生理前の肌荒れには正しい対策を♡ニキビの原因&おすすめ商品も必見

生理前に肌が荒れる……。そういった経験のある方も多いのではないでしょうか?
肌が敏感になってニキビができたり、いつものスキンケアが合わなくなったりと、
この時期が憂うつになってしまう女性も多いはず。
では、生理前の肌荒れはどうして起きるのでしょう?
実は生理前の肌荒れは、女性ホルモンが深く関係しているんです!
生理前にニキビや肌荒れが起きる原因を追究・対策して、つるつるなお肌を目指しましょう!


目次 [開く]

生理前の肌荒れってどうしたらいいの!?




生理前には心身共に様々なトラブルが起こりがち……。ニキビや肌荒れといった肌トラブルも悩みのひとつですよね。では、どうして生理前になると肌荒れが起きやすくなるのでしょうか?生理前の肌荒れの原因と対策を見ていきましょう!

女性ならではの悩みのひとつ




生理前になるとフェイスラインにぽつぽつとニキビができたり、普段使っているスキンケア用品がヒリヒリしみたり……。生理前の肌荒れはどうして起こるのでしょう?
実は生理前の肌荒れは女性ホルモンが大きく関係していて、女性ならではの悩みのひとつです。

女性ホルモンが大きく関係!生理周期に合わせたケアを




女性ホルモンには「卵胞ホルモン(エストロゲン)」と「黄体ホルモン(プロゲステロン)」の大きく2種類に分けられます。
卵胞ホルモンは、卵子を育てたり、排卵を起こしたりと妊娠・出産に向けて体の準備をする働きがあります。
肌や髪につやが出たり、骨や血管を強くしたり、前向きな気分になれるのもこのホルモンの働きのおかげです。

黄体ホルモンは子宮内膜を厚くし、受精卵が着床しやすいよう子宮内の環境を整える働きをします。体に水分・脂肪をため込んだり、食欲が旺盛になり、妊娠の継続をサポートする大切なホルモンです。しかし、眠気やイライラなど、心身の不調も現れやすくなってしまいます。
女性は生理周期に合わせて、この2つのホルモンのバランスが変化しています。肌の調子を含め、体調や心の変化があるのもそのためです。
なので女性は生理周期に合わせた適切なケアをおこなうことが大切なんです!



生理前に肌荒れ・ニキビができる原因



生理前の肌荒れが、ホルモンの関係で起こることは説明しましたが、ほかにも様々な原因があります。
もう少し詳しく生理前に肌荒れ・ニキビができる原因を見ていきましょう。

生理前には「黄体ホルモン」が増えるため



生理前には黄体ホルモンの分泌が増えます。黄体ホルモンは男性ホルモンと似た働きをすると言われており、皮脂の分泌が活発になります。皮脂が多く分泌されることにより毛穴が詰まり、ニキビや吹き出物など肌荒れが起こりやすくなってしまうのです。

肌のバリア機能が低下する




人間の皮膚にはもともとバリア機能が備わっています。これが皮膚のうるおいを保ち、外的な刺激から守ってくれる働きをしています。
しかし生理前には、肌のバリア機能も低下します。
バリア機能が低下することにより刺激に弱くなるため、この時期は肌荒れが起こりやすくなったり、普段のスキンケアが合わなくなったりしてしまいます。

生理前の肌荒れ対策のポイント



生理前の肌荒れは、しっかりと対策することで軽減することができます。ではどのように対策すればいいのか、対策のポイントをご紹介いたします。

たっぷりの泡で優しく洗顔する



皮脂が多く分泌されるこの時期は、しっかり洗顔を行い肌を清潔に保つことが大切です。
洗顔はよく泡立てたたっぷりの泡で優しく洗いましょう。ゴシゴシ洗いは肌のバリア機能が低下してしまうので厳禁です。
手のひらが触れないくらいたっぷりと泡立てて、泡だけで洗顔するようなイメージ。
また、洗顔後のタオルは清潔なものを使いましょう。優しくおさえるように水気をふき取ると刺激になりにくいです。

いつもより念入りな保湿ケアを行う




保湿ケアはいつもより念入りに行い、十分に潤いをあげましょう。
保湿成分配合の化粧水を重ね付けして、ニキビの出来にくい処方のクリームやジェル、オイルなどでしっかりと蓋をして、水分の蒸発を防ぎます。化粧水だけでは、肌の水分も一緒に蒸発してしまい、かえって乾燥を悪化させる場合もあります。
またこの時期はお肌が敏感になっているので、コットンを使うより、清潔な手のひらで優しくおさえるようにパッティングすると刺激になりにくいです。強く叩き込んだり、こすったりしないように、優しくケアをおこないましょう。
洗顔後なるべくすぐにケアできるのが理想です。

この時期に合うスキンケアアイテム・メイクアイテムを使う




スキンケアアイテムやメイクアイテムが合わなくなる人は、この時期に合ったアイテムを使うことをオススメします。
低刺激処方のスキンケアアイテムやニキビケアできるファンデーションなど、ゆらぎがちな肌にも使える商品が多く発売されているので、自分に合ったアイテムを見つけましょう。

メイク方法を工夫する




皮脂の分泌が多くなるこの時期は、油分の少ないメイクアイテムを使用するとよいでしょう。リキッドやクリームファンデーション、BBクリームなどは油分が多く含まれている商品が多いです。パウダリーファンデーションを薄く伸ばして使用すると、肌への負担が軽減されます。
吹き出物や肌荒れを隠そうとすると、メイクが厚塗りになり肌への負担が大きくなってしまいます!この時期のベースメイクは薄付きにして、アイメイクやリップメイクなどに重点を置き、肌荒れから目線がそれるメイクを意識しましょう。

ニキビは絶対に触らない



ニキビが気になってつい触ってしまったり、大きなニキビが嫌でわざとつぶしてしまう方も多いのでは……。
しかし、それは絶対に NG!
ニキビが跡になったり、悪化する原因になってしまいます!
ニキビには絶対に触れてはいけません。髪の毛がニキビに触れてしまう場合は、髪を束ねるなどして触れないようにすることをオススメします。

食べ物に気を付ける




この時期はスキンケアやメイクなど、外からのケアだけではなく、食べ物にも気を付けましょう。
油分の多いスナック菓子や揚げ物、糖分の多いチョコレートやケーキなどは肌荒れを悪化させる原因となる可能性があります。大好きなお菓子を少しだけ我慢して、ビタミンの多く含まれるフルーツや野菜などを積極的に取るようにしましょう。

規則正しい生活をする



寝不足などの不摂生な生活の影響をダイレクトに受けやすいのがこの時期……。
早寝早起きをして、規則正しい生活リズムを心がけましょう。

ストレスを溜めない!



肌荒れにストレスは大敵です!ニキビや肌荒れを気にしすぎるとストレスを感じてしまいますが、このストレスがニキビをさらに悪化させてしまう原因になってしまうかもしれません。
ウィンドウショッピングを楽しんだり、ハーブティーを飲んでリラックスしたりと、自分なりのストレス発散法を見つけ、ストレスを溜めないように意識しましょう。


知っておきたい!生理周期と心身の関係



一般的に生理は28日~30日の約1か月が1サイクルとなります。女性ホルモンの影響を受けこの1サイクルの間に、生理中・生理後・排卵後・生理前と、1週ずつ女性の心身は大きく変わっていきます。
女性ホルモンには大きく分けて2つの種類があることは説明しましたが、生理前や生理後にどんな変化をもたらすのでしょうか?

生理中



生理痛など、体に出る不調により気分も沈みがちな時期です。心も体もデリケートな時期ですので無理は禁物です!生理が終わるにつれ、徐々に回復していきます。

肌の調子


生理前の肌が荒れやすい時期よりお肌の調子は回復傾向にありますが、まだまだデリケートな時期です。引き続き、より丁寧なスキンケアを心がけましょう!
生理が終わるころには徐々に卵胞ホルモンが増え肌の調子が整っていきます。

心の調子


生理が始まって数日は、生理痛など体の不調が多い時期なので、気分も落ち込みやすい状態にあります。
生理が落ち着けば、卵胞ホルモンが徐々に分泌されるため、気分も上向きになり、元気が出てきます。

体の調子


生理痛や貧血、頭痛など体に不調が出やすい時期です。無理はせず、ゆっくりと過ごしましょう。湯船にゆっくりつかったり、ホッカイロでおなかや腰を温めると生理痛が軽減する場合があります。

生理後



卵胞ホルモンの分泌が増える時期です。心身ともに調子が良く感じてくるはず。

肌の調子


生理周期の中で最も肌のハリとつやを感じやすい時期です。くすみもとれ、メイクのノリが良くなったと感じる人も多いのではないでしょうか?普段のスキンケアにプラスしてパックなどをしても、効果が感じられやすい時期です。新しいスキンケアを試したいときは。この時期から始めてみるのがオススメです。

心の具合


精神的に安定し落ち着きます。心が前向きになり、意欲的になるため仕事や、新しいことにチャレンジするにはよい時期といえます。やりたい!と思ったことに積極的にトライしてみましょう。

体の調子


体調が一番良いと感じるられるでしょう。むくみが取れてダイエットの効果も感じやすいため、ダイエットを始めるにはこの時期がオススメです。

 

排卵後



生理1日目から数えて約14日目に排卵が起こります。排卵後は卵胞ホルモンが減り黄体ホルモンが徐々に増えてくる時期です。
心身ともに状態が降下気味になっていく時期でもあります。

肌の調子


いつも通りしっかりとケアしていれば、状態は悪化しにくいですが、不規則な生活で荒れやすくなったり、生理前の肌荒れにも影響を及ぼす可能性があります。
規則的な生活で、健やかなお肌を保ちましょう。

心の具合


黄体ホルモンの影響をうけ、交感神経が優位になります。
交感神経が優位になると、テンションが高くなったり落ち込んだりと、感情に波が現れます。無理はせず、リラックスできる環境で過ごせるのが理想です。

体の調子


この時期から不調を感じる人もいれば、まだ体調の変化を感じないという人もいる時期です。
むくみ、肩こり、便秘などの症状が出やすい時期でもあります。半身浴や軽い運動、ストレッチをするとむくみなどが軽減しやすいです。

生理前



生理に向けて黄体ホルモンが多くなってくる時期です。
心身ともに不調になりがちな時期です。この時期の不調を月経前症候群(PMS)といいます。

肌の調子


生理前の肌の調子は敏感で荒れやすくなっています。また肌の水分が少なくなり、くすみやクマが気になったり、シミやそばかすができやすい時期です。自分に合った適切なケアを行いましょう。

心の具合


ホルモンの影響によりイライラ、不安感が多くなります。憂うつな気分になったり、怒りっぽくなるのはホルモンの影響ですのであまり気にしないように心がけるのも大切です。お気に入りのアロマオイルを焚く、好きな音楽を聴くなどしてリラックスできる環境を整えましょう。

体の調子


胸が張って痛んだり、むくみ、肩こり、頭痛、便秘、胃痛など、人によって様々な不調が出やすい時期です。
また、黄体ホルモンが、妊娠継続に向けて体に水分や脂肪を蓄え、食欲が増す時期ですので、体重が増えやすくダイエットの効果も感じにくくなってきます。体重が落ちないからといって焦らずに、まずはキープできるように心がけましょう。

 

生理前の肌荒れに効果的なアイテム



生理前の肌荒れには丁寧なケアで対策することが大切なポイントですが、有効なアイテムを合わせて使用するのも効果的です。生理前の肌荒れに効果的なアイテムをご紹介いたします。

肌の調子を整えるおすすめサプリ



ペアA錠


薬用ヨクイニン、L-システイン、2種類のビタミンB群配合で、くり返す大人ニキビ・肌荒れに効く処方です。薬用ヨクイニンが皮脂の分泌や皮膚の水分量をコントロールし、L-システインが肌のターンオーバーを促します。


ハイチオールbクリア


L-システイン、6種類のビタミンB群、ビタミンCがキメの整った肌へ導きます。バランスよく配合されたビタミンB群とビタミンCが、皮脂と水分量のバランスを整えます。


チョコラBBプラス


活性化ビタミンB2がターンオーバーの正常化を助け、肌荒れやニキビをケアします。また、B2・B6・B1のビタミンB群が、肌ケアのほか疲れケアにも効果を発揮します。



肌の潤いを保つおすすめスキンケア用品



キュレル化粧水


うるおい成分のユーカリエキスが角層まで浸透し、外部からの刺激で肌荒れしにくいなめらかでうるおいのある肌を保ちます。乾燥性敏感肌の方にオススメの商品です。


dプログラム バランスケアローションW


べたつきとかさつき、どちらも気になる肌にオススメです。角層までしっかり浸透し、毛穴の目立ちもおさえます。バランスを整え、透明感のある肌を保ちます。


アベンヌウォーター


ミネラルをたっぷり含んだ南フランスのアベンヌ温泉水を100%使用したスプレータイプの化粧水です。生後3か月からの赤ちゃんでも使える処方で、敏感肌にも優しく水分補給できる商品です。
メイクの上からでも使えるので、乾燥が気になった瞬間いつでもお手入れできます。


ニキビ肌におすすめのメイクアイテム



DHCアクネケアコンシーラー


薬用のコンシーラーで、肌荒れやニキビが気になるときでも予防しながら、ニキビ跡、肌の色ムラをカバーします。肌にフィットしヨレにくいので、メイクしたての美しさをキープします。


フォルミュール 薬用アクネケア BB


殺菌有効成分のサリチル酸配合で、ニキビケアしながらメイクできる薬用BBクリームです。薄付きでもカバー力があり、肌負担の感じにくい使用感です。ドクターズコスメですが、ドラッグストアなどでも手軽に購入できます。

正しいケアで生理前の肌荒れにさよなら



生理前はたくさんの不調が出がちですが、1番目目立つところに現れる、肌の不調はとてもつらいですよね……。
女性の心身はホルモンに振り回され、大変な思いをすることも多いですが、女性ホルモンは私たちが生きていく上でとっても大切なもの。
生理前の肌荒れは、正しいケアと規則正しい生活がとても大事になってきます。
より丁寧なスキンケアと規則正しい生活、食べ物に気を付けて、生理前の肌荒れを乗り切りましょう!

(まい)

この記事を書いたライター

まい
都内の大学に通う女子大生。毎日トレンド情報チェックしてます♡趣味はカフェ巡り、記事を書くこと♡

関連記事

今、あなたにオススメ