生理痛がひどいときに試してほしい お腹が痛い時のリラックスゆるめるヨガ

毎月生理になると下腹部が痛くなり一日憂うつ。一度もないという方もいれば、日常生活に支障があるくらい痛みが強い方も少なくないですよね。秋から冬の寒い季節には普段は痛みがないのに痛くなったり、寒い時期だけは生理痛が重たくなる方もいるようです。



ストレスや血行不良などが原因で起きる生理痛は、体が冷えると血液のめぐりが悪くなり起きやすくなります。生理になるとかならず薬を飲んで痛みを和らげる方もいますが、飲まずとも緩和できたら良いですよね。そこでお腹周りの血のめぐりを良くして、リラックス効果も高い簡単にできるヨガポーズをご紹介します。
お腹を温めて動かすポーズが中心なのでぜひ行ってみてくださいね。

目次

生理痛にはヨガが良いのはなぜ?


そもそも生理痛はなぜ起きるのかというと、子宮が血を外に押し出そうとして収縮するから。それと同時に子宮の中で発痛物質を分泌することから起こるもので、痛みには個人差があります。

血管を収縮させるのでお腹が冷え、そのために血行不良になりやすく生理痛につながっていきます。さらに運動不足だったり骨盤が歪んでいたり、もともとお腹周りが固く冷えているタイプの方はさらに生理痛も起こりやすくなります。

ヨガはお腹周りの筋肉をゆるめて血流をよくするために最適なんです。生理中はヨガをお休みしてくださいと言われたことのある方もいるかもしれませんが、お腹まわりを緩めたり温めるようなポーズは問題ありません。むしろ行うことで、痛みが緩和されることも多いです。逆立ちなどの逆転のヨガのポーズは経血を逆流させてしまうのでお休みしたほうがいいといわれています。

生理中はお腹まわりを「ゆるめる」ポーズを取り入れよう。


体をうごかして血行をうながすと生理痛をやわらげる効果があります。エレベーターじゃなくて階段をつかってみたり、一駅あるいてみたり体を動かす工夫をしてみてください。ヨガでは緊張して固くなったお腹をゆるめるような動きでほぐしていきましょう。

イライラすると固まりやすい体側を伸ばすポーズ


生理痛がひどいときに試してほしい お腹が痛い時のリラックスゆるめるヨガの1枚目の画像

体の側面を伸ばしてリラックスして、生理痛を和らげます。

1.あぐらの姿勢で座り、息を吸って右手を上に伸ばします
2.息を吐きながら体を左に向かって真横に倒して体側を伸ばします
3.じわ~と体側の伸びを感じながら呼吸をして緩めていきます

ポイント・肩のちからを抜いて、伸びている体側に呼吸を入れてさらにゆるめる意識で行います


下腹部の血流を良くしてお腹の緊張を解くがっせきのポーズ


生理痛がひどいときに試してほしい お腹が痛い時のリラックスゆるめるヨガの3枚目の画像

酷い生理痛や生理不順に効果があります。股関節をきゅっと広げてお腹を曲げることで、下腹部の血流を促すストレッチです。
お腹を緩めることで体の疲れを解消してくれます。

1.床に座り、両足の裏を合わせます。かかとはお腹の方に引き寄せます
2.息を吐きながら、股関節から上体を前に倒します
3.ゆっくり息を吐き切ったら、上体をゆっくりと元に戻します

ポイント・背中を丸めるのではなく、背筋を伸ばしながら前に倒れるようにし、気持ちが良いと思うところまでにして倒しすぎないようにします

腰の痛みを楽にできるベビーポーズ


生理痛がひどいときに試してほしい お腹が痛い時のリラックスゆるめるヨガの4枚目の画像

生理中の腰痛の緩和にもおすすめです。便秘解消効果もあると言われています

1.仰向けになり、両手で両ひざを抱えこみます
2.太ももをお腹にひきよせます
3.頭を持ち上げ、膝とあごを近づけます
4.深呼吸を5回してからゆっくりポーズをほどきます

ポイント・両手で足を体にひきよせたときに、腰からお尻にかけて伸びを感じながら行います

さらなる冷え対策に布ナプキンもおすすめ


肌が敏感な方やお腹が冷える場合には、布ナプキンを取り入れると改善することがあります。生理のたびにチクチク痒くなると感じるのには、もしかしたらナプキンが肌に合っていないのかもしれません。市販の生理用ナプキンはほとんどが化学繊維で出来ているので、痒くなった経験がある方はナプキンかぶれを引き起こしている可能性があります。
布ナプキンはコットンでできているので、お肌に優しく、肌当たりが優しいのが特徴です。
LUMIERE SELECTION(ルミエールセレクション)/布ナプキン
LUMIERE SELECTION(ルミエールセレクション)/布ナプキン

また、天然由来の繊維で作られた布ナプキンは、保温・保湿効果があるため、身につけているだけで冷えから守ってくれます。衣類と同じで体温を守ってくれるため、子宮の冷えの解消になります。

生理でだるくて動けないときはお腹を温めよう


紹介したヨガポーズは生理痛が改善のほかにも便秘の解消や腰痛の改善にも良いポーズです。生理の時はできるだけ体は動かしたくないものですが、少し体を動かしたほうがかえって体調が落ち着くこともあります。簡単なポーズなので、ぜひお家でやってみてくださいね。
品川裕花理
1

この記事を書いたライター

品川裕花理
ヨガインストラクター。一児の母。女子美術大学卒。大手IT会社勤務の後、ヨガインストラクターに転身。心と身体を整える事が大好き。「美は一日にしてならず」がモットー。

関連記事