「わ、わたし…」通勤途中の新人さんからの衝撃の電話【女社会の知られざる闇 Vol.138】

連載
女社会の知られざる闇
女社会の知られざる闇
ドス黒いモノが漂う女社会。その闇をこっそりお教えしましょう……。アパレル業界をめぐる「女社会の闇」を描いたコミックエッセイ。身バレ、人物特定を防ぐためフェイクを入れてます。
ドス黒いものが漂う女社会。その闇をこっそりお教えしましょう……。

ゆき蔵さんのコミックエッセイ【女社会の知られざる闇】。アパレル業界をめぐる「女社会の闇」を描きます。

女社会の知られざる闇 Vol.138



小鳥さんは電車に乗ろうとすると、鼓動がどんどん早くなっていくのを感じます。

そして店舗に電話をかけ、ゆき蔵さんと話しはじめました。






電話で息絶え絶えに、呼吸ができないことを伝える小鳥さん。

これはゆき蔵さんたちが考えているよりも、小鳥さんが抱えているものは大きいのかもしれません……。

彼女は大丈夫なのでしょうか?


「女社会の知られざる闇」は毎日更新中!

(ゆき蔵)
1

この記事を書いたライター

ゆき蔵
年の差20歳夫婦。最愛の夫と2人で生きています。インスタグラムのフォロワーは1万人を突破。職場トラブル、婚活、恋愛系、自身の結婚生活を描いたコミックエッセイなどを日々投稿しています。

関連記事