【種類別】オススメのフェイスパウダーと選び方や使用方法をご紹介♡

メイクの仕上げアイテムとして重宝するフェイスパウダー。一口でフェイスパウダーといっても、さまざまな種類があるのをご存じでしょうか? あなたの仕上げたい肌によって、フェイスパウダーの選び方が違ってくるんです!
今回は、そんなフェイスパウダーの魅力について注目していきます♡

目次

フェイスパウダーを使うことで、どんなメリットがあるの?


まず、フェイスパウダーを使用することで得られるメリットとは一体なんでしょうか?
メイクをするときに、「フェイスパウダーを使用しない!」という方も少なくないと思います。しかし、一度フェイスパウダーの使い勝手のよさに気づいてしまったら、もうなかなか手放せない! という方も……! 

フェイスパウダーを使うことの利点についてフォーカスしてみました♡

フェイスパウダーを使うメリット1. 仕上がりがナチュラルになる


フェイスパウダーの一番の利点は、メイクの仕上がりをよりよくしてくれることです。サラサラの肌に仕上げたいという方には、フェイスパウダーがとってもおすすめです。

また「肌に負担をかけずに過ごしたい」そんな方にもおすすめ! フェイスパウダーは薄づきで厚塗り感が出ません。ファンデーションのように毛穴に入り込まず、肌をいたわりながら自然な美肌へと導きます♡

フェイスパウダーを使うメリット2. メイクが崩れにくくなる


フェイスパウダーを使う順番を知っていますか? ここで一度、お肌のメイクする順番をおさらいしていきましょう♡


お肌をきれいに仕上げるメイクの順番


(1)日焼け止め・化粧下地
洗顔をすませ、化粧水や乳液で肌をしっかり保湿したら、化粧下地を最初に塗ります。化粧下地を日焼け止めとして使うのもOK! より肌の仕上がりをよくしたい方は、日焼け止めの後に化粧下地を塗っていきましょう。

(2)ファンデーション・コンシーラー
下地が完成したら、ファンデーションで肌の色を統一していきます。お肌の気になるところには、コンシーラーを使いましょう! スポンジなどでぼかしながら、肌を仕上げます。

(3)チーク
肌の色を統一したら、チークで血色感をプラスします。

(4)フェイスパウダー
最後の仕上げに、フェイスパウダーをお顔全体にはたきます。このとき、チークを入れた部分をぼかすようなイメージで、パウダー入れるようにしましょう! チークの輪郭をぼかし、中心から滲み出るような感じにすると一気に旬顔に♡

フェイスパウダーは基本、ベースメイクの最後の仕上げとして使うことをおすすめします。最後の仕上げとしてフェイスパウダーを使うのと使わないのでは、仕上がりに大きな差が出ます。
また、ベースメイクやチークの持ちをよくしてくれる効果も……♡ メイクがよれやすい……なんてお悩みをお持ちの方は、ラストの仕上げアイテムとしてフェイスパウダーを取り入れてみてくださいね♪


フェイスパウダーの選び方


フェイスパウダーには、肌悩みに対応したものなどさまざまな種類のものがあります。ここでは、そんなパウダーの種類について解説していきます! あなたのなりたい肌に合わせて、お好みのパウダーをセレクトしてみてくださいね♡

フェイスパウダーの選び方1. ナチュラルに仕上げる「ルースパウダー」


「ナチュラルに仕上げたい」「お肌をやさしくいたわりたい」……そんな方には、ルースパウダーがおすすめです!

ルースパウダーとは、粉状のパウダーのこと。スポンジやブラシで仕上げるタイプです。
仕上がりはナチュラルで“メイクをしています感”があまりないのがメリット。さらに、お肌にもやさしいものが多いため、肌への負荷が少ないのも利点です♡

フェイスパウダーの選び方2. シミや毛穴をカバーする「プレストパウダー」


プレストパウダーのプレストとは、「押し固めた」という意味です。コンパクトの中にファンデーションのように押し固められたタイプにものなので、持ち運びにも便利!

ルースパウダーとの違いは、プレストパウダーの方がカバー力が高いです。そのため、シミや毛穴をしっかりとカバーしたい方にはおすすめです!しかし、プレストパウダーはムラになりやすいのが欠点。スポンジを使い、丁寧に肌になじませましょう!

フェイスパウダーの選び方3. ツヤ肌を手に入れる「パール入りパウダー」


お肌にツヤ感を出したい方は、パールが配合されたパウダーがおすすめ! 頬骨の一番高いところにブラシなどでぽんぽんとパウダーをはたくだけで、自然なツヤ肌ができあがります♡

しかし、注意して欲しいのが、パール入りのパウダーはお顔全体に塗ってしまうと、のっぺり感が出てしまうこと。ハイライトとして、上手に取り入れることをおすすめします♡


フェイスパウダーの選び方4. よりなめらかな肌へ「反射効果のあるパウダー」


お顔全体をトーンアップし、シワやくすみを飛ばしたい! そんなお悩みの方には、光の反射を利用したパウダーがおすすめ。パウダーの中にパールやラメを調合し、お顔全体をトーンアップしてくれます♡

一塗りでお肌全体に透明感をもたらし、なおかつツヤ肌へと導く優れものです! くすみのない自然でなめらかなお肌を手に入れられるはず♡


色別!フェイスパウダーで得られる印象効果


フェイスパウダーにも、下地同様にさまざまなカラーバリエーションがあります。あなたの肌質やなりたい肌に合わせて、よりよいカラーを選びましょう!

どの色のパウダーを使うかで、メイクの仕上がり方が全く違ってきますよ♡

フェイスパウダー色別効果1. 「透明」肌をサラサラにする


「下地のカラーやファンデーションのカラーを邪魔したくない」「あくまでもパウダーはお肌をサラサラにするために使用したい」……そんな方には、透明のフェイスパウダーがおすすめです!
色みが全く入っていないパウダーなので、下地やファンデーションのカラーを邪魔をせずに仕上げてくれます。

また、透明パウダーを仕上げとして使用するだけで、メイクのキープ力もアップ♡ シーンを選ばず使用できるので、1つあれば重宝するはず!

フェイスパウダー色別効果2. 「オークル」健康的な肌色に仕上げる


日本人の一番メジャーなカラーはオークルです。いわゆる肌色のパウダーは、肌なじみがよく肌本来のカラーをそのままにきれいに仕上げてくれます。

多くの人の肌に合うよう作られているので、どのカラーを選べばいいか分からない初心者さんにもおすすめのカラーです!

フェイスパウダー色別効果3.「ピンク」自然な白肌へ


「美白に仕上げたい!」「オルチャンメイクを目指している」……そんな方には、ピンク色のパウダーがおすすめです♡ 血色感あるピンクのパウダーは、白浮きせずナチュラルな美白へと導きます。

しかし、ここで注意点が1つ。首の色とお顔の色がまったく違ってしまう可能性があります。

鏡で首とお顔を見比べて、首の色と全く違ってしまった! という場合は、首にもパウダーをはたいてあげることをおすすめしますよ♡


フェイスパウダー色別効果4.「パープル」くすみを飛ばす


メイクをしてから時間が経つとお顔がくすんでしまう……そんなお悩みを持っている方もいらっしゃると思います。そんなときのおすすめなのが、パープルのパウダーなんです♡


お顔全体のくすみを一掃し、明るく透明感のあるお肌へと導きます。白浮きが気になる……という方には、ブラシでパウダーをくるくるするとナチュラルな仕上がりになりますよ!


フェイスパウダー色別効果5.「ホワイト」ハイライト効果も


ベビーパウダーのような白いパウダーは、日焼けをまったくしていない白肌さんにおすすめします。オークル肌さんは、ホワイトパウダーをハイライトとして取り入れるのもおすすめですよ♡



フェイスパウダーの使い方


みなさんは、フェイスパウダーの正しい使い方をご存じでしょうか? フェイスパウダーを使うには、大きく分けて2種類の使用方法があります。

1つは、一般的なパフを使ってのメイク方法。もう一つはブラシを使ったメイク方法です。

今回は、この2種類のメイク方法に注目していきましょう♡

フェイスパウダー使い方1. パフを使った場合


一般的なパフを使った方法は、小鼻のわきなど細かいところをまんべんなく濡れることが最大のメリット。正しい使い方をマスターして、いつものメイクのクオリティをアップさせちゃいましょう♡


パフを使ったフェイスパウダーの塗り方


(1)パフにパウダーをとります
(2)パフについた余計なパウダーをトントンと軽く落とします。こうすることで厚塗り感を防ぐことができます
(3)ほおの内側から外側に向かって、やさしくパフをおさえるようにして肌になじませます
(4)小鼻のわきなど細かい部分は、パフの形を変えながら、お肌全体になじませましょう


フェイスパウダー使い方2. ブラシを使った場合


ブラシを使用してフェイスパウダーをつける方法は、ナチュラル思考の方におすすめです。自然な仕上がりで、ふんわりとした印象になりますよ♡

また、使い方にテクニックが必要ないのもうれしいポイント! パールやラメ入りのパウダーをハイライトとして入れる方にも、ブラシを使用することをおすすめします。

ブラシを使ったフェイスパウダーの塗り方


(1)ブラシにパウダーをとります
(2)ブラシをコンパクトのわきでトントンし、余計なパウダーをオフします
(3)お顔全体をやさしくブラシでなでるようなイメージで、クルクルするだけで完成


おすすめフェイスパウダーブラシ♡


フェイスパウダーを使うとき、ブラシでのメイクがとっても簡単であることが分かりましたよね♡ では、どんなブラシがいいのでしょうか?
化粧ブラシってお高いイメージがありがちですが、実はお手頃価格で購入できちゃうんです。

おすすめのフェイスブラシをいくつかご紹介していきます!


おすすめフェイスパウダーブラシ
1. 『資生堂 シュエトゥールズ フェースカラーブラシ』 3000円


コスメの王道ブランドから発売されている、資生堂のフェイスブラシ。肌触りにこだわり、使いやすさも抜群です! サイズは、LサイズとMサイズの2種類。使い方によって、よきものをセレクトしてみてくださいね♡


おすすめフェイスパウダーブラシ
2. 『ザ・ダイソー 春姫ファンデーションブラシ』 200円


ダイソーから発売されている「春姫」のブラシシリーズをご存じでしょうか? 一時期そのクオリティの高さから、SNSでも話題になったメイクブラシです♡

多くの美容系YouTuberの方も取り上げ、品薄になることも……。200円とは思えない肌触りに驚くはず♡ ぜひ試してみてくださいね!

おすすめフェイスパウダーブラシ
3. 『無印用品 ポリエステル・フェイスブラシ』 2360円


無印用品からも、使い勝手のよいフェイスブラシが販売されています。ふわふわとした毛並みが心地よいフェイスブラシは、植物由来のポリエステル繊維を使用。お肌にやさしくなじみます。携帯用ブラシもあるので、持ち運びにも便利ですよ♡



フェイスパウダーを使うときのポイント!


フェイスパウダーは、メイクのクオリティをさらに上げてくれる優秀なアイテムです。ここでは、フェイスパウダーをよりよく使うための大切なポイントをご紹介します♡

フェイスパウダーを使うポイント1. 下地とファンデーションを厚塗りしない


フェイスパウダーの能力を最大限に発揮させ、そしてより肌をきれいに見せるポイントとして、とにかく下地とファンデーションを厚塗りしないことです。

厚塗りをすればするほど、メイクは崩れやすくなります。なるべく最小限の量でメイクをするように心がけましょう! 


フェイスパウダーを使うポイント2. パフとブラシは定期的に洗う


いつも使っているパフやブラシは、定期的なクリーニングが必要です。日々使用しているものは、少なからず汚れがたまるもの。美肌をキープするためにも、定期的にお掃除をするようにしましょう!

パフとブラシのお手入れ方法についてレクチャーしていきます♪

パフのお手入れ方法


パフは洗顔フォームで洗うことをおすすめします。また、パフ専用の洗浄剤で洗うこともOK!


(1)洗顔フォームをよく泡だて、パフになじませながらもみ洗いします。パフから色が出てこなくなるまでよく洗うことがポイントです!
(2)洗い終わったら、風通しのよい場所でよく乾かします。このとき、生乾きだと菌が繁殖する原因にもなってしまうのでよく乾かしてくださいね!


ブラシのお手入れ方法


ブラシの汚れって分かりにくいですよね。「最近、化粧のノリがよくない」「ブラシの毛束が開いてきた」……そんなことを感じたら、ブラシをクリーニングするタイミングかもしれません。

ブラシは専用の洗浄剤を使用することをおすすめします。


(1)ブラシの汚れを、一度ティッシュなどでオフします
(2)ブラシ専用の洗浄剤の説明に従ってクリーニングしましょう!
(3)洗い終わったらパフ同様、風通しのよい場所でよく乾かすことを忘れずに♡


1
2

この記事を書いたライター

さおり
ライター。恋愛や美容、ファッションなど、10代後半から20代の女子のお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事