2回目のデートは超重要♡成功させるコツ&男性の脈ありサインを解説

初デートほど重要なものはない、そう思っている女性は多いでしょう。でも実は違うんです。本当に大切なのは初デートの次、2回目のデートなんです!「2回目のデートを制する者はその恋を制する」と言っても過言ではありません。



目次 [開く]

2回目のデートはどうして大事なの?





ドキドキの初デートのあと、2回目のデートが決まったら飛び上がらんばかりに嬉しいですよね。もう恋を手に入れるのも時間の問題、という感じでしょうか。

でもここで気を抜いたら、恋がスルスルと指の隙間からこぼれ落ちていってしまうでしょう。それくらい2回目のデートは重要なのです。では2回目のデートはどうしてそれほど大切なのでしょうか?

付き合う前の2回目のデートはとても重要!


多くの人が初デートが一番大事だと思っています。確かに、何事も1回目は重要ですよね。しかし恋愛においては付き合う前の2回目のデートの方が重要になります。



1回目のデートは相手の雰囲気をつかむだけの意味しかありません。なんとか相手に良いところを見せようとお互い張り切っている状態ですから、本質的なものはほとんど見えてこないでしょう。お互いに猫をかぶっているのです。

なんとなく雰囲気が良かったり感覚的なものが合えば好感を抱くでしょうし、ぎこちない時間が多ければ「ちょっと違うかも」と感じるでしょう。1回目のデートは相手を「ざっくりと」知る機会です。

成功するか失敗するかの分かれ道にもなる


2回目のデートでは相手の本質に迫ります。1回目のデートが「ざっくりと相手を知る機会」なのに対して、2回目のデートは「詳細に相手を知る機会」なのです。



初デートではない2回目のデートでは、お互い前回よりもリラックスしているはずです。そのため、自然な姿を見せやすくなっています。気が緩んで、失礼な発言や態度をとってしまうこともあるかもしれません。

価値観の相違や物事に対する考え方、受け止め方などを見て、真剣に交際できそうな相手であるか、長く付き合っていけそうな相手であるかをお互いにジャッジするのが2回目のデートの意義です。2回目のデートこそが、あなたにとっても相手にとっても、最も重要なデートなのです。

2回目のデートについての疑問


1回目のデートよりも2回目のデートの方が大切だということを理解していただけましたか?



もしあなたが相手の男性に対して少しでも好意を感じているのなら、2回目のデートは絶対に成功させてください。「失敗すれば3回目のデートはない!」くらいの覚悟で挑んだ方が良いでしょう。ではここで、2回目のデートについての疑問を解消しておきましょう。

1回目のデートから2回目のデートに行くまでの期間はどのくらい?





ドキドキわくわくの初デートを終えたら、2回目のデートのことを考えましょう。2回目のデートが決行されるということは、1回目のデートでお互いに好印象を持ったということです。まずはそのことに自信を持ってください。では1回目のデートから2回目のデートに行くまでの期間は、どのくらいが理想なのでしょうか?

1週間か遅くとも2週間以内がベスト


あまり間隔をあけるのは良くありません。「鉄は熱いうちに打て」という言葉のとおり、熱意があるうちに事を運んだ方がうまくいきます。期間をあけてしまうと、初デートで打ち解けた雰囲気を忘れてしまい、またかしこまった状態にお互いが戻ってしまう可能性が高いです。

2回目のデートは、1回目のデートから1週間後くらいが望ましいです。お互いの都合が合わない場合でも、できるだけ2週間以内には実現できるようスケジュールを調整してください。

2回目のデートで告白してもOK?


交際をスタートさせるには告白しなければなりません。もちろん告白がないままなんとなく付き合っている感じにフェードインしていくケースもありますが、やはりちゃんと告白して、OKの返事をもらってからお付き合いを開始する方が安心感がありますよね。では2回目のデートで告白するのはアリなのでしょうか?



重くない告白ならOK


ありかなしかで言えば「あり」です。ですが重い告白は「なし」です。さすがに2回目のデートで「愛してる!」と愛を告白することはないでしょうが、「結婚を前提に交際を」などと言うと相手が引いてしまう可能性があります。

たった2回しかデートしていないのですから、重い告白はやめておきましょう。「気が合いそうだし、付き合ってみない?」「一緒にいると楽しいし付き合ってください」というような、軽めの告白ならOKでしょう。

2回目のデートでキスを迫られたらどうする?


1回目のデートでキスを迫ってくる男性はそう多くありませんが、2回目のデートとなると話は別です。「2回目だからいいよね?」と思っている男性は少なくないようです。もし2回目のデートでキスを迫られたら、どうしたら良いのでしょうか?



信頼できるならしてもOK


女性は、2回目のデートでキスするのは早いと感じる方が多いようです。「この人、遊び人なのかな?」「わたしのこと本気じゃないのかも」などと不安を感じてしまうかもしれません。基本的に女性は心のつながりを重視するので、できればゆっくりと関係を深めていきたいと考えます。

男性がキスを迫る理由はさまざまです。キスしたいくらい気持ちが盛り上がっている場合もあれば、早く性的な関係に持ち込みたいと考えている場合もあるでしょう。また特に何も考えずに勢いで迫っているだけかもしれません。

2回目のデートでキスを迫られたとき、あなたが相手を直感的に「信頼できそう」だと感じるならしても良いでしょう。女性の直感は鋭いですから、自分の感覚を信じてみてください。ただし肉体関係を持つのはおすすめできません。2回目のデートでベッドインを目論む男性は、身体目的である場合が多いと言えます。

2回目のデートに誘ってくる男性心理





男性から2回目のデートに誘われたら嬉しいですよね。もしあなたが相手に少しでも好意を感じていればなおさら嬉しいはずです。「わたしのこと好きなのかな?」「このまま交際スタート!?」などと、ワクワクが抑えられないかもしれません。

でもちょっと待ってください。「2回目のデートに誘われた=脈あり」とは限らないのです。2回目のデートに誘ってくる男性の心理を確認しておきましょう。

1回目のデートが楽しかった





1回目のデートが楽しかったから、もう一度楽しい時間を過ごすためにデートに誘う男性がほとんどです。初デートで好感を抱けば、「また会いたいな」と思うのはごく自然なこと。ただしこの時点ではまだ「好き」には至っていません。「好きになる可能性がある」くらいのもので、デートを重ねるごとに「好感」から「好意」に変化していきます。

もっと距離を縮めたいと思っている





1回目のデートで相手の女性を好きになってしまう男性もいます。見た目が好みだったり、フィーリングがピッタリであれば、一気に恋してしまっても不思議ではありません。この場合2回目のデートに誘うのは、二人の距離をもっと縮めたいからです。一緒にいる時間が長くなればなるほど、親しくなることができるでしょう。また告白するために2回目のデートに誘っている場合もあります。

自分の気持ちを確かめたい


自分の気持ちを確かめるために2回目のデートに誘うこともあります。1回目のデートを終え「なんとなく気になるけれど、好きかどうか分からない」という状態におちいると、男性自身もどうすれば良いか困惑し、再度デートに誘います。



もう一度一緒の時間を過ごして、自分の心の動きを感じようとします。気持ちが高ぶれば好きということ、そうでなければ「これは恋ではなかった」と認識します。その場合3回目のデートに誘ってくることはないでしょう。

友達になりたいから


趣味や好きな映画、芸能人が同じであった場合、友達として付き合いたいという思いから2回目のデートに誘ってくるケースもあります。1回目のデートでそれらの話題で盛り上がったなら「また会って話したい!」と思うはずです。



共通の話題があれば、仲良くなるのにそれほど時間はかかりません。ただし男性はあくまで友達と捉えていて恋愛感情は抱いていません。残念ですが、あなた個人にまつわる話にはあまり興味を示さないでしょう。

2回目のデートでの男性の脈ありサイン


男性が2回目のデートに誘ってくるのは脈ありの可能性が高いですが、脈なしの可能性もゼロとは言い切れません。女性は「どっちなんだろ?」と気になってしまいますよね。



女性に対して好意を抱いている場合、男性は無意識のうちに脈ありサインを出していることが多いです。2回目のデートでの男性の言動に注目すれば、脈ありか脈なしかを判断することができますよ。

距離が近め


「あれ?なんか距離が近くない?」と感じれば、男性があなたに対して好意を抱いている可能性が高いです。男女問わず誰でも好きな人には1ミリでも近づきたいと思うもので、性的欲求の強い男性ならなおさらです。



デートの最中頻繁に手が触れたり身体が当たったりすれば、向こうはだいぶ距離を詰めてきています。「今日のデートで手を握ろう!」と目標を立てていることもあるでしょう。

スマホをあまり触らない


現代人にとってスマホは必須アイテムですが、そうは言っても何かに集中しているときや熱中しているときは、ほとんど見ないですよね。もし2回目のデートで男性がほとんどスマホを触らなかったら、あなたとの時間に熱中している証拠で、脈ありと考えて良いでしょう。



男性がスマホを弄りっぱなしなら、あなたに対して脈なしかスマホ依存症かのどちらかです。目の前で常にスマホを触られるのは良い気はしないでしょうから、早めにデートを切り上げた方が賢明です。どちらにせよ3回目のデートはないでしょう。

ずっとニコニコしている


好きな人といるとき、人は自然と口角は上がり笑顔になります。2回目のデートで男性がずっと微笑んでいるのなら、きっとあなたに好意を感じているのでしょう。



またニコニコしていることであなたに好意をアピールしていることもあります。どちらにせよ脈ありであることは間違いありません。男性の笑顔を見てあなたも幸せな気持ちになるなら、二人が恋人関係に発展する可能性は高いと言えるでしょう。

先の計画を立てようとする





例えば食事中にあなたが「これ美味しいね」と言ったとき、「もっと美味しい店知ってるから次行こう!」と言ったり、彼の持ち物を指さして「これ素敵。どこで買ったの?」と聞いたとき、「今度一緒に買いに行こう!」などと言ったりする場合は、あなたに好意がある可能性大です。

男性はなんとか次会う約束を取り付けようとしています。彼の描く未来の中に、あなたはしっかり存在しているということです。

2回目のデートでやってはいけないダメ行動





もしあなたが男性に対して少しでも好意を感じているなら、2回目のデートは成功させておきたいところです。2回目のデートがうまくいけば、恋人関係に発展する可能性はグッと高まるでしょう。そのためにも、2回目のデートでやってはいけないダメ行動をチェックしておきましょう。

男性に任せすぎる





何でも男性に任せすぎるのはやめましょう。「何食べたい?」「何でもいい」「どこ行きたい?」「どこでもいい」では、男性も負担を感じます。2回目のデートでは、まだ相手の好みなどを良く知らないはずですから、自分の希望をある程度伝えた方が男性も助かるでしょう。

プライベートに踏み込みすぎる



気になる男性のことを、できるだけたくさん知りたいと思うのは当然です。ですが、2回目のデートではあまり踏み込みすぎない方が良いでしょう。



「どんな家に住んでるの?」「家族構成は?」「今まで何人の女性と付き合った?」「前の彼女はどんな人?」などプライベートなことをに聞かれると、引いてしまう男性もいます。時間をかけて相手のことを知ってきましょう。

肉体関係を迫る





あなたから「今日は帰りたくないな」「泊まっていこうよ」などと、肉体関係を迫るのはやめましょう。真面目な男性なら、あなたに遊び人の烙印を押し、二度とデートに誘ってこない可能性が高いです。

また相手がヤリモク男(肉体関係になることだけを目的にしている男性)だった場合、格好の獲物にされてしまいます。2回目のデートではまだ、プラトニックな関係でいるべきです。

将来の話をする





「結婚したら子供は3人ほしいな」「幸せな家庭を築きたい」など、将来の話をするのは控えた方が賢明です。あなたは何気なく自分の理想の未来を語っているだけかもしれませんが、相手は結婚を暗に迫られているような気分になり、逃げ出したくなってしまうかもしれません。

全ておごってもらう





「デート代は男性が出して当たり前!」と、全ておごってもらおうとする女性がいますが、男性からの評価は最悪です。会計の際は必ず横で財布を出すか、会計後に「いくらだった?」と聞いて支払うようにしてください。男性が「いいよ」と言ってくれるなら丁寧にお礼を言いましょう。それだけで好印象を与えられます。

2回目のデートを成功させるコツ


2回目のデートが上手くいけば恋をゲットできる可能性が高まります。2回目のデートを成功させるコツをご紹介しますね。

デートプランに合わせた服装にしよう





事前に行く場所やすることがわかっているのなら、それに合わせた服装でデートにのぞんでください。おしゃれなレストランを予約しているのにTシャツとジーンズでは失礼ですし、遊園地に行くのにピンヒールでは楽しめないでしょう。TPOをわきまえないと、男性をしらけさせてしまうことになりかねません。

好意をさりげなくアピール


2回目のデートでは、あなたの好意をさりげなくアピールするようにしましょう。基本的に男性は鈍感な生き物ですから、あなたが好意を示さなければ、永遠に気づかないこともありえます。



「●●くんと一緒だと楽しい!」「●●さんといると落ち着く」などが効果的でおすすめです。

デート後にはお礼のLINEを送る


デート後には必ずLINEを送るようにしてください。男性から先に送られてきたらそれに返信すればOKです。こちらから送る場合、タイミングは相手が帰宅したあたりが丁度良いでしょう。



「今日はありがとうございました」とまずは感謝をの気持ちを伝えます。その後で「あのお店とっても雰囲気が良かったですね!」などデートの感想を述べましょう。最後に「また会いたいですね」で締めてください。

もし返信が遅くても催促するのはやめましょう。急かされると気持ちが冷めてしまう男性もいます。デートの余韻に浸りながら、焦らずに気長に待ってみましょう。

2回目のデートを成功させて恋をゲットしよう




初デートよりも重要な2回目のデートが成功すれば、恋がスタートする可能性が高まります。

だからといってあまり気負い過ぎないでくださいね。2回目のデートでのダメ行動とデートを成功させるコツさえ覚えておけば、きっとハッピーで楽しい一日が過ごせるはずです!

(まい)

この記事を書いたライター

まい
都内の大学に通う女子大生。毎日トレンド情報チェックしてます♡趣味はカフェ巡り、記事を書くこと♡

関連記事

今、あなたにオススメ