BBクリームだけでベースメイク完成ってOK?正しい使い方を解説!

BBクリームは時短でベースメイクが完成する優れもの。普段から使っているという方も多いとは思いますが、BBクリームの役割や正しい使い方を知らずに使っていませんか?実は、BBクリームは使いこなせるようになるととても便利で美肌になれる、魔法のコスメです!

そこで今回はBBクリームってなに?という疑問や、BBクリームだけでベースメイクをするときの正しい使い方などをご紹介します。あわせておすすめのBBクリームもご紹介するので、ぜひチェックしてくださいね!



目次 [開く]

BBクリームだけ塗ってるけど……そもそもどんなもの?


ベースメイクは、日焼け止めや化粧下地、コンシーラー、ファンデーションなどいくつものアイテムを重ねる工程があるので、時間がかかってしまいがちですよね。そのため、BBクリームだけでベースを仕上げている、という方も多いでしょう。



今ではすっかり定番のコスメとして知られているBBクリームですが、そもそもどんなものなのでしょうか?まずは、BBクリームの役割についてをご紹介します。

BBクリームとは?


BBクリームとは、日焼け止め・化粧下地・コンシーラー・ファンデーションの機能が一つになったオールインワンコスメです。面倒なベースメイクの工程もBBクリームだけで済み、時短でメイクできるという点が最大の魅力と言えます。時間がないときや軽くメイクをしたいときに重宝する便利なアイテムです。



またBBクリームの『BB』とは、Blemish Balm(ブレミッシュバルム)の略です。ブレミッシュは「傷」という意味があり、商品が生まれた背景には、傷を隠すための軟膏として作られた経緯がありました。医療目的として使われていたのでカバー力に優れており、それが注目されてメイクアップアイテムとしても広まり、今では人気のアイテムとなっています。

意外と知らない?BBクリームとCCクリームの違い


BBクリームと類似した「CCクリーム」もよく聞きますね。この二つの違いはご存知でしょうか?CCクリームは、『Color Control(カラーコントロール)』の略で、BBクリームと同様に、化粧下地や日焼け止めなどの役割を持つオールインワンコスメです。



カバー力が高くファンデーションの役割を果たすBBクリーム比べ、CCクリームは肌のくすみや赤み、黄みをカバーする肌色補正の役割を持っています。そのためCCクリームの方がナチュラルな仕上がりになるので、しっかりメイクに見せたい方は仕上げのファンデーションが必須になります。素肌っぽさを残しつつ、肌色を補正したいときはCCクリームを使うのがおすすめです。



またBBクリームとCCクリームを併用することで、肌補正しながらニキビやシミをカバーできます。この二つを上手に使い分けて、肌の部分やお出かけ用途によって違うお悩みをカバーしましょう!

BBクリームだけのベースメイクって大丈夫?




オールインワンコスメのBBクリームですが、ベースメイクがそれだけで本当に大丈夫なのでしょうか?メイクは、ベースがきちんとできていると、全体の仕上がりが綺麗に見えるので、とても重要になります。そこで、ベースメイクをBBクリームだけで仕上げるときのコツや注意点をご紹介します。

肌にお悩みがない女性なら綺麗に仕上がる&時短になる




もともと肌がきれいで肌にお悩みが少ない方であれば、BBクリームだけでもベースメイクが綺麗に仕上がります。BBクリームを全体に塗ったあと、もし気になる部分があればさらに上から重ね塗りすると、より目立たなくなります。このひとつで綺麗な肌に仕上がるなら時短にもなるので、とても便利ですよね!

肌トラブルが気になるならファンデーション・コンシーラーでカバー




BBクリームだけではどうしても肌トラブルが気になる、という場合はファンデーションやコンシーラーを使うのがいいでしょう。カバー力の高いファンデーションやコンシーラーを使い、気になる部分にだけ重ねて塗ると厚塗りになる心配もありません。

アラフォー女性は老けて見えることもあるので注意


便利なBBクリームですが、アラフォー女性は商品の選び方や使い方を注意しなければ、かえって老けて見えることもあります。40代は、長年受けてきた紫外線のダメージが現れやすくなり、肌が乾燥しやすくなるなどお悩みが増える年代。また肌のバリア機能が低下してくるので、敏感肌になってしまうなど肌質が変わることもあります。



だからといってBBクリームを塗り過ぎると厚塗りになってしまうので、アラフォーに合う商品を正しく使うようにしましょう。アラフォーの方には、保湿力がある・カバー力が高い・ツヤ肌に仕上がるものがおすすめです。くれぐれも、厚塗りにならないように気をつけてくださいね。

これだけでベースが完成!BBクリームの正しい使い方




時短でベースメイクができて、肌のお悩みもしっかりカバーしてくれる魅力いっぱいのBBクリーム。普段メイクからしっかりメイクまで幅広いシーンで大活躍すること間違いなしです。さらにBBクリームは正しい使い方をすれば、ベースメイクをより綺麗に仕上げることができるので、BBクリームの使い方をマスターしましょう!

スキンケアを済ます


BBクリームを使用するときは、スキンケアをしっかり行うことが大切です。スキンケアが十分できていないと肌が乾燥してしまい、メイク崩れやヨレの原因になってしまうため、スキンケアで保湿をしっかり行いましょう。保湿がしっかりできていると、BBクリームのノリが良くなるというメリットもあります。



BBクリームを使う前のスキンケアは、洗顔のあと化粧水をたっぷりと肌につけます。肌がひんやりしてきたら、化粧水が肌にたっぷり浸透した証拠です。それでも肌の乾燥が気になる、というときはパックをするのもおすすめ。化粧水やパックで肌を保湿したあとは、水分が逃げないように乳液でフタをするのも忘れないようにしましょう。

小豆1粒ほどの量を手のひらに出す




BBクリームはカバー力が高いため、付けすぎてしまうと厚塗り感が出てしまいます。厚塗り感がでないように、BBクリームは小豆1粒ほどの量を手のひらに出して使いましょう。BBクリームを塗り終わったあとに、物足りないなと感じたときは、カバーしたい部分に少しずつ付け足していくことで、ナチュラルにカバーできます。

おでこ・鼻・両頬・あごの5点におき、均等に伸ばす




BBクリームを手のひらにだしたら、おでこ・鼻・両頬・あごの5点におき均等に伸ばします。5点おきをすることで、BBクリームの付けすぎを防ぐことができ、均等にムラなく塗れます。BBクリームを塗るときは、手やブラシなどを使って肌全体に均等に伸ばしましょう。


パフまたはスポンジを使ってなじませる




BBクリームを顔全体に塗り終えたら、パフまたはスポンジを使って肌になじませます。このひと手間をすることで、BBクリームがより肌に密着し、余計な油分もとれるので化粧崩れ防止になります。外出先でパフやスポンジがないときは、ティッシュで代用できるのでぜひ試してみてください。

フェイスパウダーをふんわり重ねる




BBクリームだけで仕上げると肌がベタついてしまうので、最後にフェイスパウダーを重ねましょう。BBクリームの上からフェイスパウダーをふんわり重ねると、程よいツヤ肌に仕上がります。Tゾーンや目の下など、ヨレやすい部分は小さいブラシやスポンジの端などを使って、フェイスパウダーを更に重ねるとヨレにくくなります。

BBクリームだけのベースメイクにも!人気アイテムを紹介♡


BBクリームは、今では様々なブランドから販売されており、種類もたくさんあるのでどれを選べばよいか迷っている方も多いはず。そこで、特に人気のBBクリームをご紹介するので参考にしてくださいね!

【雪肌精】ホワイトBBクリーム モイスト 30g




雪肌精の『ホワイトBBクリーム モイスト』は、日焼け止め・化粧下地・ファンデーションに加え、美容液・乳液・クリームのスキンケア機能を兼ね揃えた優秀なBBクリームです。こちらはモイストタイプで、しっとりとするので乾燥しにくいため、メイク崩れも気になりません。

またカバー力も抜群で、毛穴やシミをしっかり隠してくれるのに、ナチュラルな仕上がりになります。SPF40/PA+++でUVカット効果も高く、紫外線から肌を守ってくれる優れもの。夏は紫外線、冬は乾燥が気になる方がオールシーズン使えるBBクリームなのでおすすめです。

【MISSHA(ミシャ)】BBクリーム UV


韓国発のプチプラコスメブランドミシャの『BBクリーム UV』は、カバー力・UVカット効果が抜群でとても人気のアイテムです。重めのテクスチャーですが、少量で伸びが良く塗り広げやすいので、ムラになりにくいです。グレーがかった色味のBBクリームですが、付けると肌になじみトレンドのセミマット肌に仕上がります。

SPF40/PA+++と紫外線カット効果が高く、強い日差しから肌を守ってくれます。また、ヒアルロン酸やアルブチンなどの保湿成分が配合されているので、乾燥しにくく化粧崩れを防いでくれる効果があります。

【LA ROCHE-POSAY(ラ ロッシュ ポゼ)】UVイデアXLプロテクションBB




紫外線や乾燥、大気中物質の付着など環境ストレスから肌を守ってくれて、敏感肌の方でも安心して使えるBBクリームです。また、肌を整える成分であるラ ロッシュ ポゼターマルウォーターも配合されており、軽い付け心地でベタつきも気になりません。

SPF50+、PA++++とUVカット効果が高いので、年中紫外線から肌を守る事が可能。紫外線効果が高く、敏感肌でも使えるBBクリームを探している方は、ぜひ試してみてください。価格は30mlで3400円。

【ちふれ】ちふれBBクリーム




日焼け止め・化粧下地・コンシーラー・ファンデーションの役割がある、ちふれの多機能BBクリーム。更に美容液と乳液の機能も備えているのに800円と、お財布に優しくコスパ抜群です!プチプラですが、肌の色ムラやシミ・そばかすなどの肌悩みをしっかりカバーしてくれる優秀アイテムです。

ちふれのBBクリームには、保湿成分であるヒアルロン酸やトレハース、オウゴンエキス、アセチル化ヒアルロン酸、グリチルリチン酸ジカリウムが配合されているので、乾燥も防いでくれます。BBクリームだけで毎日メイクをする、という方にぴったりなプチプラBBクリームです。

【dプログラム】アレルバリア エッセンスBB




dプログラムの『アレルバリア エッセンスBB』は、アレルバリアテクノロジーを搭載したBBクリームで、花粉やちり・ほこりなどから肌を守ってくれます。さらに、紫外線吸収剤を使用していないノンケミカル処方で、パラベンフリー・鉱物油フリー・無香料なので敏感肌の方におすすめ。

伸びのよいサラッとしたテクスチャーが特徴で、軽い付け心地なのにシミやニキビ跡などもしっかりカバーしてくれます。BBクリームなのに、重ねても厚塗り感なく自然な仕上がりになりますよ。価格は40mlで3000円。

【毛穴パテ職人】ミネラルBBクリーム NM




毛穴パテ職人の『ミネラルBBクリーム NM』は、毛穴をしっかり隠してくれるプチプラBBクリーム。カバー力抜群なので、コンシーラーを重ねる必要もありません!また超微粒子型密着パウダー配合で、塗るとすぐに肌に密着して動かず、崩れ知らずのサラサラなマット美肌に。ヒアルロン酸が入っているので、マットな仕上がりでも乾燥が気になりません。価格は30gで1200円。

BBクリームだけでも美肌は作れる!




今回はBBクリームの役割や正しい使い方をご紹介しました。BBクリームだけでベースメイクをキレイに仕上げるためには、自分の肌の肌悩みに合わせたBBクリームを使うことが大切。BBクリームを正しく使ってワンランク上のメイクに仕上げましょう!

(まい)

この記事を書いたライター

まい
都内の大学に通う女子大生。毎日トレンド情報チェックしてます♡趣味はカフェ巡り、記事を書くこと♡

関連記事

今、あなたにオススメ