セルフでもおしゃれに! この夏注目”ラグーンネイル”のやり方【イラストコラム】

今年大流行中のヒトデやシェル、珊瑚モチーフのアクセサリー。夏のファッションに取り入れているという方も多いのではないでしょうか? そんなマリンファッションに是非合わせて欲しいネイルが”ラグーンネイル”です♪
ラグーンネイルのやり方
ラグーンネイルのやり方

今回は、ジェルとマニキュアそれぞれでできるラグーンネイルのやり方をご紹介します。
ラグーンネイルのやり方【イラストコラム】
ラグーンネイルのやり方【イラストコラム】

マニキュアの場合、必要な色味はホワイトとブルー(海に近いエメラルドグリーンなどの色も綺麗です)。 ポイントとして、ラメマニキュア(ホログラムはなく細かいラメです)があると可愛く仕上がります。
ジェルの場合は同じくブルーとホワイト、そしてクリアのジェルを用意してくださいね。
ヒトデやシェルパーツは100円程度で販売しているので是非ラグーンネイルをする際は合わせて使って欲しいアイテムです!
ラグーンネイルのやり方【イラストコラム】
ラグーンネイルのやり方【イラストコラム】

ジェルネイルの場合はドロップネイルという手法で海面を描きます。硬化する場所はベース(青)を塗った後と、海面ができあがった後です。白を塗った後には固めないよう注意してくださいね。
マニキュアでもジェルのやり方をまねればできないこともないのですが、スピードも必要で難しめなので、あまりおすすめはできません。
マニキュアの場合は、白いベースに青で丸を描いていく方法がきれいで簡単にできますよ♪ 丸や五角形の模様を描きながら、白い部分が細い線になる様に調整してみてくださいね。
ラグーンネイルのやり方【イラストコラム】
ラグーンネイルのやり方【イラストコラム】

海面ができた後は、パールやストーン、シェルパーツなどを使ってデコレーションしていきましょう。全体のデザインにピンク色を入れれば人魚のように、ブルーやネイビーでまとめればマリンネイルっぽく仕上がります。
マニキュアだけどベースの青をグラデーションにしたい! という方は、先に青で海風のベースを作り、白いマニキュアやアクリル絵の具で白い線を、細い丸の様に描いていきましょう。
こちらも少し難しいですが、慣れれば簡単です♪

今年の夏はアクセサリーに合わせて、人魚の様なネイルに是非チャレンジしてみてくださいね♪
(秋花)

この記事を書いたライター

秋花
イラストレーター・クリエイター 海底、女性、動物等がモチーフのイラストを描いています。アクセサリーやお菓子作り、ネイルなどの趣味を楽しんでいます

関連記事