気温18度の日の服装は?【季節・シーン別】おすすめコーデを紹介♡

気温18度の日はどんな服装がベストなの?


毎日の服装をコーデするのって、意外と大変ですよね。特に、気温18度くらいの季節の変わり目の時期には、朝晩と日中で大きな気温差があったり、朝は晴れていたのに、夕方には雨が降り出したりと、天候が目まぐるしく変化します。この記事では、くるくると天候の変化する気温18度の日におすすめのコーデをご紹介します!

気温18度になるのは何月くらい?


1年間のうちに気温18度になるのは、おおよそ3月の下旬から4月にかけての春の時期と、10月から11月にかけての秋の時期で、合計2回あります。どちらも花や紅葉を楽しめる、アウトドアにぴったりな季節です。お出かけするのに最適な季節だからこそ、その分、服装選びには気を使いますよね。

晴天の日中は暖かでとても過ごしやすい一方で、夜間や雨天時には気温がぐっと下がることも。急な気温や天候の変化に対して、柔軟に対応できる着回しコーデを上手に活用していきましょう!

 

気温18度の日の服装選びのコツ


気温18度になるのは春と秋、まさに季節の変わり目の時期です。晴れた日の日中は、外でも過ごしやすい季節ですから、お出かけの機会もぐんと増えることでしょう。季節感のあるカラーを取り入れた服装を楽しみたいですよね。

一方で、気温18度の日に特に注意したいのは、朝晩の冷え込みとお天気の崩れです。気軽に脱いだりきたりできる「羽織アイテム」を1枚プラスすることで、天候の変化に対応しやすくなります。

季節を意識したカラーを選ぶ


ふんわりとした明るい色合いは、春の心地よい雰囲気にピッタリです。ふんわりカラーには、ニット素材との相性も抜群です。普段、モノトーンなコーデが多い方も、小物や羽織りアイテムに春らしいカラーを取り入れると、軽やかな雰囲気を演出できますよ。

一方で、こっくりとした落ち着いた色合いは、秋ならではの特別なカラーです。コートなしで快適に過ごせる気温18度の日には、肌見せをしながらボリューム感のあるトップスを楽しむこともできます。「すべての季節の中で、『秋服』が一番かわいい」という人もいるほどですから、季節感を取り入れた服装をたっぷり堪能したいですね。


天気に合わせてアウターを選ぶ


気温18度の日の多い時期は、気温や天候の急激な変化に対応できるアウターが強い味方になってくれます。朝晩の肌寒い時間帯にはしっかり保温しつつ、過ごしやすい気温になる日中には脱いで畳んでおいてもかさばらないような、薄手のアウターがおすすめです。

アウターはもっとも注目の集まるアイテムの一つですから、素材感にもこだわりましょう。ニットで柔らかな雰囲気をだすのも素敵ですし、ジャケットでかっちり感を演出するのもいいですね。


足元の冷え対策を忘れずに


意外と忘れがちなのが、足元の冷え対策です。気温18度と聞くと、ついつい油断しがちですが、朝晩は寒いことが多いですよね。ショートブーツはそんな季節にぴったりのアイテムです。ヒールや明るいカラーのものを選べば、重たい印象にもなりませんよ。

スニーカーは、アンクルまでをしっかりカバーしながら、カジュアルな服装にしっくり馴染みます。また、スエード素材のパンプスは見た目の暖かさだけでなく、足元からくる冷気をシャットアウトしてくれるすぐれもの。フォーマルな服装やゴージャスな装いにマッチしますよ。


暖かな晴れの日にはボリュームのあるトップスも


穏やかな天候の気温18度の日には、コートを着なくても気持ちよく過ごせますよね。そんな日は、1枚で十分に存在感を出せるボリューム感のあるトップスを思いっきり楽しむチャンスです。春には肌と馴染みやすい柔らかな素材感のトップスを、着こなしてみてください。

一方で、秋には肌見せできるニットなどを取り入れて、冬の季節感を先取りしつつ、秋ならではの爽やかな空気を楽しむのもいいですね。気温18度の頃が一年の中で、トップス1枚のコーデを楽しめる貴重なチャンスです。お気に入りの一枚で出掛けましょう!


季節別|気温18度の日の服装【春編】


一年の中で気温18度の日になる最初の季節は春です。「三寒四温」という言葉にあるように、この時期は寒い日と暖かい日を交互に繰り返しながら、少しずつ気温が上がっていきます。

一方で、朝晩の冷え込みは厳しいこともあり、服装選びは難しい面も。「夜のお花見で予想以上に冷え込んで、大変な経験をしたことがある」という方もいるでしょう。春の気温18度の日には、日中と朝晩の寒暖差に柔軟に対応できるコーデを整えることが大切です。

春らしいカラーのニットを主役に


やはりこの季節には、春らしい明るいカラーを楽しみたいですね。春に咲くさまざまな花を参考にすると、季節感のある彩りをコーデに取り入れる事ができます。具体的には、ピンクや黄色、黄緑色、水色など、明るいトーンのものが人気です。パステルカラーも春の季節ならではの装いですよね。

ニット素材のトップスは、温かく寒暖差の大きい春にぴったりなアイテムです。明るい色のニットは優しく光を反射し、春らしさを演出してくれます。


薄手のカーディガンできれいめコーデ


薄手のカーディガンは気温18度の春の日に、羽織りアイテムとしてとても便利です。襟付きのブラウスやTシャツとの相性がよく、1枚羽織るだけできれいめコーデを簡単に作ることができます。見た目のかっちりした印象よりも、軽い着心地で動きやすいのもメリットです。

シンプルからゴージャスまで幅広く対応できる薄手のカーディガンは、春の季節の優等生アイテムです。


明るいトーンのショートブーツでアクティブに


気温18度の春の季節には、朝晩の冷え込みが気になる人も多いはず。足元をしっかり保温できるショートブーツなら体を冷えから守ってくれます。明るいトーンのショートブーツなら、春らしい雰囲気をさりげなくアピールできますよ。

花柄やパステルカラーとの相性もよく、全身コーデにもってこいです。


ふんわりとしたワンピースで春を満喫


春といったら、ふんわりとしたデザインのワンピースを楽しみたいですよね。ボリューム感のあるワンピースを身にまとえば、柔らかい春風に袖や裾がなびくたびに、雲の上を歩くような気分を味わえます。

レースやプリーツがあしらわれたガーリーなデザインは、春の季節にピッタリ。カーディガンなどの羽織りアイテムで甘さを調節できるのも、ワンピースの魅力ですよね。季節感のあるコーディネートは、たくさんの人から注目を集めることができますよ。


季節別|気温18度の日の服装【秋編】


続いては、気温18度の秋におすすめな服装コーデをご紹介します。10月から11月は徐々に秋が深まっていく季節です。夏の名残で汗ばむような気温の日がある一方で、ある日突然木枯らしが吹くことも。湿度は低めなので、カラッとした空気が気持ちの良い季節です。

春と同様に、朝晩の冷え込みも心配になってくる時期ですので、一日の気温の変化に対応できるようなコーデが必要になります。オシャレ女子にとって、可愛い服の多い「秋」は最も楽しい季節の一つ。秋ならではの、こっくりカラーやゆったりとしたラインの服装を取り入れましょう。

こっくりカラーで秋らしく


深みのあるこっくりカラーは、移ろいゆく秋の景色にしっくり馴染みます。秋らしい服装をしたいと感じたら、まずはこっくりカラーを取り入れてみると良いでしょう。

深みのある色は肌の色とも相性が良く、メイクを映えさせてくれる効果も期待できます。レッド系やブラウン系、イエロー系など好みに合わせたカラーが展開されているのも、魅力的です。


ゆるパーカーでこなれ感をプラス


ゆとりのあるラインの服を楽しめるのも秋の醍醐味です。やや厚みのある生地で作られたものが多いので、服のアウトラインがしっかりと保たれ、着たときにゆとり感がでます。

気温18度の秋の日に特におすすめなのが、ゆるパーカーです。パーカーというとカジュアルな印象が強くなりますが、ゆるりとしたラインのパーカーなら上品さやこなれ感をプラスすることができます。


秋コーデにしっくり馴染むスエード素材のパンプス


「おしゃれは足元に表れる」とも言われるように、足元のおしゃれにも気を抜きたくないですね。気温18度の秋のコーデには、スエード素材のパンプスがピッタリです。すでにおすすめした「こっくりカラー」にも馴染みやすく、秋のトータルコーディネートでは大活躍するアイテムです。

スエード素材は品のある高級感をもち、落ち着いた印象を演出してくれます。柔らかな人肌の質感に馴染みやすく、全体に統一感を生み出すすぐれものです。


ミモレ丈のスカートで軽やかさをプラス


ゆるっとしたニュアンスのトップスには、ミモレ丈のスカートがよく合います。足首を出すことで足をほっそりとスマートに見せてくれますよ。ボリュームのある上半身との対比で、更にその効果は高まります。こっくりカラーでちょっと重くなりがちな秋コーデに、ミモレ丈のボトムスは軽やかさを加えてくれるでしょう。


シーン別|気温18度の日の服装【最高気温】


最高気温18度ということは、朝晩の冷え込みが厳しい時期。春でも秋でも、気を抜かずに防寒対策をしていきましょう。厚手のニットやフリースなど、冬にも使えるアイテムを活用していきたいですね。また、日中と朝晩の寒暖差に上手に対応するためには、小物使いも大切になります。

重くなりすぎない淡いカラーの厚手ニット


肌寒い日には、ニットを着て暖かに過ごしたいですよね。淡いカラーのニットは見た目の印象が軽やかですので、実際の着心地ほど重たい印象を与えません。また、淡いカラーは光をたくさん反射しますので、レフ板のように顔を明るく見せる効果も期待できます。


カジュアルな気分ならフリースジャケットを


最高気温18度の日のアウターには、フリースジャケットがおすすめです。カジュアルな服装に馴染みやすく、お休みの日のおでかけには大活躍のアイテムです。軽くて風を通しにくいので、外で着る際にも威力を発揮してくれます。軽く羽織っているだけでも、十分に存在感がありますよ。


スニーカーで足元を防寒しつつアクティブに


カジュアルスタイルの強い味方、スニーカーも最高気温18度の日にピッタリです。雨にも強いので、天候の崩れそうなときには積極的に活用していきましょう。

ちょっと派手めなデザインでも、意外と馴染んでしまうのがスニーカーの優れたポイントでもあります。普段あまり着ない色をスニーカーで試してみるのも、新しい発見があって面白いですよ。


レギンスやタイツも強い味方


暦の上で春になると、「タイツやレギンスはそろそろしまった方がいいかも?」と思ってしまうことも。でも、40デニールくらいのタイツなら、軽い印象で足の形をキレイに見せてくれます。カジュアルにもきれいめコーデにもマッチしますので、ワンピースなどと合わせてみては。


シーン別|気温18度の日の服装【最低気温】


最低気温18度になるのは、5月頃と9月下旬から10月中旬ごろです。5月は初夏、夏に向かってどんどん気温が上昇していく時期です。晴天の日の日中には、汗ばむ陽気になることもあります。また、9月下旬から10月中旬ごろは、夏の暑さが残る時期です。

半袖を着る目安となる気温は、25度ともいわれています。最高気温が18度の日の最高気温は、24度前後になることが多く、長袖と半袖の分かれ目でもあります。半袖1枚を着る際には、朝晩の冷え込み対策に、羽織アイテムを1枚持ったほうが間違いないでしょう。

定番の黒カーデでシンプルに


オシャレ女子の中で定番の黒いカーディガンは、コーデをシンプルにまとめてくれます。甘めのブラウスやスカートも黒カーデ1枚できれいにまとまってしまうから不思議ですよね。羽織物に困ったときにも、黒カーデがおすすめです。


一枚で決まるシンプルなニットワンピ


薄手の長袖ニットワンピースは、最低気温18度の頃にも爽やかに着こなせます。一枚をサラリと着こなして爽やかな風を感じましょう。小物や履物を工夫すると季節の先取りもできます。コットンやリネンなどの素材は、さらに涼しげな印象を与えてくれますよ。


オープントゥで肌見せを


暖かな日が多くなる最低気温18度の頃には、オープントゥが楽しめる季節です。つま先が涼し気なオープントゥは明るい初夏にピッタリですね。ヌーディなカラーは肌馴染みも良く、きれいめなコーデにピッタリです。


軽やかなミディ丈のスカート


膝が少し隠れるくらいのミディ丈は、女性らしい足のラインを際立たせてくれます。暖かな最低気温18度の日にはぜひ、ミディ丈スカートを楽しんでみてください。プリーツやフレアなど、さまざまな表情のスカートが揃っているのも、ミディ丈の魅力です。


シーン別|気温18度の日の服装【晴れの日】


気温18度の晴れた日は、日中は気温が上がりやすく、朝晩は放射冷却により気温が下がりやすくなります。そのため、一日の気温変化に柔軟に対応できる服装がコーデの大切なポイントになります。羽織アイテムやブーツを上手に使っていきましょう!

チェックシャツとデニムで爽やかに


ゆったりサイズのチェックシャツとデニムの組み合わせは、爽やかでカジュアルな組み合わせです。シャツをインすることで、ウエストをマークしながらこなれ感をアップすることもできます。さまざまなカラーが展開されているのも、チェックシャツの魅力的ですね。


ミモレ丈ワンピ+ショートブーツを


ミモレ丈ワンピースとショートブーツの組み合わせは、足を美しく見せてくれる最強コンビの1つです。たった2つのアイテムでトータルコーディネートが整ってしまうところも、心強いポイントですよね。春でも秋でも、それぞれの季節に馴染む色のワンピースを楽しんでみてください。


ニットベストで甘辛ミックス


柔らかな色合いのニットベストは、Tシャツにもブラウスにも合わせられる変幻自在なアイテムです。「ちょっとコーデが物足りないな」というときにも、可愛らしさをぐんとアップしてくれます。気温18度のおだやかな天候のときにピッタリですね。


テーラードパンツはきれいめコーデの優等生


上品なブラウスやカットソーによく似合うテーラードパンツは、きれいめのコーデをしたいときにとても便利なアイテムです。アンクル丈のテーラードパンツは、気温18度の季節に着心地良く馴染むでしょう。素材やカラーによって季節感を出しやすい点も、テーラードパンツの優れたポイントです。


シーン別|気温18度の日の服装【くもりの日】


くもりの日は晴れの日より、どうしても服装がくすんで見えがちです。そんな気温18度のくもりの日には、上半身の輪郭をはっきりと見せるコーディネートはいかがでしょう。また、ときには肌寒く感じることもありますので、スカーフなどの小物で忘れずに寒さ対策もしてくださいね。

テーラードジャケットで決めるハンサムコーデ


かっちりとした印象の強いテーラードジャケットは、輪郭をはっきりと見せることができるので、薄暗いくもりの日におすすめのアイテムです。オフィスカジュアルでも頻繁に用いられるように、テーラードジャケットは、ふんわりとした素材のカットソーやTシャツともよく合います。


首元の寒さ対策にはスカーフをプラス


気温18度の頃のトップスは、首元が開いていて寒さを感じることも。首元の冷え対策には、スカーフがピッタリです。上記でご紹介したテーラードジャケットとの相性も抜群です。ゆるく巻くもよし、華やかなリボン風に結ぶもよし、工夫次第で一気に華やかさをプラスしてくれます。


明るい色合いのワンピースを


くもりの日のカジュアルスタイルには、明るい色のワンピースで気分も明るくしていきましょう。くもりを吹き飛ばす明るいカラーで、コーディネートしてくださいね。ワンピースは肌寒い日にもしっかり寒さ対策ができます。


帽子で気分をアップ


帽子をかぶるとおしゃれ感がアップしますよね。どんよりとしたくもりの日にこそ、帽子で気分を上げていきましょう。春の定番はャップ、秋の定番はキャスケットですが、逆の組み合わせでも意外と馴染みますよ。くもりの日にも紫外線はしっかり降り注いでいますので、日焼け対策としてもバッチリです。


シーン別|気温18度の日の服装【雨の日】


気温18度の春や秋の頃は、雨も多い季節です。雨の日にも対応した服装をコーディネートしていきましょう。寒さ対策と防水対策の2点が、雨の日の服装コーディネートのポイントです。気分が下がりがちですが、そんな日こそ自分の大好きな服を着て、気分を上げていきたいですね。

ライダースジャケットは雨の日も大活躍


革製のライダースジャケットは、防水、防寒性に優れ、雨の日に大活躍するアイテムです。スッキリとした見た目も、どんよりしがちな雨の日の風景の中で着る人を引き締めて見せてくれます。その分、中に着るインナーやワンピースを甘めにするとバランスのとれたコーデに。


肌寒い日にはロング丈パーカーをチョイス


気温18度の日であっても、雨が強くて肌寒く感じるようなお天気の日には、ロング丈のパーカー強い味方になってくれます。パーカーのぽってりとしたラインはカジュアルなスタイルにピッタリですね。


エナメル素材の靴で足元の濡れをシャットアウト


足元が濡れる雨の日には、防水のしっかりされたエナメル素材の靴がおすすめです。雨水の光をキラキラと反射するエナメルを見られるのは、雨の日限定のお楽しみです。カラー靴下と合わせるのも素敵ですね。


雨を忘れるゴージャスなトレンチコート


雨でどんよりしがちな日には、レースがあしらわれたゴージャスなトレンチコートで雨をシャットアウトしてしまいましょう!バックがレースになっていると、傘から覗く後ろ姿も華やかですね。


気温18度の日の服装はカラーとアウター選びが決め手!


気温18度の日は、春や秋の季節の真っただ中です。季節感のあるカラーや素材感の選び方が、ファッション全体を決める大切なポイントになります。朝晩の冷え込みもありますので、羽織りアイテムや小物類での防寒対策も忘れずに。

お花見や紅葉でアウトドアが一段と楽しくなる季節です。着心地のよい服装で、たくさんお出かけを楽しんでくださいね!

(まい)

この記事を書いたライター

まい
都内の大学に通う女子大生。毎日トレンド情報チェックしてます♡趣味はカフェ巡り、記事を書くこと♡

関連記事

今、あなたにオススメ