お金と上手に付き合う♡ 明日から始めたい金欠にならないための5つ行動

遊びにいきたいのにお金がない。金欠が続くと、なんだか心まで疲れてきちゃいますよね。でも、ずっと我慢していても人生楽しくありません。

そこでおすすめなのが、「使うときは使う、節約するときはする」とメリハリをつけてお金と付き合う事です。
今回は、お金と上手に付き会うためのポイントをご紹介します。


ポイント1. お給料は先に使い道を決めて分ける



お給料をもらったら、まずは仕訳けをしてしまいましょう。「交際費」「日用品代」「食費」など、何にいくら使うかを分類して封筒に分けて入れてあげると、よりビジュアルでわかりやすいのでオススメです! 

人によってお金をかけたいポイントはバラバラ。家計簿をつけることで、自分が何にどれだけ使っているかの傾向がわかってくるので、仕訳けが楽になるでしょう♡ 

数カ月続けてみると、封筒に入れるお金のおおよそが見えてくるはずですよ。

紙が面倒な人はアプリで管理しましょう! 最近は使いやすいアプリがたくさん登場しているのでぜひ活用してはいかがでしょうか。


ポイント2. 貯金は最初に♡ 



お金を上手に使える人は、お給料が入ったら、最初に貯金額を決めて口座に入れておくことを徹底しています。

貯金は簡単には引き出せないようにしておくとなおよし! 

「最後に余ったら貯金しよう」と思っているとなかなか節約できないのが現実。最初に貯金分は引いておいて、余った分でやりくりするのがおすすめです。


ポイント3. お弁当を作って食費を節約 



外食は食費がかさんでしまう原因! 外食していた分を自炊に変えるだけで、食費がグンと抑えられます。

だからといって、友だちとの予定を断ってまで節約する必要はありません! たまの息抜きは大切です。友だちとのごはん以外を節約してメリハリをつけましょう。

おすすめなのはお昼ごはんをお弁当にすること。「塵も積もれば山となる」という言葉があるように、小さい金額でも毎日積み重なればかなりの出費に。

自炊は食費を抑える手っ取り早い方法なので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

毎日忙しくてお弁当を作れない人にぴったりなのが、週末にまとめて食材を買って作り置きをすることです。作り置きをして冷蔵または冷凍しておけば、お弁当は詰めるだけ! 夜ごはんも作り置きで済ませられるので、週末にまとめて作るのがおすすめです♡ 


ポイント4. 衝動買いは厳禁! 



何か欲しいアイテムがでてきたら、一度実際に見に行ってみて、一晩寝かせて考えるのがおすすめです。それでもほしいものであれば、それはあなたにとって本当に必要なものです。

衝動買いしたものは結局使わなくなることが多く、結果として無駄遣いになってしまいます。

そして、ネットショッピングも危険! 簡単に購入できてしまうので、衝動買いにつながることが多いんです。

「一度冷静になって考えてみる」を合言葉に、衝動買いを抑えるように意識しましょう! 

ポイント5.たまには自分にご褒美を! 



いつもがんばって節約を続けているのだから、たまには自分にご褒美をあげましょう! 自分で自分に飴と鞭を使い分けてあげることで、無理なく続けることができるはず。

「1ヵ月に1回は食べたいものを食べに行く日を作る」「月に1つは新しいコスメを買う」など、自分がうれしいと思うことをご褒美にチョイスしましょう。





節約を続けるコツは?


目標をしっかり決めるのがGOOD! 



節約に失敗する人がしてしまいがちなのが、目標を決めずに節約生活をはじめてしまうことです。

これは、ゴールを決めずにマラソンを走っているのと同じこと。息切れして諦めてしまうのもうなずけますよね! 

節約をするときに重要なのは、ゴールの設定です。「いつまでにいくら貯める」「毎月趣味に○円使えるように、食費を○円に抑える」といった具体的な目標を最初に決めるようにしましょう。


あえて節約生活を宣言する


近しい友だちには、あえて節約生活を宣言するのもおすすめです。

「目標があるから節約してるの」と伝えれば、周りも理解して協力してくれるはずですよ。

もちろん「誘いはできるだけ断りたくないから、遊びの予定は声をかけてほしい」と伝えることも忘れずに。節約=もう誘わないで、という意味ではないこともあわせて伝えるようにしましょう! 


目標はこまめに立てる



大きな目標を掲げることも大切ですが、それを叶えるための小さな目標をこまめに立てておくと達成しやすくなりますよ。

大きな目標が「旅行のために30万円貯める」だとしたら、小さな目標は「毎月3万円貯金する」と設定すればOK。無理のない範囲で小さなゴールを置いておきましょう♡ 


ポイントを押さえて節約できる子ちゃんに変身! 


日々の生活に節約を溶け込ませられたらこっちのものです! ポイントをしっかり押さえて、節約できる子ちゃんになってくださいね♡ 

(ameri/ism)

この記事を書いたライター

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事