今日はタレ目orツリ目? 印象別を左右するアイラインの引き方講座

顔の印象を決める1番のパーツは“目”。
そして、その“目”の印象を1mm単位で変えてくれるアイライナー。
引くアイラインの太さ、長さ、形によって顔全体の印象はガラっと変わります。

そこで今回は、“タレ目風アイライナー”と“ツリ目風アイライナー”では、どのくらい顔の印象が変わるのか比べてみました!

タレ目風アイラインの引き方


黒目の中心あたりから太くしていくイメージでひいていき、目尻は上に向かって2mmオーバーで! 最後にくるんと跳ね上げラインを付け足します。
黒目の中心あたりから太くしていくイメージでひいていき、目尻は上に向かって2mmオーバーで! 最後にくるんと跳ね上げラインを付け足します。

タレ目を作るのはとっても簡単! ポイントは3つです。

1.アイラインは目頭から1.5mmほど離れた場所からスタート! 目頭から目尻にかけて、徐々に細くしていくイメージでひいていきます。目尻までひいたらそこでいったんストップ!
2.斜め下を向いて、目尻までひいたラインから2mmほど延長線上にひいていきます
3.ブラウンのアイシャドウを下まぶたの目尻側半分にぽんぽんと塗っていきます

タレ目風アイラインは、優しげな雰囲気の目元に!
タレ目風アイラインは、優しげな雰囲気の目元に!

これで“タレ目風アイライン”の完成です!
甘くて優しげな雰囲気の目元になりました♪ 初対面の人と会う時にこの“タレ目風アイライン”で行ったら、良い印象を与えられるかもしれませんね☆

ツリ目風アイラインの引き方


目頭から目尻にかけて徐々に細くしていくイメージでひいていき、目尻は2mmオーバーするのがポイント!
目頭から目尻にかけて徐々に細くしていくイメージでひいていき、目尻は2mmオーバーするのがポイント!

お次は“ツリ目風アイライン”のやり方です!

1.タレ目風アイラインの時とは逆に、目頭の際からひいていきます。黒目の中心あたりから太くしていくイメージで。目尻までひいたらいったんストップ!
2.斜め下を向いて、目尻までひいたラインから上に向かって延長線上に2mmほどひいていきます。
3.くるんと跳ね上げラインを付け足します。
4.目尻側のまつ毛だけビューラーで上げ、そこにマスカラを塗っていきます。(ボリュームタイプよりロングタイプの方が、よりシャープな目元を作れます。)

ツリ目風アイラインは、りんとしたかっこいい印象の目元に!
ツリ目風アイラインは、りんとしたかっこいい印象の目元に!

これで“ツリ目風アイライン”の完成です!
先程の“タレ目風アイライン”と比べるとガラっと印象が変わりましたね!
意思の強そうな、りんとした瞳になりました。
パンツスタイルの時や、今日はかっこよくキメたいなという時にピッタリのアイラインですね♪
“仕事ができる女感”も演出できるので、大事な会議の時なんかにもいいかも(笑)

いかがでしたか?
タレ目とツリ目で、こうも印象が変わることがわかりました!
ぜひ気分やシーンに合わせて、甘い自分と強い自分を演出してみてはいかがでしょうか☆


使用したアイテムです!
使用したアイテムです!

今回使用したコスメ


『DHC パーフェクトアイシャドウパレット(GD08)』 1,600円+税
『ヒロインメイク ロング&カール(01)』 1,000円+税
『キングダム リキッドアイライナーS (BR)』 1,200円+税

(佐藤瀬奈)

この記事を書いたライター

佐藤瀬奈
モデル・デザイナー。現在LARMEのレギュラーモデル。猫と焼き芋をこよなく愛しております

関連記事

今、あなたにオススメ