骨盤の歪みを改善して美脚に♡ テレビを見ながらできる骨盤歩きエクササイズ

ブーツや黒タイツで下半身を隠せる時期にはなったものの、できれば脚を細くしたい! と思うのが女子の本音。でも、どうせやるならテレビを見ながらできるような簡単なものがいいですよね。

そこでおすすめしたいのが、お尻で歩きながら前へ行ったり後ろにさがったりする“骨盤歩き”! 実はこの骨盤歩き、バレエのレッスンでもよく行われているもので、まっすぐで細い美脚を誇るバレリーナにとっても基本のエクササイズなんです!

テレビを見ながらできる骨盤歩きエクササイズ
テレビを見ながらできる骨盤歩きエクササイズ


目次 [開く]

なぜ骨盤歩きが美脚に良いの?


脚が太くなる原因は、むくみや冷え、そしてO脚・X脚といった脚の歪み……それらのほとんどは、骨盤の歪みから生じます。だからこそ、美脚への道は骨盤の歪みを解消することが一番! そして骨盤の歪みを矯正するエクササイズこそが骨盤歩きなのです。

なぜ骨盤歩きが良いかというと、骨盤で歩くことにより大腰筋が刺激されるから。大腰筋とは、背骨から太ももまでの筋肉をつなぐ大きな筋肉。背骨と骨盤を正しい位置にし、内臓やお腹周りの脂肪を支えている役割を持っています。だから、この大腰筋を鍛えることで、骨盤の歪みが改善されるのです。

また、骨盤歩きは骨盤の可動域を広げるためにも有効。そのため、脚を高くあげたり大きく広げたりするバレリーナにとっても重要なエクササイズであるのです。

骨盤歩きの正しい行い方


一見簡単そうに見える骨盤歩き。しかし、正しく行うためにはきっちりルールがあります! さっそく正しい方法を学びましょう。

前に進む


(1)両脚を真っ直ぐ伸ばして、床に座る
(2)息を吐きながら右腕を前に出すとともに、右のお尻も1歩前に出す
(3)息を吐きながら左腕を前に出すとともに、左のお尻も1歩前に出す
(4)それぞれ5歩ずつ、合計10歩前に進む

後ろにさがる


(1)息を吐きながら右腕を後ろに引くとともに、右のお尻を1歩後ろにさげる
(2)息を吐きながら左腕を後ろに引くとともに、左のお尻を1歩後ろにさげる
(3)同じ要領でそれぞれ5歩ずつ、合計10歩後ろに下がって元の位置に戻る

前、後ろそれぞれ10歩を1セットとし、毎日3~5セット行ってみましょう。
注意したいのは、常に背中を真っ直ぐにしておくこと! やってみるとわかると思いますが、実はこれが意外と難しいのです! けれど、背中が曲がっているとお腹に力が入らず効果が半減してしまうので、必ず真っ直ぐにするように気をつけましょう。
また、お尻を動かす時は骨盤を動かす意識で行うのがポイント! 慣れてきたら、一歩の歩幅を広げてみましょう。

テレビを見ながら、音楽を聴きながら……と、ながらで簡単にできる骨盤歩き。日々のちょっとした時間に取り入れて、黒タイツやブーツで隠す必要のない美脚を目指しちゃいましょう♪
(ピーリング麻里子)

この記事を書いたライター

ピーリング麻里子
女性誌の編集者を経験後、渡米。現在フィラデルフィア在住。セレブ情報、美容をメインにウェブ媒体、女性誌、ラジオなどにて情報を発信中。 事情など多岐に渡る

関連記事

今、あなたにオススメ