気温20度はどんな服装をすべき?雰囲気別のオススメコーデを紹介♡

気温20度といっても、1日の中で気温差が大きいことは珍しくありません。春や秋は最高気温が20度の日でも朝晩は冷えたり、逆に最低気温が20度でも昼間は30度近く上がることもあったりと服装に悩む方も多いと思います。

そこで今回は、気温20度のときにおすすめのコーデをご紹介。ポイントを抑えながら、うまくトレンドを取り入れておしゃれを楽しみましょう!


目次 [開く]

気温20度ってどんな服装をすればいい?


暖かいのか肌寒いのか、いまいちよくわからない気温20度。厚着しすぎたり薄着しすぎたり、失敗した経験のある人も多いはず。気温20度はどんな服装をすればいいのか、その問題を解決していきましょう!

気温20度の季節はいつ?


気温20度というと、東京ではおおよそ4月後半〜5月前半と10月前半頃に最高気温が20度くらいになります。だいたい季節の変わり目くらいの気温と考えてよいでしょう。1日の中での気温差が大きく、服装に悩む人も多い季節です。

ちなみに最低気温が20度になるのは、昼間の暑さが厳しい夏の終わりと始まりである6月と9月頃です。

季節にあったコーデを


同じ気温20度でも春と秋で同じコーデをするのはNG。春は涼やかな色味や素材で爽やかさを、秋はニットやストールなどを取り入れて少し温かみのあるコーデをしましょう。ファッションは季節を先取りすることがポイントなので、それぞれ夏や冬を意識したアイテムを選んでみてください。


気温20度の日の服装のポイント


では、気温20度の日にはどんな服装をすれば良いのでしょう?気温20度の日の服装選びのポイントを知っておけば、コーデに悩むこともありません。しっかり抑えておきましょう。

羽織ものを取り入れる


気温20度の日は朝晩と昼間で気温差が大きい時期。半袖で1日過ごすのは厳しいので、薄手のアウターで温度調節をしましょう。脱ぎ着しやすく、小さく畳めるのでバッグにもしまっておける薄手のカーディガンなどがオススメです。

サンダルは避ける


気温20度の日のサンダルは少し季節外れなコーデに見えてしまうので、避けましょう。スニーカーやパンプスなどが無難です。肌寒く感じてくる秋の季節の気温20度の日であれば、ショートブーツを取り入れてみるのもよいでしょう。

小物で寒さ対策


朝晩の冷え込みが厳しい気温20度の日は、小物で寒さ対策をしておきましょう。下半身の冷え対策にはタイツやレギンスがオススメ。また肩や膝にサッと掛けられるストールは、寒さ対策に便利なアイテムです。

季節にあったアイテム選び


コーデは季節感がとても大切。素材や色など、季節にあったアイテムを選ぶよう心がけましょう。春は透け素材やブルーなど少し夏を意識したさわやかなアイテムがオススメ。秋は温かみのあるニット素材のアイテムや、ブラウンやチェックのアイテムなどがオススメです。


気温20度の日の服装【綺麗めコーデ編】


綺麗めコーデをしたい気温20度の日におすすめな服装をご紹介。仕事やデートの時にピッタリのコーデなので、ぜひ参考にしてみてください。

ワンピースで大人可愛く


1枚で決まるワンピースは気温20度の日のコーデでも大活躍。ロング丈のワンピースなら大人可愛いコーデに仕上がります。

モノトーンのシンプルなワンピースなら、アウターや小物を変えれば春と秋の両方で着られるので1枚持っていると便利ですよ。ワンピースはアウターやレギンスなどで雰囲気を変えながら着回しも楽しめます。

トレンチコートでデキる女に


春にも秋にも着ることができ、オンオフどちらでも活躍する定番のトレンチコート。気温20度の日に着るトレンチコートは薄くて軽いものがオススメです。

また、キレイめに着たいときは長めの丈がオススメ。寒いときは前を締めてかっこよくキメられるのもポイントです。

カーディガンでシンプルに


気温20度の日には、小さくまとめてスッとバッグにしまえるカーディガンがとても便利。色や形で全然雰囲気が異なるので何枚も持っていたくなるアイテムです。

春はパステルカラーやベージュなど薄い色合いのカーディガンをノースリーブやシャツにあわせて涼しげに。秋はベイクドカラーなど温かみのある色合いのものを選びましょう。

ジャケットでクールに


クールにキメたいときにはジャケットがオススメ。パンツスタイルでもスカートでもきれいにかっこよく見せてくれます。

暑いときには肩がけして、寒いときには袖を通せるジャケットは体温調節もしやすいアイテム。春にも秋にも使える色合いのものを持っていると便利ですよ。


気温20度の日の服装【カジュアルコーデ編】


気温20度の日におすすめなカジュアルコーデを紹介していきます。ゆるさを出すと垢抜けて見えますよ。

パーカーですっきりと


パーカーは気温20度の日に1枚でサラッと着られるので、コーデに迷ったらとりあえず選んでおけば間違いありません。ちょっと差をつけたいときにはロゴ入りを選びましょう。パーカーはアウターとしてもオススメのアイテム。キレイめワンピでもパーカーをあわせればカジュアルにキマります。

ロングシャツを羽織ってゆるっとコーデ


ロングシャツは気温20度の日の体温調節に最適なアイテム。大きめのシャツの襟を抜いて着れば、ほどよい抜け感でゆるっとカジュアルなコーデを楽します。ブルーやイエロー、ホワイトなど爽やかな色合いなら春らしく、チェックのロングシャツを羽織れば一気に秋らしいコーデが完成します。

レイヤードでこなれ感


シャツ1枚だと少し寒く感じる気温20度のときには、ビスチェを重ねたりシャツの中にハイネックのインナーをあわせたりと、レイヤードコーデをするのがオススメ。レイヤードはあわせ方が難しいと感じる人も多いかもしれませんが、シンプルなアイテムならあわせやすいので気軽に楽しめます。

ゆるっとしたワントーンコーデ


人気のワントーンコーデは、ゆるっとしたボトムスにカーディガンやジャケットなど大きめのアウターをあわせて抜け感を出すと、2020年のトレンドにあったカジュアルコーデが完成します。頑張りすぎていないのに、垢抜けておしゃれに見えるので女子会ランチなどにピッタリのコーデです。


最高気温20度の日のベストな服装といえば?


朝晩の冷え込みが厳しい最高気温20度の日には羽織りものが必須です。ストールやレギンス、ニット帽など、防寒小物もコーデに取り入れて寒さ対策をしっかりしておきましょう。

テーラードジャケットでかっこよく


春にも秋にも活躍し、オンオフどちらにも着回せるテーラードジャケット。袖を折ったり腕まくりしたりして着ることもできるので温度調節がしやすいアイテムです。

また、暑いときには肩がけするのもこなれ感が出てGOOD。カジュアルに着たいときはホワイトやベージュなど明るめのカラーを選ぶのがオススメです。

肩掛けライダースで甘辛コーデ


最高気温が20度の日はライダースを肩がけして過ごすのにちょうどいい気温。風を通さないので風が強い日でもしっかりと防寒してくれます。

プリーツスカートやフレアスカートなどの甘めのアイテムと組み合わせれば、甘辛コーデが完成します。オールシーズン使える黒のライダースに、ベージュやアイボリーなど落ち着いた色合いのトップスやボトムスをあわせて大人かわいく仕上げましょう。

ニットカーデで女子っぽく


ニットカーデは種類も豊富でいろんなコーデを楽しめるのがポイント。サッと羽織れるので温度調節がしやすく、気温20度の日のマストアイテムです。最高気温20度の日であれば、少し厚めのニットカーデを選ぶとよいでしょう。

編み目が小さめのものなら大人っぽく上品に、オーバーサイズで編み目が大きめのものならカジュアルにキマります。

定番のデニムジャケット


流行に左右されないデニムジャケットはカジュアルファッションの定番アイテム。ほどよい暖かさで最高気温が20度の日にピッタリです。パンツに合わせてボーイッシュにまとめてもよし、スカートやワンピースにあわせてかわいくまとめてもよし。

ちょっと上品な女性らしい雰囲気にまとめたいときにはジャストサイズがオススメ。オーバーサイズならラフにキマります。

ロングスカートにレギンスで垢抜けコーデ


最高気温20度の日は朝晩が冷えるので、足元の防寒はしっかりとしておきたいところ。ロングスカートにレギンスをあわせれば、こなれ感がでるうえに、防寒対策もしっかりできるので、ぜひ取り入れておきたいコーデです。

最近はレギンスの種類やカラーも豊富で、季節にあったコーデがしやすいのもポイント。ここ最近は、サイドにスリットの入ったものがトレンドです。


最低気温20度の日のベストな服装といえば?


最低気温が20度の日は涼やかさを意識したコーデがポイント。軽い素材やパステルカラーなどのアイテムでさわやかにキメましょう。

フレアスカートで涼やかに


ふわっとしていて優雅なシルエットのフレアスカートは、女性らしいフェミニンなコーデを楽しめます。長めの丈のスカートであれば朝晩の冷え込みにも対応できるのに加え、歩くときにフワッと揺れて女性らしさを引き立たせてくれます。

ボリュー厶のあるアイテムなので、上はスッキリとまとめるとバランスのいいコーデができますよ。

ストライプシャツで女らしく


襟を抜いて抜け感を出したり、ノーカラーのシャツでスッキリと着こなしたり、ワンピースタイプのシャツを羽織として着たりと、いろいろなコーデを楽しめるストライプシャツ。女性らしさの中にちょっぴりハンサム感もあってクールかわいくキマります。

春はブルーなどのさわやかなカラーを、秋はブラウン系のカラーを着ると季節感が出るのでオススメです。

足首を見せて軽やかに


涼やかさも取り入れたい最低気温が20度の日は、足首を見せるとコーデが軽やかになり、涼しげな雰囲気を作れます。また、トレンドの足首見せはほどよい抜け感でおしゃれにキマるので積極的に取り入れたいテクニック。

足首が見える丈のロングスカートやアンクルパンツでこなれ感を出してみてください。

涼しげな透け感をコーデにプラス


ほどよい風通しで朝晩の肌寒さにも昼間の暑さにもうまく対応できる透け素材を使ったアイテムは、最低気温が20度の日に最適。特にこれから夏を迎える春の季節は、透け感のあるアイテムを積極的に取り入れると夏を意識したコーデで季節を先取りできます。

シースルーのアウターやチュールスカートなど、透け素材をうまくコーデに取り入れましょう。

オーバーサイズのシャツで抜け感を


オーバーサイズのシャツは、暑いときにサッと腕まくりできるので温度調節も楽々。コットンやシフォンなど軽い素材のものを選びましょう。

また、シャツを羽織として着るのもOK。白Tにオーバーサイズのシャツをあわせると、さわやかさに抜け感がプラスされて2020年のトレンドっぽく仕上がります。


気温20度の日に便利なアイテムを紹介!



ここまで、気温20度の日にオススメなコーデやコーデのポイントを紹介してきましたが、最後に気温20度の日のマストアイテムをまとめて紹介していきます。ぜひ、コーデの参考にしてみてくださいね。

気温20度の日にオススメなアウター


カーディガン



素材もデザインも豊富なカーディガン。シャツやブラウス、ノースリーブなど何にでもサラッとあわせられ、温度調節がしやすいアイテムです。ジャストサイズなら綺麗めに、オーバーサイズでゆるさを出すとカジュアルにキマリます。

トレンチコート



薄手のトレンチコートは春先や秋口に大活躍するアイテム。薄手のトップスにあわせるとちょうどいい感じになります。オンでもオフでも使えるので1枚あると便利です。

ジャケット



デニムやライダース、テーラードなど種類豊富なジャケットは、カジュアルコーデにもキレイめコーデにもあわせやすい優秀アイテム。気温20度の日には薄手のものがオススメです。

気温20度の日にオススメなトップス


ノースリーブ



薄手のアウターを羽織れば温度調節もしやすく、ほどよい肌見せがおしゃれ。シャツやブラウスとのレイヤードもできて着回し力も抜群です。

ブラウス



1枚でサラッとキメるのもOK。透け素材など薄手のものであれば、羽織りものがあると温度調節しやすいですよ。

パーカー・スウェット



パーカーやスウェットは薄手のものなら1枚で着てもOK。暑いときは腕まくりして温度調節もできます。ラフなアイテムなのでカジュアルコーデにはもちろん、キレイめアイテムとあわせてコーデの外し役にもオススメです。

気温20度の日にオススメなボトムス


アンクルパンツ



足首の見えるアンクルパンツ。ほどよい肌見せでさわやかさと女性らしさをアピールできます。シンプルでスマートなアイテムなので、トップスを引き立たせたいときにオススメです。

ワイドパンツ



抜け感のあるワイドパンツは垢抜けコーデに欠かせないアイテム。風通しもよく、温度調節のしやすいアイテムです。

気温20度の日にオススメな靴


スニーカー



通年使えるスニーカーは気温20度の日にももちろんオススメ。カジュアルコーデには欠かせないアイテムです。シンプルなものを選ぶと年中使い回せますよ。

パンプス



パンプスは季節感にあわせてつま先の出ないタイプがオススメ。春はパステルカラー、秋はベロア素材など季節にあった色や素材を選びましょう。

ショートブーツ



ロングブーツは季節によってはオススメできませんが、秋口ならショートブーツをコーデに取り入れてもOK。朝晩の冷え込みにも対応できるのに加え、季節を先取りしておしゃれを楽しめます。


季節感をうまく取り入れて、気温20度の日にあったコーデを楽しもう!



過ごしやすそうな気温なのに意外と服装選びが難しい気温20度。季節のトレンドをおさえながら、温度調節しやすいアイテムを取り入れて快適に過ごせる服装を選びましょう。

今回ご紹介したような気温20度の日の服装選びのコツを頭に入れておけば、忙しい朝でも悩むことなく楽にコーデが決められますよ。ぜひ参考にしてみてくださいね。




(まい)

この記事を書いたライター

まい
都内の大学に通う女子大生。毎日トレンド情報チェックしてます♡趣味はカフェ巡り、記事を書くこと♡

関連記事

今、あなたにオススメ