そろそろ痩せる時期じゃない?甘いものに弱い女子必見の痩せ講座

痩せる身体になるための食事や運動の取り入れ方、食欲を抑えるツボなどをまとめました♡ ダイエットを成功させるにはどんなことを心がければよいのか、モチベーションアップのコツなども紹介しています!


そろそろ本気でダイエットに挑戦してみませんか?

目次 [開く]

今まで何度もダイエットに失敗した


ダイエットに失敗はつきものです。理由がある場合は「違うやり方」を試みるのもおすすめですよ!

成果にこだわりすぎるのもあまりよくありません。毎日の生活習慣を整えながら、自然に痩せられる方法を考えていきましょう♡

目標が高すぎるとモチベが保てない




「夏になるまでに必ず10kg痩せる!」など、目標が高すぎるとずっとモチベーションを維持し続けられません。最初から厳しい目標は立てずに、できることから始めましょう♪

「この期間までにどのくらい痩せる」といった具体的な目標を掲げなくても、ダイエットは十分可能ですよ♡

簡単な運動を取り入れる・高カロリーなお菓子はできるだけ我慢するなど、無理のない設定がおすすめです。

人によって無理のない目標は変わってきます。まずは「自分にとって適切なプラン」を立てることから始めましょう。

一生続けられる習慣づくりをしよう


「短期間だけなら我慢できるけれどずっと続けるのは無理……」というダイエットでは、やめた途端にリバウンドしてしまいます。

痩せた身体を維持したいなら「ずっと続けられる習慣づくり」が基本です!

毎日ハードなトレーニングをしようと思っても、時間が取れない日もありますよね。そんなときは、短時間で終わる運動や週に数回で負荷がかかるトレーニングを選べば、無理がありません♪

食事にしても「炭水化物やタンパク質をほとんど取らずに痩せる」など、続けられない習慣はやめましょう。栄養が偏ると、身体にもよくありません。

痩せる食事習慣は意外にカンタン


痩せるための食事習慣は、ちょっとした心がけ1つで取り入れられます♡ 食べてはいけないものをつくるのではなく「食事の前に白湯を飲む」など、簡単な習慣をプラスするだけです!

ひと手間でできる習慣を取り入れていけば、自然と身体づくりに役立ちますよ。

朝食前にアレンジ白湯を1杯




「白湯が身体によい」とはわかっていても、味気なくて続かない人もいるでしょう……。そんなときは、アレンジしてみませんか?

たとえば、白湯にレモン果汁を絞るだけでもさわやかな味わいになりますよ♡ レモンをわざわざ用意しなくても、市販のレモン果汁で十分です。

甘みが欲しいならはちみつをプラスしたり、身体を温めたいなら生姜などのスパイスを加えたりしても白湯に合いますよ♡

なかでも「梅干し」は、白湯に入れるだけでクエン酸が摂取できるおすすめの食材です。白湯に入れて混ぜるだけで、手間もかかりませんね♪

いつものサラダに海藻やきのこを入れる




サラダはダイエットに欠かせないメニューですよね! ただ、野菜だけだと飽きてしまうだけでなく、栄養バランスの面でも不十分です。

ボリュームをアップして腹持ちをよくするためには、海藻やきのこ類をうまく使いましょう。食物繊維もたっぷり摂取でき、おいしくダイエットできます♪

海藻やきのこはほぼノンカロリーの食材で、多めに食べてしまっても罪悪感はありません。ただし、あくまでも食事で痩せるには「食材をいろいろ使ってバランスアップを心がける」のが大切ですよ♡

おやつ作りでおいしくカロリーオフ




手作りおやつは市販品よりもカロリーがおさえられるため、積極的に取り入れていきましょう♡

高カロリーの食材を選ぶと意味がありませんが、果物やナッツなど「栄養が取れてカロリー控えめの素材」を自分でチョイスして作れるのがメリットです!

「リンゴのケーキ」や「マシュマロ生地で作るアーモンドクッキー」など、低カロリーでもおいしいおやつはいろいろと作れますよ♪

マシュマロのアーモンドクッキーは、マシュマロにアーモンドを1粒乗せてオーブンで焼くだけの簡単レシピです♡

レシピを見る♡


夢のような痩せるツボがあったらいいのに


ツボ押しのみで痩せられたら、とても手軽でよいですよね……♪

もちろん、押すだけで劇的に痩せる魔法のツボは存在しませんが、ダイエットのサポートに役立つツボはありますよ! ツボ押しで血行をよくして、スレンダー美人を目指しましょう♪

食べたい衝動が和らぐツボはココ


食べ過ぎを防ぎたいなら「ツボ」を活用してみましょう♪ こめかみあたりからまっすぐ下、耳の真ん中あたりに位置する「飢点」は食欲を抑えるツボです。

食事の少し前に左右の飢点を人差し指で押すと、食欲がおさまります。押す時間は、1〜2分程度です。

手のひらにもツボがありますよ♡ 「胃(い)・脾(ひ)・大腸区(だいちょうく)」と呼ばれるツボは、親指のつけ根の丸いふくらみです。

食欲を抑えるには、2〜3分ほどかけて強めに刺激しましょう。「ちょっと赤くなるくらい」が最適です。ただし、優しく触れると食欲を刺激して食べたくなってしまうことがあるため、押す加減には注意しましょう……!

それでも落ち着かないときは、そらし食べ




「どうしても食べたい……!」と落ち着かなくなってしまった場合は、まず「食べたいものとは違う食べもの」で気持ちを落ち着かせましょう。

ここで高カロリーなものや甘いものに手を出すと、止まらなくなります。甘いものや炭水化物などの糖質は「脳内麻薬」とも呼ばれる「β-エンドルフィン」の分泌を促してしまうからです。

まずは、気持ちをそらす「そらし食べ」で気分を落ち着かせてから、本当に食べたいものを少しだけ食べましょう。衝動のままに食べるより、食べる量をおさえられますよ♪

そらし食べに使う食材は「食べた~♡」という満足感が高いチーズやヨーグルトなどの「乳製品」がおすすめです。ナッツなども空腹感を紛らわせてくれますよ♪

結局、運動が必要なんでしょ?


「運動は苦手……」となかなかダイエットに踏みきれない人も、簡単なものからチャレンジしてみましょう! 食事改善だけで痩せようと考えるよりも、適度に運動を取り入れたほうがきれいに痩せられますよ♪

カロリーを燃やすだけでなく、必要なところに筋肉がつくため、キュッとしまったボディが叶います……♡

筋トレが痩せやすい体質にしてくれる




「筋トレ」で筋肉を鍛えると、痩せる身体づくりができます。筋肉が多いと、基礎代謝が上がり、消費カロリーが増えるためです♪

「筋肉が多い」といっても、アスリートのようなムキムキの身体ではありません。適度に引き締まった筋肉があれば、消費カロリーは自然にアップします。

同じ身長と体重でも、筋肉があるかないかで、使うカロリーは変わります! 筋トレするだけでも十分ダイエットにつなげられますよ♡ ハードなトレーニングでなくても、ストレッチや軽いウェイトトレーニング程度でも効果が期待できます。

嬉しいメリットはダイエットだけじゃない


筋トレはダイエットだけでなく、ほかにもメリットがあります。体幹を鍛えると「ヒップやバスト」にも効果的なのはご存知でしょうか?

適度に筋肉がつけば、キュッとあがったヒップやふっくらハリのあるバストを目指せます。目標とする身体に合う運動を取り入れましょう♡

ヒップアップを目指すなら「スクワット」、バストアップなら「胸筋」を鍛える運動がおすすめです。

続けられる自信がない


いくらダイエットをしようと思い立っても、続けられる自信がないときは、いろいろな「サポート」を受けましょう!

パーソナルジムなどに通ってほかの人の力を借りるのはもちろん、運動施設でほかに頑張っている人を見るだけでも、モチベーションは保てます。

また、モチベーションアップの方法として「運動する際のファッションにこだわる」のもおすすめです♪ 「かわいいスポーツウェアを買ってみる」など、着るだけで気分が上がるアイテムをチョイスしましょう♡

インスタのダイエット垢を見てモチベUP




インスタでは、ダイエットを頑張っている人や成功した写真をアップしている「ダイエットアカウント」がたくさんあります!

痩せた姿をアップしている通称「ダイエット垢」を見れば「自分もあんなふうになりたい……!」とモチベアップにつなげられるでしょう♪

頑張っている人の途中経過を見るだけでも「一緒に頑張ろう!」という気持ちにさせてくれますよね。1人で頑張るのに疲れたときは、ネット上で仲間を見つけましょう♡

かわいいウェアでおしゃれして




筋トレやジョギングなど、運動はなかなかやる気が出ない人も多いでしょう。そんなときは、好きなブランドのスポーツウェアを買うのもおすすめです♪

お気に入りのウェアを着る機会につながれば、頑張る気持ちも湧いてきます。せっかく運動にトライするなら、形から入ってみましょう。

スポーツ専門ブランドに限らず、普段買うファストファッションブランドでも十分かわいいウェアが手に入りますよ♪

ズボラgirlにおすすめのトレーニング


どうしてもきついトレーニングや食事制限が難しいときは「簡単なものだけトライする」のもおすすめです。

何もしないより、小さなことでも継続したほうが痩せやすい身体が作れます。

簡単な腰回しから始めよう




「疲れる運動はどうしてもできない……」という女子でも、ちょっとしたストレッチなら取り組めるのではないでしょうか? どこでもできる「腰回しの体操」は、ダイエットにもおすすめです♡

ハードなトレーニングではないため、普段まったく運動をしない人でも無理せず続けられますよ♪

やり方は簡単で、まっすぐ立って「浮き輪の内側のラインをなぞるようなイメージ」で腰を回すだけです。ちょっとしたすき間時間にもチャレンジできそうですね!

腰回しが終わったら、仰向けに寝転んで片足ずつお腹に引き寄せます。引き寄せた足を外側にぐるりと回して、もとの位置に戻しましょう。

腰回しは、骨盤のゆがみが気になる人にも最適ですよ!

寝ながらできるショルダーブリッジ


下半身やお尻のラインが気になるなら「ショルダーブリッジ」がおすすめです! 仰向けのままできるため、立ち上がって運動するのが疲れる人でも簡単にできますよ♪

ショルダーブリッジは「ピラティス」のポーズの1つです。まずは、仰向けに寝転んで、膝を立てましょう。つま先はまっすぐにして身体や床と平行に保ち、足は少し開きます。

次に、骨盤を上げる気持ちで、脇の下から膝までを平行にして持ち上げます。「お尻や太ももの筋肉を使って骨盤を持ち上げる」のがポイントですよ!

ただし、上げすぎは首や腰の負担になりやすいため「背骨を曲げない」ように気をつけましょう。

鏡を見るのが楽しくなってくる




ちょっとした日常の心がけと軽い運動で、痩せる身体づくりができます。短期間でははっきりとわからなくても、毎日続けていれば、だんだんと鏡を見るのが楽しくなりますよ♪

まずはできることから始めて、筋肉のついた美しい身体を目指しましょう! ストレスを溜めるのはよくないため、メリハリをきかせた食事制限を意識するのがポイントですよ♡

この記事を書いたライター

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ