首がブスな女はモテない! 脱“亀ネック”でどこから見てもセクシーな首元へ

「可愛くてお洒落なのに、なぜか老けてみえる女子」があなたの周りにもいませんか?
「顔のパーツは整っているけどお肌がパサパサ」とか、「あまり笑わずいつも怒っているように見える」など、理由は色々あると思いますが、もしかすると亀さんのように首が短い“亀ネック”であることも、原因の一つかもしれません。
美人の秘密は……“首”にあり!
亀さんのように短い首ではなく、鶴さんのように長く美しい首を目指すことが美人への近道です。特に今年は首回りにバンダナやスカーフを巻くのが流行っているので、要チェックです!
それでは、亀ネックの弊害と対策をご紹介します。

目次 [開く]

そもそも“亀ネック”ってどんな首?


“亀ネック”とは、首が短くなってダランとした状態の首です。
これは、持って生まれた首の長さとは関係ありません。首が細くて長い人でも“亀ネック”になっている人もいます。
つまり、「亀さんのように短い首」という意味の“亀ネック”は、首本来の長さとは関係なく、首筋が伸びていない状態のことを差します。

亀ネックによる弊害は?


“亀ネック”のように、首がダランとしていると、背中が丸くなってしまいます。その結果、猫背や慢性的な肩こりにもなりやすくなります。
一度、試しに首筋をしっかり伸ばしてから、ダランと力を抜いてみてください。一緒に上半身も動きませんか? 首だけを器用に伸び縮みさせて動かせる人はいないはず。
首をダランとさせて力を抜くと、肩や背中に負担がかかるのを感じられると思います。

このように猫背になりやすい“亀ネック”は、肩、背中や腰に負担がかかりやすいことに加え、年齢に関わらず老けて見え、美しくありません。

亀ネックにならないようにするためには?


亀ネックにならないようにするために、以下二点のことに気をつけてみてください。

1.天井から頭を吊るされているイメージを持ち、できるだけ首を長く伸ばすように意識します。

2.顎を下に向けすぎると、首をスッと伸ばせないので、顎はできるだけ上向きにしましょう。

鶴ネックの美容効果とは!?


亀ネックをめでたく克服できると、あなたも首の長い“鶴ネック”に!
鶴ネックの効果として、若々しくなり、セクシーに見えることが挙げられます。その他、今年は首にバンダナやスカーフを巻くのが流行っているので、鶴ネックだとスカーフを巻いてもオバサンくさく見えません。
そのうえ、顎を少し上向きにする癖もつくので、気持ちも明るく前向きになれます。
流行りのお洒落も自信を持って楽しめるように、この夏は首をシャキッと伸ばすように気をつけてみてください。

(おーさか ちさ)

この記事を書いたライター

おーさか ちさ
恋愛・美容・グルメを中心に執筆。ベリーダンサー・講師としても活動中。レストランショーや主催イベントなどで踊っている  

関連記事

今、あなたにオススメ