンダルにすることで女性らしく夏らしい雰囲気に仕上がります。

ベージュ



青緑を取り入れたい!でも、派手なコーデではなくて落ち着いた雰囲気にしたい方にはベージュがぴったり。青緑を取り入れても、ベージュを合わせることで子供っぽくならずに全体がまとまります。

タイプ別おすすめコーディネート集


次は、タイプ別のおすすめコーデを紹介します!

カジュアル



淡い緑にデニムを合わせることで、カジュアルながらも可愛らしい印象に。緑は、濃いインディゴデニムとも相性抜群。

メンズ感のあるゆるめの緑スウェットは、トレンドアイテムのひとつです。スキニーパンツを合わせることで、シルエットにもメリハリができます。さりげなく足首をチラ見せすることで抜け感もでて細見え効果も。

ゆるいシルエットでも、ロングスカートなら女性らしさをきちんと出すことができます。
足元はスニーカーで歩きやすく、白を合わせることで清潔感もプラスされます。

シック


緑は、派手な色だと思われがちですが自然に存在するナチュラルな色。そのため、シックなコーディネートにもなじみます。

鮮やかな緑のワンピースは、さらっと1枚着るだけで存在感が出ます。緑のアイテムを他の色とどうコーディネートするかわからない……と言う方は、大胆にワンピースで緑を取り入れてみて、小物のコーデを楽しむのがおすすめです。

デート


デートには、可愛らしいアイテムを取り入れたいものですよね?緑はクールで知的に見られる色でもありますが、デザインによっては女性らしくも見せてくれる色です。


鮮やかな緑のワンピースに、白のサンダルを合わせて爽やかかわいいコーデに。


フェミニンな淡い緑のトップスには、メリハリをつけるために黒を合わせるのがおすすめ。小物に白を合わせると薄緑にもなじみ、全体がまとまって見えます。

オフィス



オフィスで緑を取り入れるなら、白のトップスで清潔感を意識しつつ、淡い色合いのスカートを合わせるのがおすすめ。ふんわり広がったフレアスカートのシルエットが、女性らしく落ち着いた雰囲気にしてくれます。

オケージョン



結婚式の二次会やパーティーシーンにも、緑はおすすめ。緑は人とかぶりにくいカラーなので、周りと差をつけることができます。淡い緑のドレスには、華やかかつ爽やかな白を合わせるとパーティー感が増します。

鮮やかな緑のワンピースに、白やクリーム色のジャケットを羽織るだけできとした印象に。大人レディな雰囲気に仕上がります。

モード



モスグリーンのニットワンピに、クールな黒のブーツを合わせることでシンプルかつモードに。ちょっと大きめのオーバーサイズを着るのがトレンドです。

コンサバ



色気のあるレーストップスも、緑ならセクシーになりすぎません。白のロングスカートを合わせることで、上品な大人の女性を演出することができます。

ボーイッシュ



デニムにキャップと言うカジュアルコーデでも、緑のニットを合わせるだけでおしゃれ度が増します。

緑に合う色で様々なテイストのコーデを楽しもう!



合わせるのが難しいなんてイメージはすぐに捨てて、実は合わせやすくて万能な「緑」を是非コーデに取り入れてみてください!


いつもは着ない色を取り入れてみたり、組み合わせを変えてみるだけで、おしゃれはぐっと楽しくなりますよ♡

(まい)

この記事を書いたライター

まい
都内の大学に通う女子大生。毎日トレンド情報チェックしてます♡趣味はカフェ巡り、記事を書くこと♡

関連記事

今、あなたにオススメ