バストの平均サイズはどのくらい?サイズの測り方&男性の理想サイズ

「自分のバストサイズが平均よりも小さいか大きいか気になる」という女性は多いのではないでしょうか?

バストの平均サイズは人種や時代によって、また年齢によっても異なってくるものです。そこでこの記事では日本女性の年齢別の平均バストサイズに加えて、自分のバストサイズを正しく測る方法についてご紹介していきます。

また、小胸に悩む女性のために平均サイズまでバストアップする方法についても取り上げているので、ぜひ最後までご覧くださいね♪

目次

日本人のバストサイズの平均とは?


「他の人よりも小さいかも……」と人知れず悩んでいる女性も少なくないはず。しかし、実際に日本人の平均バストサイズを知っている女性はそう多くはありません。

ここではまず、日本人女性のバストサイズの平均について確認しておきましょう♪

B~Cカップが平均的



厚生労働省による「国民健康・栄養調査」では、性別や年齢別に身長や胸囲の平均サイズのデータが公開されています。こうしたデータによると、日本人女性の平均バストサイズはB~Cカップ。

つまり、「Aカップ以下だと平均よりも胸が小さい」「Dカップ以上だと平均よりも胸が大きい」と言えるでしょう。

昭和世代に比べると平均サイズがアップ!



昭和世代と比べると、「最近の10代や20代の女性は身長も高くスタイルもいい」というイメージがありますよね。

厚生労働省による「国民健康・栄養調査」のデータを見ると、ここ数十年の間に日本人女性の胸囲が大きくなっていることがわかります。

実際に、1980年代はAカップが最も多かった一方で、現在ではB~Cカップが平均的なカップ数となっていますよね。

これは、数十年前に比べると食事の欧米化が進みバストアップしやすい条件が整ったことが要因であると言われているんです。

アメリカ人の平均はD~Eカップ



日本人女性の平均バストサイズは着実に大きくなっているとは言え、アメリカと比べると小胸の女性が多いのもまた事実。

アメリカと日本ではブラジャーのサイズが異なりますが、日本のサイズに直すと、アメリカ人の平均バストサイズはD~Eカップだと言われています。

ただ、注意したいのがアメリカは肥満大国であるということ。体重が増えると胸の脂肪も増えるため、おのずとバストサイズが大きくなりますよね。

日本人と比べるとふくよかな体型をしているアメリカ人が多いというのも、アメリカの平均バストサイズが日本より大きい要因だと考えられるでしょう。

日本人はバストが小さい?



「欧米人と比べると日本人は胸が小さい」という話をよく耳にしますよね。しかし、一概に事実であるとは言い切れないんです。

日本人女性は先進国の中でも、特に痩せ型が多いことで有名。スタイル維持のために、食事制限などのダイエットをストイックに続けている女性も多いですよね。

痩せ型だと胸の脂肪もつきにくくなるため、どうしてもバストが小さくなってしまいがち。「細くなければ美しくない」という考えが和らげば、日本人女性の平均バストサイズも大きくなるのかもしれません。

年齢によっても変わる?年齢別のバストの平均サイズ


数十年前と現在とでは日本人女性のバストサイズが変わってきているということは、年齢によって平均カップ数にも差があるということ。

自分と同世代の女性の平均バストサイズが気になっている方も多いのではないでしょうか?そんな女性のために、ここからは10代から50代まで、年齢別のバストの平均サイズをご紹介していきます♪

10代はA~Bカップ



思春期になると体が女性らしく発達し、胸もふくらんできますよね。

そんな発達途中の10代前半の女の子と、成長期を過ぎて大人の女性の体型になった10代後半の女性のバストサイズを合わせて平均値を取るため、10代ではA~Bカップが1番多いんです。

20代はB~Cカップ



20代になると女性らしい体つきが完成されるため、10代と比べると平均バストサイズもアップします。

そのため、B~Cカップが20代女性の平均バストサイズとなっています。

30・40代はB~Cカップ



晩婚化が進んでいる現代では初産の年齢も年々上がっており、女性の平均出産年齢は30歳を超えるようになっています。出産の影響で一時的に胸が大きくなる女性も多いですよね。

また、30代から40代にかけては体系の変化が生じやすくなる年代でもあります。そんな30・40代の平均バストサイズはB~Cカップほど。

50代以降はA~Bカップ



50代以降の女性は、1970年代以前に生まれた世代。食の欧米化が現在ほど進んでいなかった世代でもあります。

そのため、若い世代と比べると平均バストサイズはA~Bカップと小さめです。

バストの平均サイズを知るために!正しい胸の測り方


みなさんは自分の正確なバストサイズを知っていますか?実は、意外と多くの女性が自分のバストサイズを把握できていないんです。

日本人女性の年齢別の平均バストサイズがわかったところで、自分のバストサイズがわからなければ、平均サイズと比較できないですよね。

自分のバストサイズを測るために実践したいのが、以下の4つのポイントです。

・計測に必要なものを用意する
・計測する場所を知る
・姿勢を正した状態で測る
・メジャーを正しく使う


用意するものは?



バストサイズの計測を行うにあたって用意したいのは、以下の4つです。

・メジャー
・全身鏡
・ブラジャー
・薄手のトップス


メジャーに関しては、体のラインにフィットできるような、バストサイズを計測しやすい柔らかいタイプを用意しましょう。

また、自分でバストサイズを測ると背中部分でメジャーが歪んでしまうことが多いので、全身鏡でチェックしながら計測するのがポイント。

ブラジャーをつけ、キャミソールや肌着のような薄手のトップスを着用した状態で計測すると、より正確なバストサイズを測れますよ♪

どこを測ればいいの?



バストサイズの計測で採寸するのは、トップバストとアンダーバスト。トップバストとは、胸が最も高くなる乳首の位置のことです。

一方、アンダーバストとは胸のふくらみのすぐ下の部分のこと。どちらの箇所も、メジャーがたるんだり歪んだりしないように、肌にピッタリと密着させた状態で測りましょう♪

姿勢を正した状態で測る


実は背中を曲げた状態だと、正確なバストサイズが測れないということをご存知でしたか?背筋が曲がっていると、本来のバストよりも小さいサイズになってしまうのです……!

そのため、全身鏡の前に立ち背筋をシャンと伸ばした状態でバストサイズを計測しましょう♪

メジャーの使い方



「メジャーが歪んで正しいバストサイズが測れない」という悩みもよく聞きますよね。
胸から背中に回すとメジャーが歪んでしまいやすいのでNG。背中から脇の下に通して、胸の前にメジャーをもってくるようにしてみてください。

鏡で後ろ姿を確認しながらメジャーを使うことで、より正確なバストサイズが測れますよ♪

バストの平均サイズは男女によって感じ方が違う?


データにもとづいた日本人女性の平均バストはB~Cカップですが、女性と男性によって理想のバストサイズは異なるもの。

ここからは、理想のバストサイズの男女差について詳しく見ていきましょう!

女性の理想サイズはCカップ



小さな胸にコンプレックスを抱く女性も多いものの、「胸を大きくしたい」という女性はそう多くありません。多くの女性にとっての理想のバストサイズはCカップ。

男性の理想サイズはDカップ



Cカップが理想のバストサイズだと感じる女性に対して、多くの男性はDカップが理想のバストサイズだと考えているようです。

やはり、女性と比べると男性のほうが大きな胸を好むのでしょう。

バストサイズに対する男性の意見は?



世の男性たちは、女性のバストサイズについてどのような意見を持っているのでしょうか?SNSなどでは、「やっぱり大きい胸が好き」と公言する男性も少なくありません。

また、中には「胸が小さい女性にこそ魅力を感じる」という男性も……!

バストを平均サイズまで大きくしたい!大きくする方法はある?


「胸の小さいことにコンプレックスを感じている」という女性も少なくないはず。成長期を過ぎると胸は育たないというイメージがありますが、実際には正しいバストアップ方法を実践すれば、何歳からでも胸を大きくすることが期待できます。

バストを平均サイズまで大きくしたいならば、次の4つのバストアップ方法がおすすめ♪

・大胸筋のトレーニング
・バストアップマッサージ
・生活習慣を整える
・ナイトブラをつけて寝る


ここからは、1つずつ詳しく見ていきましょう。

大胸筋を鍛える



女性よりも胸の大きなボディビルダーの男性もいますよね。ボディビルダーの胸が大きいのは「大胸筋」を鍛えているから!大胸筋は胸を支える土台的な存在なので、トレーニングやエクササイズで鍛えることで胸に厚みが出るのです。

痩せ型で胸に脂肪が少ない女性でも、腕立て伏せなどを行い大胸筋を鍛えれば、ボリューミーな胸が目指せます。

また、大胸筋は垂れ乳や離れ乳などバストの型崩れの悩みも解消してくれるので、まさに一石二鳥と言えるでしょう♪

バストアップマッサージをする



入浴中やお風呂あがりなど、体が温まった時にバストアップマッサージをするのもおすすめ♪マッサージによって乳腺の発達を促すことで、バストアップを叶えることが期待できます。

冷えやむくみを解消する効果もあるため、育乳しやすい状態に導くことができるでしょう。

また、マッサージを続けることで垂れ乳などをケアして、丸みのある理想的なバストに整えることも可能。バストの形が整うとカップ数がアップするという嬉しい効果も実感できます。

生活習慣を改善する



食事制限など、無理なダイエットをしている女性も多いのでは?こうしたダイエットをすれば、たしかに体重は落ちますが、胸からも脂肪が落ちてしまうでしょう。

胸を大きくしたいなら、栄養バランスのとれた食事を3食きちんと摂ることが大切。育乳効果が期待できる、イソフラボンや良質なたんぱく質が豊富に含まれる食材を積極的に摂るのも効果的です。

また、睡眠中に成長ホルモンと女性ホルモンが分泌されることで胸が大きくなるため、質の良い睡眠をとるように心がけましょう。

ナイトブラを使う



日中に筋トレやバストアップマッサージを頑張っても、寝る時にノーブラだとバストアップ効果は十分に得られません。

寝ている間にも胸は揺れや重力のダメージを受けているため、ナイトブラを使ってしっかりとケアしてあげることが大切なのです。

ナイトブラには、睡眠時のデリケートな胸を守るという役割に加えて、バストの形を整えバストアップしやすい状態へと導くという役割もあります♪

初めての方におすすめのナイトブラはViage(ビアージュ)!シンプルなデザインながら、3D構造や快適なノンワイヤーなど機能性を追求した商品になっています。

カラーバリエーションも豊富なので、せっかくなら好きな色のナイトブラを使いたい!という方にもおすすめです。下記の公式サイトもぜひ、チェックしてみてくださいね♡

『Viage(ビアージュ)』公式サイトもチェック♪

自分のバストサイズを正しく把握しよう!


今回は日本人女性の平均バストサイズについて特集してきましたが、いかがでしたでしょうか?

メジャーの使い方をマスターして、まずは自分の正確なバストサイズを把握してみましょう。そのうえで、自分のバストサイズが平均と比べてどうなのかチェックしてみてください。

理想のバストサイズは人それぞれとは言え、胸が小さすぎるとどうしてもコンプレックスを感じてしまいますよね。「小さい胸を平均サイズにまで近づけたい」という時には、今回ご紹介したようなバストアップ方法を実践しましょう。

「継続は力なり」という言葉があるように、数カ月単位で継続することでバストアップを実現できるはずですよ♪

(いいもの調査隊♡ハルカ)