【ランキング】人気のクレンジングを徹底比較♡本当におすすめはコレ

あなたは普段、何気なくクレンジングを選んではいませんか?

実は、クレンジングはメイクが落ちれば何でも良いというわけではないのです。洗浄力の強いクレンジングを毎日使うと、敏感肌や乾燥肌の方は肌を傷つけてしまうかも……。

そのためクレンジングは、肌の状態やメイクの仕方によって変える必要があるんです!

そこで今回は、人気のクレンジングを比較してランキングにしてみました。各クレンジングの特徴や選び方についても紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪



目次

クレンジングの主な種類



現在、各化粧品会社から色々なクレンジングが販売されていますが、クレンジングの種類は大きく分けると6種類あると言われています。

そこでまずは、クレンジングの種類ごとに特徴をまとめてみました。普段使っているクレンジングがどの種類に当たるのか、しっかり把握してクレンジング選びの参考にしましょう。

オイルタイプ





オイルタイプのクレンジングは、その名の通り主成分がオイルです。そして、クレンジングの中では1番洗浄力が強いと言われています。しかしその分、洗浄力の刺激で肌に負担がかかってしまうことも……。

そんなオイルクレンジングですが、その中でも細かく3つの種類に分けることができます。

炭化水素系オイル


鉱物を精製して作られたオイルが主成分となっているクレンジングです。オイルタイプの中でも、非常に強力な洗浄力を持っているとされています。

エステル系オイル


化学的に合成されたオイルが主成分となっているクレンジングです。伸びが良くクッション性もあるので、クレンジングの際に起きるまさつを低減させる作りになっているのだとか。しかし、炭化水素系オイルに比べると洗浄力はやや劣ります。

油脂系オイル


植物性のオイルが主成分となっているクレンジングです。普段私たちの肌にある皮脂と似たような構造のオイルなので、オイルクレンジングの中では肌への負担が軽く作られています。

ミルクタイプ





ミルクタイプのクレンジングは、低刺激で肌に負担が少ないものが多いそう。含まれている水分量の割合が高いので洗顔後のツッパリ感もあまり感じられず、洗い上がりの肌をなめらかにするのが特徴です。しかし、低刺激なため、オイルタイプに比べると洗浄力は落ちてしまう傾向があります。

ジェルタイプ





ミルクタイプより洗浄力はあるけど、オイルタイプより肌への負担が抑えられる……といったように、オイルタイプとミルクタイプのちょうど中間くらいに位置しているのが、ジェルタイプのクレンジングです!

そんなジェルクレンジングは3つの種類に分けることができます。

オイルフリー水性ジェル


オイルを使っていない水性のクレンジングジェルです。マツエクをしている人が増えてきているので、マツエクのグルーを溶かさないオイルフリーのクレンジングはとても人気なんだとか。しかし、オイルが入っていないものに比べると洗浄力は劣るのが弱みかもしれません。

オイルイン水性ジェル


オイルフリーのクレンジングジェルと比較すると、オイルインの方が洗浄力は強いと言われています!しかし、油性よりは劣るといった、ジェルクレンジングの中でも中間くらいの洗浄力です。肌への負担も考えると全体のバランスが良いといえるでしょう。

油性ジェル


オイルタイプよりのクレンジングジェルになります。メイク落ちも良く、濃いめのメイクやウォータープルーフを使用していてもしっかり落としてくれる効果が期待できるアイテムです。

バームタイプ





手で温めることによって、固形からとろみのあるオイル状に変化するのがバームタイプの特徴になります。

バームはオイルを固めたものでできているため、オイルクレンジングと同様に洗浄力が高めです。また、肌を保護する成分が入っていることも多く、洗い上がりの肌にうるおいを与える傾向があります。

水タイプ





まるで水のようなサラっとしたテクスチャが特徴です。コットンに含ませて、拭き取るようにメイクを落とします。

オイルフリーの商品が多いですが、洗浄力は強め。肌がデリケートな時期は使用を控えるなど、工夫が必要になりそうです。

シートタイプ





あらかじめシートにクレンジングが含まれている作りになっており、メイクを拭き取るために使用するのがシートタイプの特徴になります。持ち運びもしやすく、どこでも使えるので利便性がとても高いですね。

しかし、シートでふき取ることによるまさつで肌にダメージを与えてしまう可能性があります。アルコールを含んでいる商品も多いので特に乾燥肌・敏感肌の方は注意が必要です。


クレンジングを選ぶポイント!



上記の特徴を元に、クレンジングを選ぶポイントをまとめてみました。おすすめできる人も合わせて書いているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

自分の肌タイプやメイクの仕方にあったクレンジングを見つけて、トラブルのない肌を目指しましょう。

よく落ちるのはオイルタイプ





こんな人におすすめ
・普段濃いめのメイクをしている
・ウォータープルーフを使っている
・油性肌

洗浄力が強いオイルタイプのクレンジングは、普段から濃いめのメイクをしている方におすすめです。しかし、洗浄力が強い代わりに肌に必要な皮脂まで余分に落としてしまい、乾燥からくる肌トラブルを招いてしまうことも……。そのため、元々油性肌で悩んでいる方には向いています。

「乾燥も気になるけどオイルタイプのクレンジングを使ってみたい」という場合は、オイルクレンジングの中でも肌への刺激を抑えて作られている油脂系クレンジングオイルを試してみると良いでしょう。

刺激が少ないのはミルクタイプ





こんな人におすすめ
・ナチュラルメイクをしている
・乾燥肌・敏感肌
・肌に負担が少ないものを使いたい

肌に低刺激と言われているミルククレンジングは、乾燥肌や敏感肌で悩んでいる方におすすめです。
ただし、肝心の洗浄力はいまいちなことも……。そのため、普段から日焼け止めやナチュラルメイクのみといった、薄めのメイクをする方に適しています。

もしも、濃いめのメイクやウォータープルーフを使っている場合、ミルククレンジングではメイクがしっかり落ちないこともあるので要注意。メイクを無理やり落とそうと強くこすらず、洗浄力の高いクレンジングに切り替えた方が、肌への負担を抑えることが可能になるでしょう。

バランスのいいジェルタイプ





こんな人におすすめ
・洗浄力も欲しいけど肌に優しいものを使いたい
・肌へのまさつを軽減したい
・さっぱりとした洗い上がりを感じたい

オイルクレンジングとミルククレンジングの良い所が少しずつほしい……という方におすすめです。

ジェルクレンジングは水性から油性まであるので、自分に合ったクレンジングを探すことも可能になります。とろみのあるテクスチャで、肌へのまさつも軽減できるよう工夫されています。

毛穴ケアもしたい人はバームタイプ





こんな人におすすめ
・洗顔後の乾燥が気になる
・毛穴汚れをしっかり落としたい
・肌への負担を軽減したい

オイルクレンジングに近い油性のバームクレンジングですが、保湿成分も配合されていることが多く、肌にうるおいを与えることが可能な作りになっています。毛穴の奥で酸化してしまっている汚れも浮かせて落としてくれる工夫がされているため、毛穴ケアにも効果が期待できそうですね!

W洗顔不要のものを選べば、肌への負担も軽減することが可能ですよ♪

忙しい人には水タイプ





こんな人におすすめ
・忙しくてクレンジングが面倒
・しっかりメイクを落としたい

水タイプのクレンジングは洗い流しや、洗顔も不要なので時短に繋げることができます。中には化粧水の役割まで担ってくれるものもあるのだとか!このように、水タイプのクレンジングはスキンケアに時間をかけたくない方におすすめです。

しかし、コットンを使うことによってまさつが生じやすく、肌にダメージを与える可能性もあります。そのため、忙しい時や疲れている時だけ使い分けるなど、工夫をする必要がありそうです。


おすすめのクレンジングランキング



クレンジングの口コミや公式サイトを基に、使用感やメイク落ち・コスパなどを重視したおすすめクレンジングをランキングにしてみました♪色々なクレンジングタイプを混ぜてのランキングなので、あなたの肌に合うクレンジングがきっと見つかるはず!ぜひ参考にしてみてくださいね。

1位 デュオ ザ クレンジングバーム





【どんな商品?】
デュオ ザ クレンジングバームは、クレンジング・洗顔・角質ケア・マッサージケア・トリートメントと5つの役割を果たすマルチアイテムでとても人気ですね。

オイルクレンジングに近い成分をもつバームタイプですが、31種類の美容保湿成分を配合していてクレンジング後の肌の保湿もばっちりなんだとか。さらに6つの無添加成分で肌への刺激をしっかりおさえてくれる工夫がされています。

【クレンジングのタイプ】
クレンジングバーム

【使用感】
始めは固形ですが、手に取って温めるとだんだん透明のオイル状へ変化するようです。少し重めなテクスチャですが、その分クッション性があるので肌へのまさつを軽減してくれ、フェイスマッサージも丁寧に時間をかけることができそうですね!洗い上がりも肌にうるおいを与える効果が期待できます。そのため、さっぱり感が好みの方はW洗顔をしたくなるかもしれません。

【メイク落ち】
濃いめのメイクやウォータープルーフなど使用していても、強くこすらずにすっきりメイクを落とすことが期待できます。

【コスパ】
90g 1,800円 5つの役割を果たしてくれることを考えるとコスパ◎

【ポジティブな口コミ】

手や肌が乾いた状態で、専用スプーンに山盛り一杯を手に取り、顔になじませるだけ。ぬるま湯でよく洗い流します。W洗顔は不要だから時短で嬉しい。
これ一つで、クレンジング・洗顔・角質ケア・マッサージケア・トリートメントの5つのスキンケアができます。メイクもしっかりとオフできて、小鼻のベタつきや黒ずみも、さっぱり落ちました。肌がつっぱらなくて気持ちのいい洗い上がりで気に入ってます。

引用元:@cosme


【ネガティブな口コミ】

乾燥しやすい敏感肌です。
以前、半年ほど使ってみましたが、最初は目から下は全く乾燥しないし洗い流した後のつっぱり感もないし素晴らしいと思いました。
そもそも皮脂も水分量も少ないタイプの乾燥肌のため、吹き出物なんかは半年に一度くらい額にできるかな、程度だったのですが、これを使い始めてからひとつきほどで額に2カ所くらい常に吹き出物が出る状態になりました。
頬や口周りなんかはむしろ乾燥もしないしとてもコンディションはよかったのですが、額だけに不具合が出たので使用を断念しました。

引用元:@cosme


2位 Cocone クレンジングバーム





【どんな商品?】
Coconeのクレンジングバームは、クレンジング・洗顔・毛穴ケア・エイジングケア・整肌・マッサージバーム・ひきしめケアと1つで7役を果たしてくれる超マルチ。その中でも毛穴ケアに特化しており、黒ずみや角栓にアプローチするよう工夫されています。無添加で肌への刺激も少なく、柑橘系の香りでクレンジングしながらリフレッシュすることもできそうです。マツエクにも対応しているのが嬉しいですね♡

【クレンジングのタイプ】
クレンジングバーム

【使用感】
つぶつぶ感のあるテクスチャで、敏感肌の方には少し刺激が強いかもしれません。保湿力の高いオーガニックオイルを配合しており浸透力のある海洋深層水を使っているので、洗い上がりの肌をなめらかにして、まるでエステ帰りのように肌が整うそうですよ♪

【メイク落ち】
メイク馴染みが良く、濃いメイクでも簡単に落とすことが期待できます。

【コスパ】
80g 1,980円 7役マルチを考えるとコスパ◎

テキスト

【ポジティブな口コミ】

バームのクレンジング、好きです。これは化粧落ちも他のバームと比べるといいし、使った後、肌に触ると肌がつるっとしていて毛穴のつまりも余分な角質もとれてる感じが実感できてかなりいい!

引用元:@cosme


【ネガティブな口コミ】

多分、私の肌が元から毛穴汚れがそこまでひどくないからかもしれませんが、それでも、オイリーな日は鼻に黒ぽつがちょっとできちゃうので、それを改善したくて買ってみたのに、なーんにも変化なしです。一応3カ月ほど使いました。
使い心地を言うなら、洗い上げすぎない、だけ?って感じです。メイクも落ちきらないので別の洗顔で2度洗いしてます。

引用元:@cosme


3位 カウブランド 無添加メイク落としオイル





【どんな商品?】
無添加メイク落としオイルは香料・着色料・エタノールなどが無添加で肌に優しく作られており、敏感肌の方でも使用することができます。

オイルクレンジングは洗浄力が強く、クレンジング後に肌が乾燥しやすいと説明しました。しかし、この無添加メイク落としオイルは、保湿成分である天然由来のセラミドを配合しています。

そのため、洗い上がりもしっかり保湿してくれる作りになっているのです。クレンジング後の乾燥が気になる方でも使用感に満足できそうですね!

ただし時間が経つにつれ乾燥はしてくるので、スキンケアはしっかり行ってくださいね。

【クレンジングのタイプ】
オイルクレンジング

【使用感】
とろみがあり、少し硬めのテクスチャのようです。ただし、クッション性があるので肌へのまさつは軽減してくれそう。

【メイク落ち】
オイルクレンジングだけあって洗浄力は抜群なんだとか。濃いめのメイクも落とすことが可能です。

【コスパ】
150ml 515円 プチプラ価格でコスパ◎

【ポジティブな口コミ】

ほかのSNSでも高評価だったので購入してしみました。使ってみた感想としては、メイクがすっきり落ちてくれます!もう一つのメイク落としは落ちはするんですがマスカラの部分までが完璧に落ちてくれず、二重、三重と洗う状態でした。このカウブランドは一回で落ちてくれるし肌ももちもちしている感触があって気に入っています^^値段もそんなに高くないのでお勧めです!

引用元:@cosme


【ネガティブな口コミ】

すごく話題になっていて口コミも良かったので一回使ってみたところ、赤くなって肌荒れしてしまいました。私には合わなかったみたいです……。

引用元:@cosme


4位 花王 メイクとろりんなで落ちジェル





【どんな商品?】
保湿成分58%配合のメイクとろりんなで落ちジェルは、敏感肌の方でも使用することができます。W洗顔不要のため、まさつからくる肌へのダメージを抑えることが期待できそうですね。また、ぬれた手でも使用することができるので、お風呂場で使えるのも嬉しいポイント!

他にも、ホワイトフローラルの香りでリラックスしながらクレンジングすることが可能に。メイク落ち・コスパ共にバランスの取れたクレンジングだといえるでしょう。

【クレンジングのタイプ】
ジェルクレンジング

【使用感】
柔らかすぎず、硬すぎずといった丁度いいジェルのテクスチャのようです。また、クレンジング後の肌にうるおいを与える工夫がされています。

【メイク落ち】
ウォータープルーフでも、ごしごしこすらず毛穴の奥からメイク汚れを溶かし落としてくれる作りになっています。

【コスパ】
170g 665円 プチプラ価格でコスパ◎

【ポジティブな口コミ】

とにかくジェルといえど、とろとろに肌に馴染んで優しく撫でるだけでメイクがとれる!!
そして洗い上がりもスッキリだけどつっぱらない!!!
私の中では満足度100%でした・今のところ次もリピートしたいなーーと思ってます!

引用元:@cosme


【ネガティブな口コミ】

不快な被膜感やつっぱる感覚もありませんが、綺麗にメイクが落ちている感じもなく、しっかり擦らないと小鼻にメイクが残ってしまいます。お風呂で使えることとコスパはいいですがリピはしないです。

引用元:@cosme



5位 チャコット クレンジングウォーター





【どんな商品?】
クレンジング・洗顔・化粧水の3役を担ってくれるオールインワンタイプです。コットンにつけて拭き取るタイプなので、水がない場所でもサッとメイクを落とすことが可能に。

無添加・低刺激処方で肌の負担が少ないうえに、マツエクもOKなのは嬉しいポイントですね。

【クレンジングのタイプ】
水クレンジング

【使用感】
化粧水のようなサラサラとしたテクスチャのようです。美容液などに含まれる保湿成分を主成分としているので、クレンジング後でも保湿力を高く保ってくれる工夫がされています。

【メイク落ち】
ステージ用の濃いメイクでも、一拭きでしっかりと落とせるほどの実力派なのだとか。

【コスパ】
500ml 1,200円 大容量でコスパ◎

【ポジティブな口コミ】

メイクが綺麗落ちる!そして、洗顔いらず!今までオイルなどで落として洗顔してたので顔が突っ張って痛みがあったりしたのですが、こちらはその心配がないです。
鼻の黒ずみなども無くなったように思います。
元々アトピー体質で肌が弱かったのですが、私にはすごく合っています。

引用元:@cosme


【ネガティブな口コミ】

コットンにたっぷり含ませると、確かにするんと一撃で落ちますが……アイシャドウは危険……
目にしみます……
私は目を開けられないほどの激痛です。
わかっているのに毎晩同じようなことをしてしまう……

引用元:@cosme



6位 カウブランド 無添加メイク落としミルク





【どんな商品?】
無添加・低刺激・シンプルな成分構成、と肌への負担軽減にとことんこだわったクレンジングです。保湿成分である天然由来のセラミドを配合しているので、クレンジング後でも肌のうるおいをキープしてくれます。

敏感肌・乾燥肌の方でも使用できると口コミでも人気なようです。

ぬれた手でも使用できるので、お風呂に1本置いておくと良いですね。

【クレンジングのタイプ】
ミルククレンジング

【使用感】
白濁色でとろみのあるテクスチャのようです。なめらかで良く伸びますが、肌へのまさつが気になる場合は、量を増やしての使用が良いかもしれません。

他にも、無香料なので香りに敏感な方でも使うことができます。しっとりとした洗い上がりでベタつきも少ないのが特徴です。

【メイク落ち】
2位の同ブランドである無添加メイク落としオイルと比較すると、メイク落ちは格段に下がります。ただし、薄めのメイクであれば問題なく落とせるので、ナチュラルメイクの方にはとってもおすすめなクレンジングといえそうです。

【コスパ】
150ml 500円 プチプラ価格でコスパ◎

【ポジティブな口コミ】

滑らかなミルクが肌に優しいけど、化粧をしっかり落とします。
乾燥している肌に丁度良い潤いがあります。
アレルギーテスト済みなので、安心して使えました。

引用元:@cosme


【ネガティブな口コミ】

お手頃なメイククレンジングミルクで肌に優しい感じがしました。
洗いあがりもしっとり感があっていいです。
でも、メイクの落ちはあまりよくないです。毛穴にファンデーションが残ります。

引用元:@cosme



7位 グライド・エンタープライズ クレンジングバーム





【どんな商品?】
ルルルンパックでおなじみのグライド・エンタープライズから発売されているクレンジングバームです。

3種類の植物由来成分を贅沢に配合し、肌に負担が少なく作られているのが特徴。W洗顔不要で伸びが良く、バームがしっかり密着してくれるので毛穴ケアにも挑戦できます。

【クレンジングのタイプ】
クレンジングバーム

【使用感】
シャーベットのようなテクスチャから、手で温めることによってなめらかなオイル状へと変化します。

【メイク落ち】
濃いめのメイクも一度でしっかり落としてくれる作りになっているので、何度も肌をこする必要がなく、まさつを軽減することが可能に!洗い上がりは肌にうるおいを与える作りになっているので、すっきりとした洗い上がりを好む方にはちょっと物足りないかもしれません。

【コスパ】
90g 1,892円 コスパは〇

【ポジティブな口コミ】

口コミも良いのと、お値段もお手頃なので購入してみました。しっかりメイクを落とせますし、洗った後もスッキリしています。コスパはかなり良いです。他の方も書いてましたが、目に入ったら凄く痛いのが惜しい!

引用元:@cosme


【ネガティブな口コミ】

コスパは良いですが、メイクの落ちと毛穴汚れの落ちが期待より落ちなかったので残念でした……

引用元:@cosme



8位 花王 素肌つるるんクレンジングウォーター





【どんな商品?】
素肌つるるんクレンジングウォーターは、メイク落としのほかに拭き取り化粧水としても使うことが可能です。片手でメイクを簡単に落とせるのでスウォッチ用として購入する方も。

保湿力が高い作りになっているため、乾燥肌の方でも使えます。W洗顔不要・マツエクOKも嬉しいポイントですね。

【クレンジングのタイプ】
水クレンジング

【使用感】
ボトルにコットンを押しつけるだけで簡単に適量取ることができる作りになっています。化粧水のようなサラサラとしたテクスチャで、洗い上がりも整った肌をキープする効果が期待できるようです。

【メイク落ち】
メイク落ちはいまいちで、ナチュラルメイク向きのクレンジングのようです。薄いメイクであればさっぱり落とすことができそうですね。ウォータープルーフや濃いアイメイクなどは、専用のリムーバーなどの使用がおすすめです。

【コスパ】
320ml 613円 プチプラ価格でコスパ◎

【ポジティブな口コミ】

素肌には「与える」よりも「取り除く」ことが大切……と個人的には思っています。
容量たっぷりで、リーズナブル、スーパーやドラッグストアでも手に入る……
この手軽さがいいですね。
しかもオイルフリー、アルコールフリー、無香料、無着色と私の大好きな文言が並んでいます。

引用元:@cosme


【ネガティブな口コミ】

とくに良さを感じませんでした。
ビオレは、私の肌にあまり合わない( ´Д` )
目のまわりがしみる……。乾燥感じる。

引用元:@cosme


9位 ドクターシーラボ ナチュラルクレンジングオイル





【どんな商品?】
美容成分が入った7種類の植物性オイル配合。無香料・無着色・無鉱物油・パラベンフリー・アルコールフリーで肌に負担が少ないクレンジングオイルをとことん追求しています。

クレンジングオイルの中では、保湿力はかなり良いとされていますが、エステル系オイルをベースとしているので、皮脂を余分に奪ってしまう可能性もあります。乾燥肌・敏感肌の方は注意が必要です。

また、マツエクには対応していません。

【クレンジングのタイプ】
オイルクレンジング

【使用感】
無臭で水のようなテクスチャのようです。軽い使用感が好きな方に向いているかもしれません。

【メイク落ち】
オイルクレンジングのために洗浄力は強めで、濃いメイクも落とすことが可能な作りになっています。

【コスパ】
150ml 2,138円 コスパは△

【ポジティブな口コミ】

落ちにくいアイメイクが簡単に落ちるので重宝しています。また、目に少し入ってしまっても、目が染みて痛いということがないので助かっています。
洗い流した後も肌が潤っていて気持ちがいいです!

引用元:@cosme


【ネガティブな口コミ】

クレンジング効果は普通かな、ずっとリキッドタイプのを使用していたため、洗い上がりのヌルヌル感が気になりました。

引用元:@cosme



10位 マナラ ホットクレンジングゲル





【どんな商品?】
91.3%の美容成分を配合しており、まるで美容液のようなクレンジング。無添加で肌に刺激が少なく作られているのだとか。クレンジング中も、柑橘系の香りで心地よい気分にしてくれるはずです♪

ぬれた手では使用できませんが、W洗顔不要な作りになっています。粘度が高めなので、すすぎ残しには注意しましょう。

【クレンジングのタイプ】
ジェルクレンジング

【使用感】
オレンジ色の硬めなテクスチャで、手にとって広げることにより柔らかくなるようです。肌に馴染ませていくと、だんだん温まってくるので1分ほど顔をマッサージすると良いでしょう。

【メイク落ち】
ベースメイクと相性が良く、ナチュラルメイク派に向いていそうです。アイメイクは落ちづらいようなので、ポイントメイク落としやリムーバーであらかじめ落としておくと良いですね。

【コスパ】
200g 3,800円 たくさん入って2カ月使える〇

【ポジティブな口コミ】

オレンジ系のいい香りがして、ストレスなく使えます。すっきり落ちます。
温感アイテムを使ったことがなかったので最初「めちゃめちゃ熱くなっちゃったらどうしよう……」といらぬ心配をしていました笑。
ほんのりじんわり温かいという感じです。

引用元:@cosme


【ネガティブな口コミ】

ジェルを乗せると温かくなり、メイクを落とします。
洗浄力は高い方ですが、肌はカサカサして、乾燥する感じがします。
歳をとってからだと、これくらいでも乾燥するので、私には合いませんでした。

引用元:@cosme



クレンジングを効果的に使う方法





どんなに良いクレンジングを使っても、どんなに自分の肌にあったクレンジングを使っていたとしても、クレンジングを正しく使わなければ肌トラブルの原因になってしまう可能性があります。

これからクレンジングを効果的に使う方法についてご紹介するので、自分のクレンジング方法が間違っていないかしっかりと確認して、正しくクレンジングを使いましょう♪

クレンジングの前に手を洗う





肌に触れる手が清潔でないと、ニキビや肌荒れといった肌トラブルの原因になってしまいかねません。また、クレンジングの効果が落ちてしまう場合も……。このような事態を防ぐためにも、クレンジングをする前に石鹸でしっかりと手を洗い、清潔な手で肌に触れるようにしましょう。

肌がぬれていない状態で使用する


肌や手がぬれている状態でメイクを落とすと、クレンジングの効果を十分に発揮できない場合があります。今はぬれた手でも使用できるクレンジングがたくさんありますが、基本的には肌が乾いた状態での使用がおすすめです。

落とすときはポイントメイクから


クレンジングをする時は、メイクの濃い部分から優しく落としていくようにしましょう。そうすることでメイクの薄い場所を余分にこする必要がなくなり、まさつによる肌への負担をおさえることが可能になります。

クレンジングは肌にしっかりなじませる





クレンジングは肌になじませることによって、メイクをしっかり浮き上がらせる働きをすると言われています。そのため、肌になじむ前にクレンジングを流してしまうと、メイクが肌に残ってしまい肌トラブルの原因となる場合があるので気をつけましょう。

洗い流す時はぬるま湯で


シャワーなどの熱いお湯で顔を洗うと、肌の必要な皮脂まで余分に洗い流してしまう可能性が高まってしまいます。クレンジングを洗い流すときは、ぬるま湯(32度程度)でクレンジングを流すようにしましょう。フェイスラインやおでこの生え際など、すすぎ残しにも気をつけてくださいね。

清潔なタオルで顔を拭く


せっかくきれいにクレンジングしたのに、汚れたタオルで顔を拭いてしまっては意味がないかもしれません。顔を拭く時は、必ず清潔なタオルを使用するようにしましょう。また、タオルでゴシゴシと顔を拭くのは禁物です。優しくポンポンするような感じで、肌に与えるまさつを軽減しながら水分を拭き取るようにしましょう。


人気クレンジングを比較してみて





比較した結果、商品によって差はありますが、洗浄力が強ければ肌に負担がかかりやすい傾向があります。逆に、肌への優しさを考えると洗浄力がいまいち……というように洗浄力と肌への優しさは反比例するようです。

どんなに人気のクレンジングだとしても、誰が使ってもすごく良い!というクレンジングはないかもしれません。そのため、自分の肌の状態やメイクの仕方によって、ちょうど良さそうなラインからクレンジング選びを始めてみると◎

自分にぴったりのクレンジングを見つけて、すっぴんでもきれいな肌を目指しましょう♪


(いいもの調査隊♡ハルカ)

関連記事