二重は癖付けで手に入る?一重や奥二重が二重になる方法を徹底紹介!

一重や奥二重にコンプレックスを感じ、ぱっちりとした目を手に入れたいと思うことはありませんか?女優さんやモデルさんを見ると、二重の女性が圧倒的に多いですよね。美人や可愛いと言われる人も、目は大きい傾向にあります。

憧れの可愛らしい目元になることができれば、自信がつくだけでなく今よりもっとオシャレを楽しむことだって可能になりますよね♡

二重は癖付けで手に入る?一重や奥二重が二重になる方法を徹底紹介!の2枚目の画像


今回は、重たい一重や奥二重でも、自然な二重を手に入れるための癖付け方法についてリサーチしてみました!二重の癖付けをして自信を持つためにも、ぜひ参考にしてみてください。

目次

二重になれないのは瞼が原因!


アイプチをしても二重になれないと悩んでいる人も多いかと思います。実は、うまく二重が作れないのはまぶたに原因があったんです!綺麗な二重になれないまぶたの特徴や原因を見てみましょう。

一重の特徴


一重まぶたとは、瞬きをする筋肉(眼瞼挙筋)の枝分かれしている部分が、皮膚と繋がった状態にあります。瞬きをする際に、まぶたが重たい・まぶたの眼輪筋という筋力が弱いことによってまぶたが持ち上がらず、結果的に一重になってしまうのです。

一重になってしまう人は元から、筋力が弱い可能性が強いため、自力で二重を作るためにはある程度目元の筋力を鍛える必要があります。

また、まぶたが重たく脂肪が多いとアイプチをした際に綺麗な二重が作れないことも。二重を作ったとしても脂肪が邪魔をして奥二重になりやすいので、一重で悩む女性は多いでしょう。

奥二重の特徴


奥二重は、その名の通り二重が奥まった状態のまぶたを指します。二重であることに違いはありませんが、二重の幅が極端に狭いため、二重の線が埋もれたように見えがちです。奥二重になることで、瞳に光が入りにくくなり、目元全体が小さい印象になることも。



埋もれたように見えることで、一重と勘違いされることもよくあります。

他にも、二重のラインが極端にせまいことでアイシャドウの色が綺麗に発色できないといったメイクに関する問題も生まれてくるのです。
  

まぶたの脂肪も二重が作れない原因


まぶたに脂肪がつきやすい人は、その分目元が重たい印象になってしまいがち。まぶたが分厚いと、眼瞼挙筋が二つに分かれて二重のラインが作られていたとしても、脂肪が邪魔をして二重のラインが埋もれてしまいます。そして、二重のラインが埋もれると奥二重になってしまうのです。

そもそも、まぶたに脂肪が付きやすい人は、生まれつきかあるいは食生活に問題がある可能性があります。

もし、まぶたの脂肪が少なければ、綺麗な二重になれる可能性は十分に生まれてくるでしょう。

浮腫んだまぶたも要注意


脂肪と同様に、まぶたが浮腫んでしまうと、その分まぶたを持ち上げる筋肉が必要になります。ですが、筋肉には個体差があるため、日常生活でまぶたの筋肉を鍛えない限りは、重たいまぶたのままになってしまうのです!普段から浮腫みやすい体質の人は、目元のマッサージや温めで、浮腫みを解消する必要があります。

まぶたが浮腫みやすい人は、アイプチをする際に何度もアイプチが剥がれるなどの問題が生じるため、メイクのたびにストレスを感じるでしょう。

二重の種類は大きく分けて2種類


二重に種類があることはご存知でしょうか?何種類もありそうに見える二重ですが、基本は2種類しか存在しません。二重の種類はまぶたの状況によって、作りやすい人と作りにくい人に分かれてきます。

末広二重まぶた


末広二重まぶたは、日本人に最も多い二重のかたちとされているんです。目頭から目尻にかけて、徐々に二重幅が広くなっていくのが特徴。



目頭が目尻に被った状態の蒙古襞も、日本人に多く見られる目頭のかたちですが、蒙古襞であっても徐々に二重幅が広がる末広二重まぶたは作りやすいとされています。

まぶたが分厚い人でも末広二重は作りやすいため、一重の人は大体が末広二重を作ると言われているほど!

そんな末広二重はアイプチ初心者でも簡単に作ることができますよ。



また、末広二重は幅広と幅狭が存在していて、幅広はよりぱっちりとした平行二重気味なかたちで、幅狭はナチュラルな目元になるのが特徴的です。

濃いメイクをしない人は、幅狭がおすすめです♡

平行二重まぶた


平行二重まぶたは、欧米人に多い二重まぶたで、その名の通り二重幅が平行になっています。目頭から目尻にかけて二重幅が平行なため、目がぱっちりと大きく見えるのが特徴です。また、まぶたの幅が充分にあるので、アイシャドウの色がしっかり発色するなど、よりゴージャスな目元を演出できます。



二重の幅が広いため、メイクをしないと腫れぼったい印象になることもあるので要注意。

ただ、平行二重は目頭が切れた状態でないと、十分な幅が確保できないことから末広二重になりやすいのです。蒙古襞があると平行二重を作るのは難しい場合がほとんどなので、今一度蒙古襞のチェックが必要です。

蒙古襞は、目尻の皮膚が内側に丸まっているので、そこがあるか無いかチェックしてみましょう。

二重の癖付けで最初に試して欲しいこと



アイプチによる癖付け!


二重の癖付けをするにはまず、アイプチによる癖付けがおすすめ。アイプチは理想の二重幅を作れるだけでなく、癖付けの効果も期待できるんです♡手軽にドラックストアや薬局で購入できるのも、アイプチのポイントです!



アイプチには、接着タイプと皮膜タイプが存在します。
接着タイプは、重たい一重の人におすすめのアイテム。より高い粘着力で二重をつくることができます。



皮膜タイプは、まぶたが薄い人におすすめ。自力で一瞬でも二重が作れる人は、皮膜タイプを使用するようにしましょう。



まぶたが薄い人は、簡単に二重が作れるファイバーも使用可能です。



簡単に、そして粘着力が強いものを選びたい人には、アイテープがおすすめです♡アイテープなら、液体のアイプチのように、乾かす時間がないため、時短で二重を作ることができます。



ただ、就寝時には剥がれてしまわないように注意が必要です。

24時間付けてるを目標に


アイプチは24時間付けておくことが癖付けするのに重要になってきます。少し癖が付いても、アイプチをしないとだんだん一重や奥二重に戻ってしまうのです。日中はアイプチ+お化粧で過ごして、寝る時にはお化粧を落とし、アイプチだけして寝るようにしましょう。

寝る時のアイプチは、誰かに見られるわけではないので、自分の理想の二重に近ければ雑でもOKです!

アイプチの注意点


アイプチは、24時間毎日つけていると、まぶたがかぶれてしまうことが想定できます。まぶたがかぶれると、皮膚が膨張したり、まぶたがたるんだりする原因に。特に、アイプチをオフする際にこすってしまうと、まぶたに大きなダメージを与えてしまいます。

また、癖付けの仕方によっては、かえってまぶたが重たくなることもあるので注意が必要です。

付け方のポイント


二重の癖付けでは、いかに強く確実に二重のラインが付けられるかがポイントとなってきます。そのため、汗をかきやすい人は、ウォータープルーフのものをチョイスするのがおすすめです♡



夜、アイプチをする場合は、なるべくまぶたに優しく、なおかつ取れにくいものを選ぶ必要があります。

重たい一重や奥二重の癖付けは難しい


重度の一重や奥二重は、アイプチによる癖付けが難しい場合もあります。まぶたが重すぎるとアイプチが途中で取れてしまうこともしばしば。

より確実に、二重の癖付けをしたいのなら、まずは重たいまぶたを軽くする必要があるでしょう。     

浮腫みは一重の原因に!?


まぶたの浮腫みは、まぶたを重くして、瞬きをするのに重要な眼輪筋を弱めてしまう可能性が生まれてきます。

二重は癖付けで手に入る?一重や奥二重が二重になる方法を徹底紹介!の1枚目の画像


浮腫みやすい食べ物って?


浮腫みやすい食べ物は、油っぽい食べ物や塩分の多い食べ物です。ジャンクフードや濃い味が好きな人は体も浮腫みやすい傾向にあります。他にも、水分の摂り過ぎはかえって浮腫む原因に!

まぶたの浮腫みをとるためにも、食生活を見直す必要があるでしょう。

生活習慣が原因でまぶたが浮腫む?


生活習慣が乱れている人も、まぶたが浮腫む原因に繋がってしまいます。寝不足や過度な肩こりは代謝が悪くなり浮腫む原因に。普段からあまり運動しない・座り仕事や立ち仕事をしている人は、血行が悪く、まぶたが浮腫みやすくなるでしょう。

他にも、湯船につからずにシャワーで済ませる人も浮腫みやすい傾向にあります。身体の循環が悪くなればなるほど、浮腫みの原因に繋がってしまうんです!

日頃からできる浮腫み対策


浮腫みやすい人は、脂っこい食事は控えて、ジュースなどの糖分も抑えるようにしましょう。また、日頃から歩く癖をつけるなどの運動も必要になります。

湯船にはできるだけ毎日浸かるようにして、お風呂上りには全身のマッサージを行ってみて下さい♡

二重の癖付けにはマッサージが効果アリ?


アイプチで二重にしても、途中でとれてしまう人は、まぶたが重たい証拠。「まぶたが重たいのはどうすることもできない」と落ち込むのはまだ早いです!実は、まぶたにマッサージを施すことで、まぶたの厚みが緩和できるんです♡



一重にとってマッサージは必須!


一重の人は、まぶたに脂肪がたまりやすい・まぶたが浮腫みやすい体質なことが多いです。そのため、まぶたやまぶた周辺のマッサージを行うことで、溜まった老廃物が流されて、まぶたをすっきりさせ二重の癖付けがしやすい目元にできます。

まぶたが重たいと感じる人は、根気よくマッサージを続けることで、自力で二重の癖を一瞬でも付けられるようになるかもしれません!

二重の癖付けになる指圧マッサージ


二重の癖付けを行うマッサージのやり方としてはまず、目元を温める事から始めましょう。

目元を温めたら、眉頭の下の目のくぼみを親指の腹で15秒程度指圧します。この時、ゆったりとした呼吸を意識して下さい。目全体の血行が良くなり、まぶたの浮腫み改善に繋がるので二重の癖付けに有効です。1回につき、2~3回行ってみましょう。

目元がポカポカするのを感じたら、マッサージが効いている証拠です♡

目元の浮腫みをとるマッサージ


基本的に、まぶたの皮膚は薄く繊細なので、なるべくまぶたは避けるマッサージがおすすめです。まぶたの血行を良くするためにも、眉のマッサージを行います。まず、親指と人差し指で眉頭の方から眉毛を挟んでください。そのまま、眉尻にかけて均等に指圧していきます。強すぎない力で押していきましょう。

コツとしては、溜まった浮腫みを顔の外側に流すイメージで行います。ぶよぶよとした眉毛周辺の感覚が、軽くなっていくのを感じたら、マッサージが上手くいっている証拠。

まぶたの血行が良くなる以外に、目元の疲れをとる効果も期待できて、目全体がぱっちり開くようになりますよ♡

耳回しマッサージ


まぶたが重たくなるのは、顔全体の血行が悪くなっている可能性があります。そんな時には耳回しを行ってみましょう。

両耳を掴んだら、時計回りに20回、反対も同様に行います。耳を回すことで顔全体の血行がよくなり、まぶたの浮腫みにも効果が期待でいますよ♡

ほかにも、耳を引っ張ってみたり、逆に耳を畳んだりしても血行がよくなるので、耳を重点的にマッサージするのはとてもおすすめです!

空いた時間に行って、まぶたを薄くするだけでなく、目元もぱっちりを目指してみましょう。

こめかみマッサージ


こめかみが凝り固まってしまうと、目周辺の血行が悪くなります。こめかみマッサージは、指を3本こめかみに添えて、くるくると回すようにマッサージしてみて下さい!

目元の緊張が和らぐのを感じるかと思います。また、血行が良くなり顔から頭にかけて熱くなるんです!少し痛みを感じる場合は、目元周辺が凝っている証拠。

長めにマッサージをして、目元周辺の血流をよくしてみましょう。

マッサージをする際の注意点


まぶた周辺の皮膚はとても薄く繊細です。強い力でマッサージしすぎると、かえって皮膚が延びてたるむ原因になるので気をつけて下さい。

自分が気持ちいいと感じる力加減で行うのがポイントです!

また、アイクリームなどを使用して、皮膚を傷つけないようにしましょう。





寝ながら二重の癖付けができるアイテムを紹介


「24時間アイプチを付けるなんて無理!」と感じる人も少なくないはず。24時間アイプチを付けると、まぶたがかぶれてしまう人も多いかと思います。まぶたが傷つくと逆に、まぶたが重たくなる可能性も生まれてくるんです。

何かいい方法はないか調べたところ、寝ながらまぶたへのダメージ少なく二重の癖付けができるアイテムを発見しました! 

その名も「ナイトアイボーテ」


ナイトアイボーテは寝ながら二重の癖付けができるアイテム!寝ている間に癖付けするなら簡単にできますし、寝る時には瞬きしないので癖付けが取れてしまう心配も少ないのです。


      

ナイトアイボーテの使い心地は……?


塗って寝るだけで二重の癖付けが本当にできるんでしょうか?

ナイトアイボーテをまぶたに付けてみたらその粘着力の高さに驚きました。これなら、二重が取れる心配はありません。

翌日の朝オフするのも簡単で、強い粘着力があるとは思えないほど、するんと落ちました!オフした後に、まぶたがひりひりする印象がないことに驚きです!

その後も、使用していて肌トラブルが起きることはなかったので、安心して継続して使うことができました♡


      

約3カ月以上の使用がおすすめ


1週間たっても、私の場合は二重の癖付けができませんでした。1カ月たったころようやく、何もつけていない状態でもうっすらと二重の癖が付くようになったので、その後も根気よく使い続けました。そして、3カ月たった頃には、念願の二重の癖付けができていました。

だからこそ、個人差はありますが、長期の使用がおすすめです。

ナイトアイボーテの公式サイトはこちら!

二重を癖付けるために必要なこと


二重の癖付けを試してみて、気づいたことをいくつかまとめてみました!これから二重の癖付けをチャレンジしようと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

毎日のマッサージは必須!


まず、まぶたが厚い人は、マッサージをすることが重要です。脂肪が多い・浮腫みやすいなどのどちらかの問題を抱えている人は、マッサージをすることで、かなりまぶたを薄くすることができます。まぶたが薄くなればその分、アイプチによる癖付けが楽になる&癖付けが付きやすくなるのです。

強い力でマッサージしすぎないように注意しながら、まぶたの血行を促すようにしましょう。

むくまない努力


まぶたに浮腫みは大敵です。まぶたが浮腫むだけで、顔全体の印象を大きく左右します。腫れぼったい目元は、全体的に太った印象を与えてしまうので、なるべく浮腫まないよう心がけましょう。脂っぽい食事は控える・規則正しい生活を心がけるだけでも、浮腫みを減らすことに繋がります。
      

アイプチやナイトアイボーテは長期使用!


二重の癖付けでは、長期使用が肝心です。少し二重の癖が付いたからと言って二重の癖付けを辞めてしまうと、短期間でまた一重や奥二重に戻る可能性が生まれます。より効果を実感するためにも、アイプチやナイトアイボーテは長期で使用するようにしましょう。



二重の癖付けは簡単にできる♡


重たい一重や、奥二重からの二重の癖付けは、ハードルが高そうに見えましたが、実際のところアイプチやナイトアイボーテを使用することで、簡単に二重の癖付けをすることができました!

ただ、根気よく続けることが一番の条件なので、二重の癖付けができたからといって、直ぐに中断しないようにしましょう。自分の中で「もう大丈夫!」と自信を持てるまでは、二重の癖付けを継続することが大切♡

マッサージや食生活にも気を配りながら、憧れの二重になるためにも、ぜひ二重の癖付けをトライしてみて下さいね♡

【公式】ナイトアイボーテを詳しくチェック!

(いいもの調査隊♡ハルカ)

関連記事