11月の台湾にベストな服装は?天気・気温やおすすめコーデを紹介♡

最近、人気の上がっている海外旅行先が「台湾」です。

日本から飛行機で3、4時間と近場の外国で、時差も1時間しかありません。歴史溢れる街並みを観ながら観光したり、美味しい食べ物など魅力がたっぷりです。

今回は特に、11月に台湾を訪れる際の服装について詳しく見ていきましょう!!

「せっかく旅行に行くんだから、服装で悩みたくない!」と思われている方に、服装の目安の基準にしていただければと思います。



目次 [開く]

台湾の11月の服装は日本とどう違うの?



台湾と一言で言っても、大きさは九州本島の面積とほぼ同様です。そのため、台湾も場所によって気候が多少変化します。今回は、多くの方が訪れる「台北」を中心に考えていきます。



11月の日本は、昼間はポカポカと暖かかったのに、夕方にはいきなり寒くなるなど、服装に迷う季節ですね。11月の台湾の気候はどうでしょうか?見ていきましょう。

11月の台湾の天気や気温は?



11月の台湾の気温は、最高気温が25℃、最低気温は19℃、平均気温は22℃とあり、これは暑くもなく寒くもなく非常に過ごしやすい季節と言えます。日本の11月の平均気温が12℃ですから、日本よりも10℃も高い気候になりますね。

台湾の11月上旬や中旬は、朝晩の気温差もそれほどありませんが、11月下旬になってくると寒暖差を感じる日もあることでしょう。

しかし、基本的に台湾は年間を通して温暖なため、日本にいて感じるような厳しい寒さの日はないので、心配はいりません。



11月の台湾の雨量は?





せっかくの旅行なのに、雨に降られてしまったら残念ですよね。11月の雨量も気になるところですね。

降水量は年間の中で最も少ないのが、10月と11月です。11月の雨量は15mmから80mmです。

多くの旅行雑誌などを見ても、「10月、11月が旅行のベストシーズン!」と言われているほど。

台湾の11月の服装を選ぶ時のポイント



11月は雨も少なく過ごしやすい季節ですが、台湾観光を楽しむためには服を選ぶポイントも重要です。



ポイントのいくつかをご紹介します。

体感温度を必ずチェックする


過ごしやすいとは言えど熱帯の気候ですから、急に天気が崩れて雨に濡れてしまい肌寒くなったり、日差しが強くジリジリと焼けるような暑さになったり……と1日の中でも状況がころころ変わることもあります。

快適に過ごすためには、体感温度を必ずチェックしましょう。



最近の携帯電話には、気温とともに「体感温度」が表示される機能付きの機種があります。もし表示されていなくても、インターネットで体感温度を調べることができますので、気温だけでなく体感温度にも敏感になりこまめにチェックしましょう。

羽織りものを持っていこう



外歩きの場合にはあまり必要はないのですが、室内に入るとクーラーをガンガンに付けているお店が多いです。

外が暑くて汗をかいたまま寒い室内に入ると風邪を引いたり、お腹を壊したり、体力を消耗してしまうことにもなりかねません。

羽織れるようなパーカーやショール、ジャケット、カーディガンなどがあると便利です。



どんな羽織りものを持って行こうか悩まれる方は、シワになりにくい物を選ぶことをおすすめします。外歩きの際には手に持つのではなく、カバンに畳んで入れておけば邪魔になりません。シワになる様な物だと、いざ取り出して着ようと思ったらシワシワで恥ずかしくて着れない……なんてことになりかねないためです。

汚れてもいいボトムスで





台湾の道はメンテナンスがきちんとされていないため、舗装されていない場所も多く、雨が降るとあちらこちらに水たまりができ、泥などにより服を汚す問題も出てきます。

そのため、絶対に汚したくない服を着ていく事はおすすめできません。

おすすめは、汚れても大丈夫なボトムス、汚れた時にすぐに洗って乾かせる様なスカートなどです。

また、11月でも暑い時には30℃超える日もあります。そんな日に1日中歩き回っていると、汗だくで服がびしょびしょ……なんてことも。汗で汚れても乾きやすい服装も大切です。

オシャレ女子は現地でも浮かない!



日本で流行っていても、台湾ではひと昔に流行ったコーデ…なんてことがあったら、恥ずかしいですよね。

そうならないためにも、まず事前に台湾で何が流行っているのかチェックしてから行きましょう。

台湾ではタブーな服装は特にありませんが、ミニスカートは売春婦と間違えられることもあるため、気をつけてください。治安の良い国ですが、危険な目に合わないためには、服装にも注意を払いましょう。

日本から好きな服装を持っていってもいいし、現地で服を調達しても楽しいですね!



台湾の方の格好にできるだけ合わせるなら、台湾の方も親近感を持ってくれるかも。いつもとは違うような体験ができたりするかもしれません。

11月上旬の台湾の服装♡おすすめコーデはコレ!



台湾の11上旬の最高気温は25℃、最低気温は22℃です。

11月上旬の気温に合ったコーデを考えていきましょう!



白シャツを合わせてシンプルに



熱帯の気温の中で、黒や茶色、または暖色系などの冬をイメージする色を着ているとかなり暑く感じます。

白はその面ではさわやかで清潔感を演出してくれます。



コーディネートもしやすく、例えば白のシャツとデニムやスキニーパンツを合わせてみたり、白のトップスとカラースカートを履いてリゾート感を出してみたり…と気軽に楽しめる色です。

しかし、スカートやボトムスに白を持ってきてしまうと、整備されていない道を歩いたり、レストランで汚れている椅子に座ってしまった際など汚れる場合がありますので、台湾旅行には向きません。

デニムスカートで涼やかに



デニムスカートは汚れも目立ちませんし、着回しもできるので、旅行にはもってこいのアイテムです!

特に、ロングのデニムスカートとシンプルなトップスを組み合わせると、大人な雰囲気になります。



ストレートなデニムスカートより、ふんわりとしたデニムスカートをチョイスするなら、女性らしさを演出することができますし、暑い台湾でも重くならず爽やかな印象を与えられるでしょう。

半袖ワンピースで、らくちんコーデ♡



蒸し暑い中、長時間歩く場合はとにかく楽な格好が1番!

締め付けが少ない楽ちんワンピースを選びましょう。

特におすすめなのはジャージー生地のワンピース。

体の動きに合わせて伸び縮みしてくれ、肌触りもいいです。シワになりにくいので、スーツケースにぎゅうぎゅうに詰め込んでも問題なし!アイロンをかけなくても、スーツケースから出してそのまま着れるのが嬉しいですね。

他にもいくつかワンピースを持っていけば荷物も少なく済みますので、おすすめです。




帽子で日差し予防





11月とはいえ、まだまだ日差しの強い台湾。

日焼け防止の必需品が、帽子です。UVカット仕様がされている帽子、つばの広い帽子など日焼しないための対策が必要です。

持ち歩ける様に、小さくたためる帽子も最近では販売されていますので「ずっと被っていたくない」と思われる方は、こちらを購入しましょう。

11月中旬の台湾の服装♡おすすめコーデはコレ!



中旬の最高気温は23℃、最低気温は21℃です。

それほど寒暖差はありませんが、時に20℃を下回る気温の時もありますので、注意が必要です。

11月中旬の気候に合ったコーディネートを考えていきましょう!



パーカーでカジュアルにキメる



夕方には少し肌寒くなることを考えて、パーカーを着て観光するといいかもしれません。

昼間は前のジッパーを開け、夕方には閉めれば、1日中問題なく着ることができます。

パーカーにボトムスを持ってくればカジュアルな雰囲気に、ロングスカートを合わせればカジュアル過ぎず女性らしいスタイルになります。

着まわして楽しめますので、1枚は持っていくと便利なアイテムです。



ニットカーディガンで可愛らしく



肌寒く感じる時には、体を寒さから守ってくれるだけでなく、可愛く着こなせるニットカーディガンを選びましょう。



シワになりにくく、ロングニットカーディガンなら体型もカバーしてくれます。

中に1枚着ておけば、暑ければニットカーディガンを脱いで肩にかけて大人な雰囲気を演出したり、前を開けてカジュアルさをだしたりと、バリエーションを楽しめます。

あまり厚めのニットカーディガンを持っていってしまうと、11月ではまだ暑い可能性がありますので、薄めのニットカーディガンを持っていきましょう。

ロングスカートでスタイルよく見せる



旅行に持っていくと便利なのが、ロングスカート!

体型をカバーして、スタイルよく見えるので、写真写りもバツグンです。旅行後に見返すアルバム整理が楽しくなります。



暑い昼間にはロングスカートを素足のまま履いて、肌寒くなる朝晩にはロングスカートの下にレギンス、タイツを履けば防寒にもなります。

オシャレしたい冷え性の方に特におすすめコーディネートです。

ジャケットで着まわし上手



旅行ではカジュアルな服装になりがちですが、時にはドレスコードがあるレストランへ食事に行ったり、きちんとした服装をしなければいけない場所もあるでしょう。

そんな時に役に立つのがジャケットです。スカートに合わせても、デニムに合わせてもどちらにしても上品な雰囲気を演出してくれます。



最近では畳んでもシワになりにくい生地のジャケットも販売されています。

11月下旬の台湾の服装♡おすすめコーデはコレ!



11月下旬の台湾の最高気温は23℃、最低気温は19℃です。

だんだんと寒暖差が激しくなってくる頃なので、体調管理には注意が必要です。

では、11月下旬の台湾のコーディネートを考えてみましょう。



マフラーをコーデのアクセントに



首元にさらっと巻いて、コーディネートのアクセントになるのが、マフラーです。



旅行ですから、それほど多く持っていくことはできないと思いますので、1色か2色あれば十分です。

特に、黒や白、ベージュ、グレーなどの落ち着いた色はどんなコーディネートでも合わせやすいので、1色は持参しましょう。

マフラーを差し色に、と考えている方は、赤、白、青などのカラーだと他のカラーとの相性もいいです。

コートできれいめコーデ



コートを1枚羽織ることで、いつもよりきれいめコーデを楽しめます。



きれいめコートの定番のトレンチコートは、着るだけであか抜けた雰囲気になれます。白シャツにデニムパンツを合わせて、シンプルな着こなしをするだけで一気におしゃれ度がアップします。

ノーカラーコートもきれいめコーデに欠かせません。エリのないデザインのコートは、首元がもたつかずきれいに仕上がります。

ステンカラーコートは、とにかくシンプルな作りになっているので、どんなコーディネートやアイテムにも合います。旅行の際に1枚あると便利なコートです。

ショートダウンで着こなし上手



寒くなってきた時に着たいのが、ショートダウンです。



暖かいのですが、少し間違えるとダサいイメージに……。おしゃれに着こなせるようどのように工夫できるでしょうか。

他のコートと比べるとボリュームがあるため、どうしてもダボっとしたイメージになります。そこで、下もボリュームがあるアイテムを選んでしまうと、スタイルが悪く見えたり、もたついた雰囲気になります。

そうならないためには、下半身のアイテムをタイトスカートやスキニーパンツなどほっそりとした物を選びましょう。そうすることで、下半身がスタイルよく見えます。

顔の周りをほっそりと見せたい方は、フードの周りにファーがあると、目の錯覚を利用した小顔効果を期待できます。暖かさも演出されるので、一石二鳥ですね。

台湾の11月下旬では、それほどモコモコしたダウンコートは必要ないと思います。できれば持ち歩ける、ユニクロの『ウルトラライトダウン』のような物があると、便利です。

11月の台湾の服装おすすめコーデのまとめ





11月に台湾に行く方におすすめの服装のコーディネートをご紹介しました。

ポイントとしては、台湾の11月はまだ暑さが残るシーズンなので、基本半袖のコーディネートが必要なこと、朝晩との寒暖差があったり、現地のお店はクーラーが強めにかかっている場合があるので羽織れる物が必要ということです。

上旬、中旬、下旬と気候は違いますし、1日の中でも気温が変わることがありますから、体調を崩さないような服装を心がけて楽しい台湾旅行にしてください!

(まい)

この記事を書いたライター

まい
都内の大学に通う女子大生。毎日トレンド情報チェックしてます♡趣味はカフェ巡り、記事を書くこと♡

関連記事

今、あなたにオススメ