「さっきのね…」彼が教えてくれた恐ろしい声の正体【本当にあったちょっとこわ〜い話Vol.5】

連載
本当にあったちょっとこわ〜い話
本当にあったちょっとこわ〜い話
「本当にあったちょっとこわ〜い話」ではイラストレーターのかとさんが実際に体験したお話をご紹介。"ちょっとだけ"怖い話、なのでホラーが苦手だけれど、読んでみたいという方にもおすすめのストーリーです。
「怖いけれど読みたい!」怖い話って、そんな気持ちをかき立てられますよね。

連載【本当にあったちょっとこわ〜い話】では暑い季節にもぴったりなひやりとするストーリーが盛りだくさん。

イラストレーターのかとさんが実際に体験した「ちょっとだけ」怖い話をお届けします!

「本当にあったちょっとこわ〜い話」第二夜〜声〜2話


今夜お届けするのは「本当にあったちょっとこわ〜い話」第二夜〜声〜2話。

霊感のある彼と一緒に行きつけのレストランで食事をした日のこと。

かとさんはお店から出たところで声のようなもの耳にしました。

不思議に思い振り返ってみるとそこには誰もいません。気のせいだったかな……と思っていると……?






気のせいだと思っているかとさんに、彼は「気のせいじゃないよ」と言います。

なんと声の正体は幽霊だったそう。思わず後ろを振り返って確認しようとすると……?

次回もお楽しみに!

(かと)
1

この記事を書いたライター

かと
猫を愛するブロガーです。ブログ【かとさンちの愉快な毎日】で 『5才で熱性けいれんになった話』『幼児自慰体験談』など、主に育児系・日常系のコミックエッセイを連載しています。インスタフォロワーは10万人を突破しました。

関連記事