「痩せたいけど食べたい!」を解消!ダイエット中の【食べ過ぎ予防のキホン】知っておくべきテク5つ♡

ダイエット中は「痩せたい」と「食べたい」この2つの感情に葛藤してしまうという方も多いはず。ここで無理に食べたい気持ちをおさえつけている人は要注意!食欲が爆発してリバウンドの原因になってしまうことも……。そうなる前に、ダイエット中に無理なく実践できる【食べ過ぎ予防法】を覚えておきましょう♡

この記事では今日から取り入れられる5つの方法をご紹介します。



目次 [開く]

まずはセルフチェック♡NGパターンに当てはまってるかも!


痩せたいけど食べたいとき、無理してガマンしていませんか?ダイエット中の食事制限は、いくつか陥りがちなNGパターンがあります。まずは自分がNGパターンに当てはまっていないかどうか、セルフチェックをしてみましょう!

1.摂取カロリーを減らし過ぎている


ダイエット中はカロリー表示が気になるもの。しかし、過度に摂取カロリーを減らすのは身体にとって負担になります。必要な栄養素がとれず、返って痩せにくい身体になっていってしまう……なんてことも!カロリー制限をしたいときには、まず自分が1日に必要な摂取カロリーを知っておきましょう。性別・年齢・身長・体重に加え、1日の活動量によっても変わってくるので、かんたんにカロリー計算をしてくれるサイトやアプリを利用してみるとわかりやすいですよ♡



2.炭水化物を抜いている


炭水化物を抜くというのはダイエットの定番な気もしますよね。でも実はこの炭水化物抜きダイエットにもある落とし穴が。炭水化物を抜くことで満腹感が得られにくくなり、結局おかずやスイーツの量が増えてしまうなんてことも多いんだとか!一時的に体重が減りやすい方法ではありますが、リバウンド率も高いのが気になります。1つのものを食事から除外するという方法は栄養バランスの面でも避けるのがベター。



3.◯◯だけダイエット


バナナだけ、野菜だけ、酵素ドリンクだけなど、◯◯だけダイエットが定期的に流行りますよね。これも栄養面に偏りが出て、結果的に痩せにくい身体になってしまうことが多いので要注意!身体は不足した栄養を補おうとするので、空腹感を感じたり蓄えやすくなったりします。基本的に偏った食生活で進めるダイエットは『NGパターンに当てはまるもの』と思っておいてもいいかもしれません。



4.ゼロカロリーに惹かれがち


ゼロカロリー、カロリーオフ表記があると、ついつい手に取ってしまいがちですよね。ダイエット中は、低カロリーのものに置き換えたりすることも多いのではないでしょうか。しかし、カロリーだけを基準に食事を選ぶのはちょっと待って!脂肪燃焼に必要な栄養素が不足したり、便秘がちになったり、ビタミン不足になってしまうなんてことも。食事と置き換えずスイーツや間食を低カロリーものに変えるなど、上手に取り入れるように気をつけることが重要です!



食べすぎ予防に効く♡5つの基本テクを実践してみて!


セルフチェックで当てはまるものがあったあなたは、食事制限へのストレスを感じやすい状態かもしれません。食べ過ぎてしまうときやどうしても食欲がおさえられないときは、ストレスフリーに回避できる方法を覚えておきましょう!

1.コップ1杯の水をゆっくり飲むクセをつける


これはお腹がすいたと感じる前から取り入れてほしい対処法!ダイエットにも美容にも水分をたくさんとることが大切だとよく聞きますよね。水分不足だと身体が空腹だと勘違いすることもあるので、食べ過ぎ防止にも必要不可欠なんことなんです。

ただ、とにかくたくさん飲めばいいというわけではないので注意。水分をしっかり身体を巡らせるためにも、1日の中でコップ1杯の水をゆっくり飲む習慣をつけてみましょう。お腹がいっぱいにならない、食べ過ぎてしまうといった状況を回避できるかもしれません♡



2.食後すぐにハミガキをする


食後でもお菓子に手が伸びたり、だらだら食べ続けてしまうなんてことはありませんか?食事にメリハリをつけて間食を減らすために、食後はすぐにハミガキをしましょう。お腹が空いているわけじゃないのに口さみしいようなときも、ハミガキをしてお口の中をすっきりリセット!とってもかんたんな方法ですが、これが意外と効果的なんです♡



3.小腹が空いたら温かい&ノンカフェインの飲み物を


小腹が空いたときは、まず温かい飲み物でホッとひと息ついてみて。白湯でもいいのですが、温めた麦茶など少し味のあるものだとより満たされる気がしますよ! ノンカフェインや甘くないものを選んでくださいね!



4.たんぱく質の量を増やす


甘いものや炭水化物ばかり食べたくなるときは、たんぱく質が足りていないかもしれません。というのも、たんぱく質が不足していると、脳がエネルギーに換えやすい糖質を求めるんだそうです!1日の食事で意外と不足しがちなものなので、お肉や魚、たまごなどたんぱく質の多く含まれる食べ物を足してみて。甘いものや炭水化物への欲求も自然とおさまるはずです♡



5.ガムやタブレットで空腹感をごまかす


口さみしいなと思ったとき用にガムやタブレットを持っておきましょう。タブレットのミント感で口をさっぱりさせたり、ガムを噛むことで満腹中枢を刺激することである程度ごまかすことができます!気分もすっきりするので、ストレスなく間食を減らすことができるはず。意外とお腹が空いているわけじゃないのに食べてしまっているなんてことも多いので、まずはガムやタブレットで様子を見てくださいね。



いかがでしたか?ストレスフリーなダイエットが理想の体型に近づく1番の近道♡「痩せたいけど食べたい」とストレスに感じてしまうときは、かんたんにできる食べすぎ予防策を取り入れることからはじめましょう。 無理なく食と向き合って、夏向けボディを目指してみてくださいね!

(Kai)

この記事を書いたライター

Kai
女の子の『可愛くなりたい』を叶えるライター♡トレンドも恋愛も美容も、今知りたいことをぎゅっと詰め込んだ情報をお届けします!

関連記事

今、あなたにオススメ