【基本のアイメイク】知っておくべきブラシの使い方&選び方♡ 差がつくメイクテクを動画レクチャー

メイクの仕上がりを大きく変えるブラシ。チップ付属のアイシャドウも多いですが、専用ブラシを使うとよりアイメイクが綺麗に仕上がるので、ぜひ取り入れたいところ♡ でもいざ購入してみようと思うと、種類や大きさが豊富で選ぶのに迷ってしまいがち。そんな人のために今回はアイシャドウブラシの選び方&使い方をご紹介します♡ 初心者さんでもすぐにトライできる【アイシャドウブラシの基本】も動画レクチャーするので、ぜひチェックしてくださいね!

アイシャドウブラシの使い方をマスター♡
アイシャドウブラシの使い方をマスター♡


目次 [開く]

毎日のメイクをアップデート♡ アイシャドウブラシの選び方を伝授!


アイシャドウブラシは大きさや形がいろいろあり、それぞれでメイクの仕上がりやニュアンスが変わります。今回はメイク初心者さんが取り入れやすい超入門編で紹介します♡

種類が多すぎてどれを使えばいいのかわからない…。
種類が多すぎてどれを使えばいいのかわからない…。


ブラシの選び方1.まずは大・中・小ブラシをそろえよう♡


アイシャドウブラシの形はメイク好きな人でさえも迷ってしまうくらいたくさんあるので、使い慣れていないときから「これは○○用」「これは○○用」と選ぶのはとても難易度が高いもの。迷ったときは、同じデザインブラシの大・中・小サイズ別に選ぶのがおすすめ♡ ブラシに使い慣れると、理想のメイクの仕上がりに合うブラシの太さや形を選べるようになります。まずは、無理に高いブラシに手を伸ばして使いこなせないなんてことがないよう、シンプルなものから使ってまずはメイクブラシに慣れて行くのがおすすめです♡

使い分けが難しい初心者さんは同じ形で大中小が無難!
使い分けが難しい初心者さんは同じ形で大中小が無難!


ブラシの選び方2.「平らor厚み」タイプ別で選ぼう♡


大・中・小ブラシを選ぶ時にも、1つだけ気にしておきたいポイントがあります。それが『平らなタイプのブラシ』なのか『厚みがあるタイプのブラシ』なのかです。

平らで密度が高いブラシの特徴


・発色よくのる
・ライン取りがしやすい


平らなブラシは、比較的はっきりと色がつきます。毛の密度が高いので、ラメやパールが入ったシャドウも粉飛びせず塗りやすいです。ライン取りもしやすいので、ハーフメイクや外国人風メイクにも向いています。ただし、ぼかすのが苦手な方はべたっとした印象になってしまうので不向きかも。

1.平で密度が高いブラシ
1.平で密度が高いブラシ


ふんわり厚みがあるタイプのブラシの特徴


・ふんわりのる
・細かいメイクができる


一方ふんわり厚みがあるタイプのブラシは、ふんわりつくところがメリット。小さいものを選べばピンポイントに細く入れることもできます。ふんわりつく分、ラメなどが舞いやすくメリハリもつけにくいので、ブラシを当てる圧を調整するのがおすすめです。

2.ふんわり厚みがあるタイプのブラシ
2.ふんわり厚みがあるタイプのブラシ


毎日のメイクをアップデート♡ アイシャドウブラシの使い方をマスター!


ブラシを使ってメイクするを上で、気をつけておきたい基本的なポイントやメイクをきれいに仕上げるためのコツを5つピックアップしてご紹介します♡ 

ブラシの基本的な使い方♡ 1.使う前にオフする


ブラシでアイシャドウをとった後は、そのまますぐまぶたに乗せずに、手の甲やティッシュの上でトントンとオフしてから塗りましょう。べたっとつくのを防ぎ、垢抜けた印象になります。このポイントはチークやアイブロウなど、ほかのパーツでブラシを使うときも意識してくださいね!

手の甲orティッシュで一度オフしてから使うのがベスト!
手の甲orティッシュで一度オフしてから使うのがベスト!


ブラシの基本的な使い方♡ 2.とにかくソフトタッチ


まぶたに強い力で塗るのはNG!


意外とやってしまいがちなのが、まぶたを強い圧でこするようにアイシャドウを塗ってしまうパターンです。色はしっかり出ますが、きれいなアイメイクにするためには“薄塗りを何度か重ねること”。これを意識するようにしましょう。

軽く触れる程度で十分OK!


アイシャドウがちゃんとブラシについていれば必ず色はつくので、軽く触れるくらいで空気を含むようなイメージで動かしてみてくださいね。

上:強い圧で塗った場合  下:ソフトタッチで塗った場合


全く同じアイシャドウとブラシを使用していてもこれだけ仕上がりに差が出るので「濃くしっかり塗りたい」という気持ちは抑えてトライしてみてください!

ブラシの基本的な使い方♡ 3.何もつけていないブラシでぼかすテクニック!


グラデーションが苦手な方は、境目が目立ってしまったなんてこともあるのでは? そんなときは、何もついていない大きめのふんわりブラシを使いましょう。境目をなぞるようにして軽く動かすだけで、自然にぼかすことができます♡



境目をなぞるだけで綺麗にぼかせた!
境目をなぞるだけで綺麗にぼかせた!


ブラシの基本的な使い方♡ 4.寝かせるor立てる


濃さや範囲を調整するときは、アイシャドウの量だけでなくブラシの向きを変えてみてください!

ブラシを寝かして使うと広範囲に比較的柔らかくつく
ブラシを寝かして使うと広範囲に比較的柔らかくつく


寝かせると広範囲に比較的ふんわり色付づきます。

ブラシを立てると狭い範囲に比較的濃くつく
ブラシを立てると狭い範囲に比較的濃くつく


立てて使うとよりピンポイントでしっかり色づきます。ここまで意識して使いこなせるようになると、ブラシの大きさやコシにもこだわりが出てくると思います♡

ブラシの基本的な使い方♡ 5.濃く見せたいところからブラシを置く


実は意識してない人が多い、はじめにブラシをまぶたに置く所。もちろん、一番最初にまぶたに乗せたところにアイシャドウは濃くつきます。目尻に引っ張られるようなイメージにしたい方ははじめに目尻側に置き、メインカラーを目立たせたい場合はまぶたの中央に置きましょう。いつも同じところから塗っているという人は、意識してみてくださいね。

横割りグラデの場合


横割りグラデの場合は、目のキワからだんだん上へ動かしましょう

横割りグラデの場合は目のキワへはじめに置くのがベスト
横割りグラデの場合は目のキワへはじめに置くのがベスト



縦割りグラデの場合


縦割りグラデの場合は、目尻側へはじめに置くのがベスト

縦割りグラデの場合は目尻側へはじめに置くのがベスト
縦割りグラデの場合は目尻側へはじめに置くのがベスト



【中・上級編】ブラシを使い分けてワンランク上のメイクに!


どのブラシがどんな使い方に適しているのかをまとめました♡ シンプルなブラシでのメイクに慣れたら、ブラシの種類を変えてメイクのニュアンスの違いを楽しんでみましょう。ブラシ慣れしている人は、違う箇所に使用しても良いですし、同じブラシで全て仕上げてももちろんOKです!

【大きめ・厚みタイプ】ベースカラーを塗るのにおすすめブラシ♡


大きめのブラシは全体的にベースカラー向き。特に厚みのあるブラシが◎ アイホール全体に塗るような明るい色味を広く使いたいときは【大きめ・厚み】タイプのブラシを選んでみてください。

ベースカラーを塗るのにオススメのブラシ
ベースカラーを塗るのにオススメのブラシ


【中間タイプ】中間色やメインカラーを塗るのにおすすめブラシ♡


大きすぎず小さすぎない、毛も広がりすぎず固すぎないブラシは、中間色にぴったり。まぶたの中央にメインカラーを置きたいときに使うときにもおすすめです♡

中間色やメインカラーを塗るのにオススメのブラシ
中間色やメインカラーを塗るのにオススメのブラシ


【細い・平らタイプ】目のキワやアイラインにおすすめブラシ♡


先端が細いタイプのブラシは、目のキワのメイクに使いやすいですよ。平らなタイプはアイラインまわりに、先が丸いタイプは涙袋のシャドウと相性が良いですよ。

目のキワやアイラインにオススメのブラシ
目のキワやアイラインにオススメのブラシ


【大きめ・ふんわりタイプ】ぼかしにおすすめブラシ♡


ベースカラーに使用するようなブラシよりもさらに大きかったり、毛が長め、ふんわりとしているものはぼかすときに役立ちます。

ぼかすのにオススメのブラシ
ぼかすのにオススメのブラシ


【尖りタイプ】締め色におすすめ上級ブラシ


ふんわりとしているのに先端が少し尖っている形のブラシは、アイラインよりも広い範囲の締め色を塗るのにおすすめです。ぼかし用としても幅広く使えます。プチプラでこのデザインはあまり見かけないので、ブラシにこだわりが出始めたら探してみてもいいかも!

締め色を塗るのにオススメのブラシ
締め色を塗るのにオススメのブラシ


使い方をマスターしたらブラシにこだわろう♡


おすすめのブラシはこちら♡


『SIXPLUS(シックスプラス)』は、安いのに使いやすいく、アイシャドウブラシのみのセットも取り扱っているのでおすすめです。セットではありませんが『IPSA(イプサ)』のブラッシュSも使いやすくて重宝しています。





その他のブラシは韓国の『Revoir(ルブワ)』で購入しているものも多いので、旅行の予定がある方はぜひチェックしてみてくださいね!


韓国・弘大のメイクブラシ専門店4店舗をチェック♡


ブラシをきれいに保つために♡ お手入れ方法


手持ちの本数が少ないと色味によってブラシを変えるということも難しいので、色味が混ざってしまったり、濃さが変わってしまうことも……。定期的なブラシ洗浄も大切ですが、使用後にティッシュオフして色味を残さないことも大切です。

『IPSA(イプサ)』のブラシクリーナーは、ティッシュに数回吹きかけてブラシを往復させるだけ『THE TOOL LAB(ザツールラボ)』のクレンジングティッシュはブラシ専用でそのまま使えるので便利です!



いかがでしたか? 付属のチップやブラシも便利ですが、ブラシの良さがわかってくるとさらにメイクも楽しくなって仕上がりも上達します! 一度トライしてみたいという方はぜひ参考にしてくださいね♡

アイシャドウブラシを使ってアイメイクをより綺麗に仕上げよう♪
アイシャドウブラシを使ってアイメイクをより綺麗に仕上げよう♪


(空山菜摘)


この記事を書いたライター

空山菜摘
ティーン誌での連載やブロガーとして活動の後、コスメコンシェルジュをはじめとする トータルビューティーの資格を多数取得。知識を活かしながら、等身大かつHAPPYになれるような情報発信をしていきます♡

関連記事

今、あなたにオススメ