キーワードは“透明感”! この秋冬注目のトレンドヘアカラー♡

今回はスタイル全体のイメージを大きく左右するヘアカラーに注目。この季節にピッタリな髪の色を、青山の人気サロンMINX青山店のトップデザイナー清水豊さんが伝授してくださいました!

目次

トレントヘアカラーのキーワードは“透明感”!


今の時期は“透明感”のあるヘアカラーが引き続き人気♡

清水さんいわく「透明感を出すためには、ブラウン単品だと難しいので、アッシュ、マット、ベージュ、ピンクを混ぜることで透明感を再現できます」とのこと。

夏のカラーみたいにくすみすぎず、ブラウンプラス何かを足して、ツヤを重視した上品な秋冬カラーが今の季節のおすすめなのだとか!

ブラウンの色は“清潔”“ナチュラルさ”を引き出してくれるので、そこに透明感を出すために何かを足して秋冬カラーを作るのがおすすめだそう。スタイリストさんに相談して、一緒に似合う色を探していきましょう♡

マットアッシュ×ブラウン


キーワードは“透明感”! この秋冬注目のトレンドヘアカラー♡の3枚目の画像

マットアッシュとブラウンを混ぜたダークブラウン。赤みを完全に打ち消し、深みがある色で落ち着いた、クールな印象に。またスタイリングでウェットな質感にすることでセンシュアルヘアに

ダークカラーはヌーディなメイクやパステルカラーのファッションも似合いそう♡ 落ち着いた雰囲気でぐっと女性らしさを演出できるので、これまで明るい色だった方はすてきなイメージチェンジができるはず。

春夏には少し重たくなってしまいなかなかできない秋ならではの色で、ダークカラーは髪の負担が少なくて済むのもうれしいですよね!

柔らかくて知性的なイメージは男女ともに好かれるポイントなので、誰もがチャレンジしやすいカラーとも言えるかも♡

ハイライト×ベージュブラウン


キーワードは“透明感”! この秋冬注目のトレンドヘアカラー♡の1枚目の画像

秋冬だからといって暗くしたくない方におすすめです。全体をベージュブラウンで柔らかく暖かみのある色に仕上げ、それだけだと少し物足りない方はハイライトでアクセントを作りましょう

夏のハイライトみたいに全体に細かく入れるのではなく、なるべく少なめにすることでダメージを最小限に、ヘアデザインに合わせてポイントで入れて強調するのがこれからのトレンドなんですって!

明るめヘアカラーだとモノトーンやダークな色を着ても、全体的に重たすぎる印象にならずオシャレ度がアップ♡

背が高くてモデルさんのようなスタイルの方は、黒髪で黒づくしのファッションもカッコよく決まりますが、身長が低めだったり、チャーミングなイメージの方が似合う方は特にチャレンジしたいヘアカラーです。

ピンクベージュ×ブラウン


キーワードは“透明感”! この秋冬注目のトレンドヘアカラー♡の2枚目の画像

季節に合わせて暖色系カラーに。ピンクの髪色のイメージは“かわいらしい”“優しい”“女性らしい”ですが、ブラウンとベージュをミックスすることで“なりすぎない”とこがポイントです。秋カラーとして暖色を全面に出すことで、季節の背景、ファッション、ヘアスタイルを全て秋色にしたい方におすすめです!

「この色かわいい!」と思わずうなってしまった個人的にも一押しのヘアカラー。今年のトレンドファッション、刺繍柄のトップスとも相性が良くベレー帽をかぶっても映えそう。

しかも、ピンクやオレンジ系は日本人に似合う色らしく、ハーフ系美人になれなくっても、こんなかわいいカラーが似合う日本人女性として胸をはって街を歩きたいものです♡

透明感を維持するために…♡


キーワードは“透明感”! この秋冬注目のトレンドヘアカラー♡の4枚目の画像

夏カラーみたいにやりすぎず、あくまで髪に負担をかけないヘアカラーを心がけて。夏で傷んでしまった髪を、秋冬はきれいにみせる番。透明感を出すために「ツヤ」は欠かせません。

・シャンプーの後
・乾かす前
・おでかけ前


トリートメントは忘れずに! 用途に合わせて、洗い流すタイプや洗い流さないタイプなど使い分けましょう。

毎日トリートメントをするのがむずかしくても、

・ 夜は髪をしっかり乾かす
・ シャンプー前にブラッシングする
・ 絡みやすい人はコームで優しく少しずつとかしてから乾かす


ちょっとしたことを気をつけるだけで髪の状態はよくなるそう。せっかくお気に入りのカラーで仕上げても、髪が傷んでしまっては透明感は消えてしまいますよね。

自宅でのケアもこまめに続けて、この時期だからこその秋冬カラーで毎日を楽しみましょう♡
(文:ミカマイコ 協力:MINX青山店 トップデザイナー清水豊)
1

この記事を書いたライター

ミカマイコ
主に女性誌で、美容・グルメ・旅行・ファッション・ブライダル等、幅広く担当。趣味はスパ巡り。バリ島やタイ、フランスやLAのスパもお気に入り

関連記事