シャツの種類はこんなにあるの!?襟・素材・デザイン・柄別に紹介♡

デイリーカジュアルからフォーマルシーンまで、幅広く活躍する『シャツ』。ひとくちにシャツといっても、さまざまな種類があります。みなさんはいくつご存知ですか?

今回は、女性が押さえておきたいシャツの種類を、襟の形・素材・デザイン・柄など、項目別に詳しくご紹介します。ぜひ最後までチェックして、シーンに合ったシャツの着こなしをマスターしましょう!



目次 [開く]

シャツの種類は意外とたくさんある!



みなさんはシャツの種類をいくつご存知ですか?細かく挙げていくときりがないほど、シャツの種類は意外と多いもの。まずは、その大まかな分類からご説明します。

シャツは大きく分けて二種類



シャツは大きく分けて、『ドレスシャツ』と『カジュアルシャツ』の二つに分類することができます。ドレスシャツとは、フォーマルなシーンで着用されることが多い、きちんと感のあるシャツのこと。ワイシャツやカッターシャツと呼ばれるものが、それにあたります。

それに対してカジュアルシャツは、素材やデザインにカジュアルな要素が加えられた、自由度の高いシャツのこと。ポロシャツやデニムシャツなどは、これにあたります。

シャツとブラウスの違いって?



ところで、シャツとブラウスの違いは何でしょう。ここでは、知っているようで知らない、シャツとブラウスの違いについても押さえておきましょう。

シャツはもともと、上着の下に着るための、男性用の肌着として生まれたものです。それが普段着として取り入れられ、現在のかたちに変化しました。

一方、もともと一枚で着用するための衣服として生まれたのが、ブラウスでした。そのためブラウスには、一枚で見栄えするような、デザイン性に優れたものが多くなっています。

場面に合ったシャツを着よう



シャツはシャツでも、フォーマルな場面に適したものから、おしゃれに取り入れたいカジュアルなものまで、その種類は豊富にあります。これからご紹介していく、襟の形や素材、デザインや柄など、シャツに関する知識を深めて、シーンにマッチしたシャツの着こなしを楽しみましょう!

『襟』で見るシャツの種類



シャツの襟の種類、みなさんはいくつ挙げられますか?その数は多く、数えきれないほど存在します。ここでは、スタンダードなものからトレンドライクなものまで、代表的な襟の名称とそのシャツの特徴を解説していきます。

レギュラーカラーシャツ



まず代表的なのが『レギュラーカラー』。ワイシャツ等で使用される、標準的な襟の形です。スタンダードなルックスで、ビジネスやフォーマルなシーンでも着用されます。
きっちりとした印象を与えるため、きれいめの着こなしや、オフィシャルなシーンに最適です。

ラウンドカラーシャツ



続いてご紹介するのが『ラウンドカラー』。こちらもスタンダードな襟の形のひとつです。ラウンドという名の通り、襟の先が丸みを帯びているのが特徴です。

丸襟とも呼ばれるラウンドカラーは、やわらかな印象を与え、女性らしい雰囲気を強調します。カジュアル感が強いので、ビジネスやフォーマルなシーンでは避けたほうがいいかもしれません。上品かつフェミニンな着こなしにぴったりのシャツですね。

オープンカラーシャツ



スタンダードなシャツに、カジュアル要素がプラスされたのが『オープンカラー』。開襟(かいきん)とも呼ばれる、襟が開いたシャツのことです。

デコルテまわりがすっきりとしているため、さわやかな印象に仕上がります。きれいめの雰囲気ながらも、抜け感を演出してくれるので、様々なシーンにマッチ。ボトムスを選ばないため、着回しやすいのも特徴です。

ノーカラーシャツ



『ノーカラー』はその名の通り襟のないシャツ。

首回りがすっきりとしているので、さわやかな印象に仕上がります。襟がないルックスはフォーマル感がなく、ナチュラルな雰囲気の着こなしにぴったり。コーディネートに程よい抜け感ときれいめな要素をプラスしてくれます。

ピーターパンカラー



『ピーターパンカラー』は、スコットランドの作家ジェームス・バリーの童話『ピーター・パン』の主人公の服装に由来する襟型です。襟の先が丸く、幅が広めなのが特徴。子ども服や女性の服によく見られますね。

女性らしい印象をつくるので、フェミニンな雰囲気にまとめたいときにぴったり。コーディネートに一点投入するだけで、やわらかな女性らしさをプラスできそうです。

ボウタイシャツ



フェミニンな襟元でもう一つ押さえておきたいのが『ボウタイ』。首元で結ぶことのできるリボンがついたシャツのことです。リボンの結び方を変えることで、異なる雰囲気が楽しめるのがポイントです。

タイがアクセントになるので、1枚で華やかな印象に仕上がります。なびかせればスタイリッシュに、蝶結びにすればフェミニンな雰囲気に。華やかながらもきちんと感があるので、オフィスカジュアルのスタイリングにも人気を集めています。

バンドカラーシャツ



首に沿って立った襟が特徴の『スタンドカラー』の起源といわれる『バンドカラー』。こちらは、ネックラインに帯(バンド)状の布を付けていることから、その名前で呼ばれています。上でご紹介した『ノーカラー』を補強するために考案されたのが始まりだそうです。

首回りがすっきりとしているので、清潔感のあるイメージを与えます。カジュアルながらもきれいめな雰囲気にまとまります。オンオフ問わずスタイリングに活躍しそうですね。

マオカラーシャツ



2020年の春・夏のトレンドとして押さえておきたいのが『マオカラー』。こちらはスタンドカラーの一種で、チャイナドレスやマオカラースーツなどでおなじみの襟型です。

中国の毛沢東(マオ・ツォトン)が着用していたことがその名の由来だそうです。インドのネルー首相が同様の襟型の衣服を着用していたことから、『ネールカラー』とも呼ばれています。

メンズシャツに多く見られますが、今年はレディースファッションでも注目を集め始めているみたい。ぜひチェックしてみてくださいね。

『素材』や『生地』で見るシャツの種類



ここまで、襟の特徴ごとにシャツの種類をご紹介してきました。襟の種類だけでもたくさんあって驚かれたのではないでしょうか。

シャツは、その素材や生地でもさまざまに分類することができます。ここからは、素材・生地にフォーカスしてシャツの種類を見ていきましょう!

ブロードシャツ



ブロードシャツとは、程よい光沢感が特徴の『ブロード』生地でできたシャツのこと。代表的なものとしては、ワイシャツがそれにあたります。

上品できれいめな印象ですが、コーディネート次第でカジュアルダウンすることも。フォーマルなシーンやオフィスカジュアルとしてはもちろん、タウンユースにも着回しのきく、シャツの定番ですね。

リネンシャツ



リネンシャツとは、『リネン(麻)』という植物からできる素材でできたシャツのこと。さらりとした肌ざわりと、洗いざらしのような自然な風合いが特徴です。涼やかな生地でサマーシーズンにおすすめですね。

ナチュラルでさわやかな印象に仕上がる、夏にぴったりのシャツといえるでしょう。カジュアルな雰囲気が強いので、オフィスカジュアルやオフの日のコーディネートに活躍しそうです。

ポロシャツ



凹凸感のある生地の特徴が活きたポロシャツも、スタンダードなシャツの一つですね。こちらも夏のイメージがありますが、長袖もあるので季節を問わずコーディネートに取り入れられそうです。

イギリスのポロ競技と呼ばれるスポーツがその名前の由来だそう。テニスプレイヤーが着ていたことから、海外ではテニスシャツと呼ばれることも多いようです。

スポーツ着のイメージからカジュアルな印象が強いので、タウンユースに活躍しそうです。コーディネートにどこかレトロな雰囲気をプラスしてくれるのもポロシャツならではの魅力ですね。

デニムシャツ



『デニム』生地もコンスタントな人気を誇る素材の一つ。インディゴに染められたものから、淡いカラーのものまで、加工によってさまざまなタイプがあります。

ボトムスであるジーンズとの違いとしては、ジーンズが分厚いのに比べ、デニムシャツは比較的薄手の生地のものが多い、ということが挙げられます。

トップスとしてはもちろん、その生地の特性から、ジャケットとしても取り入れやすいデニムシャツ。一点投入するだけでラフな印象に仕上がるので、カジュアルなスタイリングには欠かせないアイテムですね。

シフォンシャツ



やわらかく薄手の『シフォン』生地は、2020年、春・夏のトレンドの素材。品の良い透け感が特徴で、『シアーシャツ』や『透けシャツ』として、注目を集めています。「透けて見える」という意味で『シースルー』などとも呼ばれます。

素材特有のふんわりとした質感やシアーな雰囲気が、女性の魅力を引き立ててくれるシフォンシャツ。フェミニンなスタイリングにぴったりのトレンドライクなアイテムです。

サテンシャツ



つややかな光沢感が魅力の『サテン』も、今シーズン注目の素材の一つ。流れるようなドレープ感と、上品で高級感のある風合いが特徴です。ドレスなどのフォーマルな衣服の素材としても用いられる生地で、ラグジュアリーなイメージのある素材ですね。

高級感ただようサテンシャツは、ちょっと特別な日の装いにぴったり。2020年はそんなサテン生地を使ったアイテムも多く見かけますね。いつもとは少し違ったゴージャスな雰囲気を楽しむことができる、トレンド感あふれるシャツです。

『デザイン』や『シルエット』で見るシャツの種類



さて、素材や生地にもさまざまな種類がありましたが、デザインやシルエット別に見ても、シャツは奥が深そうです。ここからはそれらにフォーカスして、さらに深くシャツの種類をご紹介していきます。

ボリュームスリーブ



まず注目したいのが、ここ数年にわたって人気を集めている『ボリュームスリーブ』。その名の通り、袖にボリューム感のあるデザインのことを指します。

袖口にかけて、ふっくらと丸みのあるシルエットをえがき、袖口をきゅっとしぼったフェミニンなルックス。『ぽわん袖』とも呼ばれて親しまれています。

ビッグシルエット



続いて注目したいのが、こなれた雰囲気を演出する『ビッグシルエット』シャツ。ゆったりとしたサイズ感で、『オーバーサイズ』などとも呼ばれます。

ルーズなシルエットで、ラフな印象に仕上がります。抜き襟にすることで、よりこなれ感たっぷりの着こなしに。カジュアルなスタイリングに欠かせないシャツですね。

バックシャン



後ろ姿が目を引く『バックシャン』も押さえておきたいデザインの一つ。バックにリボンやカシュクール、スリットなどが施されたトレンドのデザインです。

『バックコンシャス』とも呼ばれ、背中のディテールがきいた旬のスタイル。1枚で仕上げることの多い、春から秋にかけてのスタイリングに映えるデザインですね。

タックデザイン



続いてご紹介するのは『タック』デザイン。タックとは布をつまんでつくったひだのことで、衣服に立体感や動きをプラスします。上品さやきちんと感があるので、オフィスカジュアルとしても最適です。

ギャザーデザイン



『ギャザー』とは布が縫い縮められたひだのこと。ギャザーデザインは、衣服にボリューム感を加えるとともに、フェミニンな雰囲気も演出してくれます。襟元やウエスト、袖口などにギャザーが施されたシャツを取り入れることで、女性らしさのあふれる着こなしが叶います。

ペプラム



『ペプラム』とは、ウエスト部分から裾に向かって広がったデザインのこと。裾広がりのフレアシルエットをえがき、やわらかな女性らしさを演出します。ウエストが高めの位置でしぼられているものが多いため、スタイルアップ効果も期待できます。

ミリタリーシャツ



続いてご紹介する『ミリタリーシャツ』はその名の通り軍服として着用されていたのが由来のもの。カーキやベージュなどのカラーのものが多いのが特徴です。メンズライクな雰囲気に仕上がる、カジュアルなシャツです。

サファリシャツ



続いてご紹介する『サファリシャツ』もカジュアルなシャツとしておなじみのもの。こちらは、アフリカでの狩猟時や旅行時に使用されていた、サファリジャケットを模したシャツです。上のミリタリーシャツと同様に、メンズライクな雰囲気を楽しめるカジュアルなシャツですね。

シャツワンピース



ワンピースとしてはもちろん、羽織(はおり)としても活躍する『シャツワンピース』もシャツの仲間の一つ。いろいろななスタイリングで着回しがきくので、コーディネートのスタメンとして不動の人気を誇っています。

シャツワンピースにも、襟の形や素材にさまざまな種類があるのは、上でご紹介したとおり。シャツワンピースの場合は一枚でコーディネートが決まるのもうれしいポイントですね。

『柄』で見るシャツの種類



最後は、シャツの『柄』にフォーカスしてのご紹介。襟の形や素材、デザインと同じようにシャツの柄も、定番からトレンドのものまでさまざま。王道のものや最近注目の柄を押さえて、シャツの着こなしマスターを目指しましょう!

チェックシャツ



まず定番の柄として挙げられるのが『チェック』柄。ちょっぴりレトロでオーセンティックな印象を与える、王道の柄といえるでしょう。

チェックのなかにも、ポピュラーなタータンチェックをはじめ、落ち着きのあるグレンチェックや懐かしさを感じさせるガンクラブチェック、ポップな印象のギンガムチェックやカジュアルなバッファローチェックなど、その種類は多種多様。

それぞれがスタイリングに与える印象を押さえて、気分やなりたい雰囲気に合ったチェック柄をチョイスしてみてくださいね。

ストライプシャツ



続いてご紹介するのは『ストライプ』柄。こちらも、シャツにはよく見られる王道の柄といえるでしょう。ちなみに、ボーダー柄との違いは、ボーダーが横のしま模様なのに対して、ストライプは縦に模様が入っているものを指すという点です。

カジュアルなイメージのボーダーがカットソーなどに多いのに比べて、きれいめな印象を与えるストライプはシャツとの相性がいいみたいですね。

縦に走るしま模様がすっきりとしたきれいめの印象をつくってくれるストライプ。縦ラインが協調されるので、着やせ・スタイルアップ効果が期待できるのもうれしいポイントですね。

花柄シャツ



フェミニンの王道柄といえば『花柄』。全面に花があしらわれた総柄のものや、刺繍やレースで花を表したものなど、花柄にもいろいろありますね。

とくに2020年の春・夏一大トレンドの総柄は、小さな花が散りばめられた小花柄から大胆なフラワープリントのものまでさまざま。一点投入するだけでフェミニンな着こなしが叶います。

マーブル柄シャツ



最近よく目にするようになった『マーブル』柄も、トレンドとして必ず押さえておきたい注目の柄。マーブル柄とは大理石を模した模様のことで、水に絵具を浮かべたようなルックスが魅力です。『タイダイ柄』や『水彩柄』と呼ばれることもあります。

引き込まれるようなアーティスティックなマーブル柄は、取り入れるだけでモードな雰囲気に仕上がります。2020年の春・夏、大注目の柄ですので、必ず押さえておきたいですね。

線画風シャツ



さらにもう一つ押さえておきたいトレンドの柄が『線画風』のもの。こちらの柄も最近よく見かけるようになりましたね。線画のようなモダン柄が、モードな着こなしを叶えてくれます。

シャツの種類を押さえて着こなし上手に♡



いかがだったでしょうか。シャツには本当にさまざまな種類の襟や素材、デザインや柄が見られます。とても奥が深いですね。シャツの種類とその特徴を押さえることで、気分やシーンに応じての着こなしも自由自在♪ぜひ参考にして、今日からあなたもシャツの着こなし上手さんを目指してみてください!

(まい)

この記事を書いたライター

まい
都内の大学に通う女子大生。毎日トレンド情報チェックしてます♡趣味はカフェ巡り、記事を書くこと♡

関連記事

今、あなたにオススメ