セレブが続々と実行中! “乳製品抜きダイエット”を正しく行うには?

セレブが続々と実行中! “乳製品抜きダイエット”を正しく行うには?の1枚目の画像

いまセレブのダイエットとして定番化してきているのが、乳製品を一切摂らないという乳製品抜きダイエット。最高級ボディを誇るジゼル・ブンチェンやロージー・ハンティントン=ホワイトリーらはもちろん、これまでカーダシアン家で地味だったクロエがグッと痩せてキレイになった秘密として挙げたことで、再び話題に。早速試してみたいと思った人もいるのでは?

でも「乳製品を食べなきゃいいんでしょ」と思っても、乳製品から摂れる栄養を無視してはキレイに痩せられません。それに、実は色々な料理や食材に含まれていたりして、試してみると意外に難しいもの。それでもこのダイエットを試したい方に、安全に美しく痩せられる方法をご紹介します。

目次 [開く]

なぜ乳製品をカットすると痩せられる?


乳製品は脂肪分が多そう、というイメージがありますが、実は太る原因は脂肪分ではなく糖分。糖分は血糖値を上げ、脂肪を蓄えさせてしまうためダイエットには大敵です。そして、ほとんどの乳製品には乳糖、もしくはラクトースという甘味料が含まれています。そのため気づかないうちに糖分をたくさん摂っていて、結局痩せない、もしくは太ったという結果になってしまうのです。

ミルク以外にカルシウムを摂る方法とは?


乳製品の代表といえるミルクといえば、やっぱりすぐに思い浮かぶのがカルシウム。骨にとって大事なカルシウムを摂らないのはヤバいんじゃ……と思いがちですが、でも実は乳製品以外にもカルシウムを含む身近な食材はあるので大丈夫! 例えば豆腐、サーモン、ほうれん草、コラードグリーンなど。特に豆腐は1丁で、牛乳の1日分のカルシウム目安分が摂れてしまいます。

さらに牛乳の代用品として有名な豆乳やアーモンドミルク、ライスミルクにもカルシウムは多く含まれています。特にアーモンドミルクは牛乳に比べると、カロリーも脂質も低いのに、カルシウムの含有率は高め。ビタミンD、E、Aも豊富なので、かなりオススメのミルクです。

諦めるのが大変なチーズは簡単手作りで代用!


牛乳は平気だとしても、チーズは大好物という人も多く、色々な料理にも使われるため、なかなか諦めるのが難しい!という人も多いのでは? しかもヴィーガン用チーズは、国内ではなかなか入手が難しかったりします。

でも心配無用! 超簡単にできちゃうヴィーガン用チーズがあるのです。用意するのは豆腐(1丁)と塩麹(大さじ2)のみ。作り方は、水切りした豆腐の両面に塩麹を塗って、空気を入れずにラップもしくはタッパーに入れるだけ。そして冷蔵庫に3日〜1週間入れれば完成! 冷蔵庫で寝かせる時間が長いほど、濃厚でチーズのような食感になります。即座には食べられませんが、簡単で、もちろんデイリーフリー。かつ低カロリーなので小さなおかずやおつまみとしてもピッタリです。

多くのセレブたちが実行している「乳製品抜きダイエット」。今年の夏、痩せて、キレイを目指したいなら一度挑戦してみては?

(ピーリング)

この記事を書いたライター

ピーリング麻里子
女性誌の編集者を経験後、渡米。現在フィラデルフィア在住。セレブ情報、美容をメインにウェブ媒体、女性誌、ラジオなどにて情報を発信中。 事情など多岐に渡る

関連記事

今、あなたにオススメ