既婚女性は男性にモテる!?魅力から恋愛するリスクまで解説します!

「既婚女性の恋愛」と聞くと、「そんなことってありなの!?」と驚いてしまう人も多いでしょう。しかし、周囲を見渡してみると、既婚女性の恋愛が決して珍しいことではないことに気づくハズ。

この記事では、既婚女性の魅力や恋愛事情、そのリスクについて解説します。恋愛している既婚女性の知り合いがいる人も、自分が危険な恋愛の真っ最中な人も、チェックしてくださいね。



目次 [開く]

既婚女性はモテるって聞くけど本当?




結婚していようが、いなかろうが、人間的に魅力のある女性は何歳になってもモテます。既婚だからといって、全ての男性の恋心が収まるわけではありません。

また、結婚して平和な毎日を送っていると、ふとした瞬間に「もう私は恋愛はできないのか」としんみりしてしまう女性も多いもの。独身時代に恋愛を謳歌した人ほど、恋愛に懐かしさや憧れを抱いてしまう傾向がありますよ。

しかし、いくら憧れを抱いたとしても、既婚女性の恋愛にはさまざまなリスクが伴うのが現実です。この記事では、そんな既婚女性の恋愛事情とそのリスクについてご紹介します。

既婚女性の魅力はココ!


 

まずは既婚女性の魅力についてみていきましょう。相手が既婚であると知りながら、それでも恋愛したいと言い寄ってくる男性は、どんなところに魅力を感じているのでしょうか。

実は、既婚女性としては無意識に行っている仕草や気遣いが、男性にとって魅力的に映ることも多いようです。「既婚なのに、男性から頻繁に声をかけられる」という人は、一度確認してみてくださいね。

包容力を感じる


やはり、既婚女性の包容力は男性にとって大きな魅力の一つです。男性が何かで失敗した時に、何気なく優しく慰めてあげたり、体調を気遣ってあげたりしてあげる既婚女性も多いのではないでしょうか。

そんなお母さんのような心安らげる包容力にうっかり恋心を抱いてしまう男性はたくさんいます。相手が既婚と分かっていても、癒やしパワーに抗うことができなくなってしまうのでしょう。

落ち着いている



独身時代の自分と、結婚してからの自分を比較すると、「人間として落ち着いてきたな」と感じることはありませんか。人生の大きな節目ともいえる「結婚」というイベントをこなした経験は、人間を大きく成長させるものです。

人間は経験を積むと、多少のトラブルにも落ち着いて対処することができるようになります。ゆったりとした時間を過ごしたいとか、心身を休めたいと感じている男性にとって、既婚女性の「落ち着き」はとても心地よいものに感じられるのです。

大人な雰囲気が漂っている


男性の女性に対する好みにはさまざまな違いがあります。中には、大人な女性の雰囲気が大好きという男性もいます。同世代と比べて精神年齢が高い男性は、特に大人な女性に惹かれる傾向があるでしょう。

また、「人妻」という響きに大人な雰囲気を感じて興奮してしまう男性も多いようです。「結婚している」ということは、それだけ人間として成熟していることの証でもあり、若い年代の憧れを集めることもあります。

男心に理解がある


多くの男性は見かけによらず、とても繊細な心とプライドを持っています。そんな微妙な男心を理解している独身女性はなかなかいないものです。しかし、既婚女性は結婚に至る一連のプロセスの中で、自然と男心の機微を理解していく傾向がありますよね。

そんな男心に対する理解が、男性にとってはとても心地よく感じられることもあるようです。そのため、既婚女性としては何気なく言った一言が、男心を射抜いてしまうことも多いのです。

恋愛のツボを知っている



1人の男性と長い時間向き合ったことのある既婚女性は、男性をドキドキさせる恋愛のツボも心得ています。どんなタイミングでどんなことをすれば、男性がキュンキュンするのかも、経験的に知っているのです。

そんな恋愛テクニックを普段から何気なく発揮してしまう既婚女性も多く、いつの間にか男性をトラップにかけてしまうことも。恋愛慣れしていない男性ほど、このトラップにハマりやすいのです。

世話好きな人が多い


旦那さんや子ども、果てはペットに至るまで、既婚女性は毎日家族のお世話をこなしています。そんな生活をしていると、他人の世話をすることに抵抗がなくなってしまうことも。ついつい知り合いや職場の男性の面倒までみてしまう人も多いようです。

疲れているときや弱っているとき、誰かに世話を焼かれるととても安心しますよね。既婚女性が何気なく焼いたお世話に、コロッときてしまう甘えん坊な男性もたくさんいます。

恋愛に飢えている


平和な結婚生活を続けていると、独身時代のドキドキに満ち溢れた恋愛がとても恋しく感じられることもあります。結婚と恋愛の違いを最も大きく感じるのは、既婚女性自身です。

「時にはあの頃のように燃えるような恋愛がしたい」と憧れを持ってしまう既婚女性も数多くいます。そんな恋心を敏感に察知する男性は、既婚女性の心にするりと入り込んでくることも。

恋愛の楽しさを十分に理解している既婚女性との恋愛は、一部の男性にとってとても魅力的に感じられるようです。

既婚女性を好きになる男性心理とモテる理由




男性にとってもリスクがあるにも関わらず、あえて既婚女性を好きになってしまう理由が気になる人も多いですよね。実は、全ての男性が既婚女性を恋愛対象としてみているわけではありません。

既婚女性を好きになってしまう人は、既婚女性ばかりを好きになってしまうことが多いのです。ここからは、そんな既婚女性ばかりを好きになってしまう男性心理についてご紹介します。

甘えさせてくれそう


これまでにもご紹介したように、既婚女性は一般的に包容力と落ち着きがあり、世話好きで、男心に理解があります。甘えん坊な男性にとって、これらの特徴はとても魅力的に感じられるはず。

独身の女性と付き合う時には、「自分がしっかりしなきゃ」と気を張ってしまう男性も多く、恋愛が精神的なストレスになってしまうことも多いのです。男性を甘やかすスキルに長(た)ける既婚女性は、そのような男性からモテモテになるでしょう。

他人のモノだからこそ燃える




他人のモノが欲しくなってしまう人って、女性の中にもいますよね。同じように、「人妻」が欲しくなってしまう男性も世の中います。誰かが欲しがっているということは、それだけ価値のあることだと解釈してしまうことが多いようです。

そんな男性の場合、恋愛感情よりも先に、旦那さんに対するライバル意識から、既婚女性に声をかけてしまうこともあるようです。「他人のモノだからこそ燃える」タイプの男性の中には、ゲーム感覚で既婚女性との恋愛を始めてしまう人もいます。

大人な女性が好き


男性の女性に対する好みは、実にさまざまに分かれていることをご存知の方も多いですよね。中には、大人な女性を恋愛対象とする、いわゆる「熟女好き」にカテゴライズされる男性もいます。

大人の女性を恋愛対象した場合、若い年代より、どうしても既婚者の割合が高くなってしまうのは仕方のないこと。大人な女性が好きな男性は、常に既婚女性を好きになる可能性を秘めていると言えるでしょう。

恋愛をリードするのが苦手


恋愛慣れしていない男性にとって、女性との恋愛やデートは意外と難しくハードルが高く感じられることがあります。どんな時に告白したりデートに誘えばいいのか、考えるだけで疲れてしまうという人も。

しかし、既婚女性は持ち前の経験値からそんな奥手な男性をどんどんリードして、恋愛を進めていきます。恋愛に不慣れな男性にとって、その行動力が羨ましく感じられるようです。

結婚を考えなくていいから楽


独身女性と交際していると、いつかは出てくるのが「結婚」の話題です。しかし、恋愛だけを楽しみたい男性にとって、結婚の話は重たくて面倒くさいだけのもの。

一方で、既婚女性との恋愛であれば、お互いによほど盛り上がらない限り、すぐに結婚の話に至ることはありません。そのため、とりあえず恋愛だけを楽しみたい男性にとって、既婚女性とのライトなお付き合いは、とても理にかなっているのです。

好きになったら止まれない




一目惚れしやすい、好きになったら止まれないタイプの男性も、既婚女性に恋をしてしまう可能性をはらんでいます。自分の気持ちに素直に動く性格の持ち主ですから、相手が結婚していようが独身であろうが気にしせずに、どんどん話を進めてしまいます。

一方で、そのような男性のプライドを傷つけないように、既婚女性は気を使って、話をぼかしてしまう傾向が。どこかの時点ではっきりさせないと、男性の勢いに押されて恋愛関係になってしまう可能性もあります。

既婚女性が好きな男性がやりがちな行動




ここからは既婚女性が好きな男性がやりがちな行動について、いくつかご紹介します。相手が既婚と知っていながら、恋する気持ちを止められない男性は、なんとかして相手に自分の好意を伝えようと躍起になるでしょう。

独身女性に対するアピール方法と同じものも多いですが、ときに既婚女性のツボを上手く突いてくる手慣れた男性もいます。「もしかして?」と感じたら、下記の項目をチェックしてみてくださいね。

用事がなくてもLINEが来る




既婚女性であっても、知り合いや職場の男性とLINEを交換するのは、よくあることですよね。しかし、特別な用事もないのに、頻繁にLINEが来るようなときには、その男性に好意を持たれている可能性があります。

特に、普段よりも絵文字やスタンプを多用した可愛い文面の時には要注意です。男性とて、気になる相手にLINEを送る時には、自分を飾りたくなるもの。気を使って同じテンションで返事をしてしまうと、「自分に気がある」と勘違いされてしまうでしょう。

二人きりになりたがる


仕事の合間などを狙って2人きりになりたがるのも、好きな女性に対して男性がやりがちな行動です。相手が独身であればおおっぴらにデートに誘うところですが、既婚の場合には後ろめたさもあり、多少隠れるような素振りを見せるでしょう。

例えば、車移動で2人きりになるようなシチュエーションを作ろうとしたり、何かと理由を付けて2人きりで食事に誘うこともあります。周囲の噂になる危険性を承知のうえでの行動ですから、かなり本気度が高い可能性も。

旦那さんの愚痴を引き出そうとする


どんなに好きで結婚した相手でも、一緒に生活して数年経てば、旦那さんの愚痴の1つや2つ言いたくなるものです。そんな既婚女性の心の隙間を突いてくる恋愛上級者な男性もいます。

特に、盆正月などの長期休暇の後には、旦那さんや家族に対する愚痴も溜まってしまうもの。そのタイミングで愚痴を聞いてもらえたら、「この人だけは自分の気持ちを分かってくれる」と、ついつい気を許してしまいそうですね。

イベント時にちょっとしたプレゼントを贈る




「結婚してから旦那さんからのプレゼントが減った」という既婚女性も多いのではないでしょうか。多くの男性は、結婚するまでは金に糸目をつけずにプレゼントを贈るくせに、釣った魚には餌を与えるのを忘れがちです。

そんなちょっと寂しい状況の中で、誕生日やクリスマス、バレンタインなどのイベントの時に、プレゼントをもらえたら、既婚でも気分が舞い上がってしまいますよね。

男性としても、たとえ誰かに見つかったとしても、イベントを言い訳にできる数少ないチャンスです。「義理」にしては高価なプレゼントを渡された時には、「隠れ本命」を疑ってみてもいいのでは。

甘えん坊アピール


上記の項目でご紹介したように、既婚女性の包容力は、男性にとってとても心地の良いものです。世話好きな女性にとっても、甘え上手な男性は可愛く見えてしまいますよね。

そんな既婚女性の心理を知っている男性の中には、時に直接的に「甘えん坊アピール」をしてしまう人もいます。プライド故にそこまで甘えん坊アピールできない男性の、逆を突いてくる作戦とも言えるでしょう。

「〇〇さんがいなかったら僕ダメかも」なんて、調子のいいことを言い出すタイプもいますので、ご注意ください。

既婚女性必見!デートの上手な断り方




ここからは既婚女性がデートに誘われてしまった時の、上手な断り方についてご紹介します。既婚女性にとって、旦那さん以外の男性からデートに誘われるのは、まさに晴天の霹靂です。呆気に取られて、その場で断りそこねてしまうことも多いでしょう。

しかし、はっきりと断らないと、旦那さんを始めとする周囲の人間に勘違いされてしまったり、時にはズルズルと付き合うことになってしまう可能性もあります。「相手を傷つけてしまうかも」などと心配せずに、はっきりと自分の意思を伝えることが大切ですよ。

きっぱりと断る


シンプルですが、きっぱりと断るのが最善の方法です。「その日は予定があるから」などと濁した返答をすると、別の日程を提案されてしまい、ますます断りにくくなってしまいます。

「自分は結婚しているから、家族以外の男性と2人きりで出かける事はない」と、相手につけ入る隙を与えないようなセリフがおすすめです。

なお、既婚女性と分かったうえで声をかけてくる以上、相手の男性もかなり押しの強いタイプと考えられます。断る際には、断固とした態度で伝えるように気をつけてくださいね。

「他の人も誘おう」と提案する


上司など、立場的に厳しい態度を取りにくい相手に対しては、「他の人も誘いましょう」と提案するのも一つの方法です。この際にも、きっぱりと断る姿勢を示すことを忘れないでくださいね。

のらりくらりと返事を濁す場合には、自分から手近なメンバーを誘って、「飲み会のメンバー」として事後報告するのもいいですね。大人しい態度を見せるとつけ入られます。時には自分から攻撃するくらいの気持ちで行きましょう。

「家族の用事がある」と家族円満をアピールする




家庭円満な様子をアピールすることも、有効な手段です。既婚女性に好意を持つ男性は、女性の心の隙間を突いてこようと狙っています。そんな男性には、旦那さんと家庭がうまくいっていることをしっかりと伝えるのが効果的です。

ただし、「せっかくだけど……」や「残念だけど……」などの枕詞をつけてしまうと、別の日程を提案されてしまう可能性もあります。幸せそうな笑顔で家族の予定を話すことで、じわじわと相手の男性に「自分の入れる余地はない」と悟らせることができるでしょう。

恋愛経験者としてアドバイスする


恋愛経験者として、アドバイザー的なポジションから男性を説得するのもいいでしょう。既婚女性に目を向ける前に、独身の女性と将来のある恋愛をした方が、人生として有意義なことをきちんと伝えてみみてください。

また、客観的な意見を伝えることで、自分は恋愛の当事者になるつもりがないことを表現することができます。恋に恋する状態になっている男性も、一度客観的な意見を聞くと冷静になることも多いですよ。

不倫のリスクを教える


既婚女性との恋愛とは、すなわち不倫であり、法的にも社会的に許されるものではありません。一時の快楽と引き換えに、バレた時には男女ともに家族や職場からの社会的な信用を全て失ってしまいます。

恋に浮かれる男性は、「自分は大丈夫」という根拠のない自信で、それらのリスクを軽くみている傾向があります。既婚女性との恋愛は不倫に当たること、社会的信用を失うこと、慰謝料を抱える可能性のあることを、しっかりと説明してみましょう。

既婚女性が旦那さん以外と恋愛するリスク




ここからは既婚女性が旦那さん以外と恋愛するリスクについてご紹介します。すでにご紹介したように、既婚女性の恋愛には、多くのリスクがつきものです。テレビドラマなどを見て、不倫に憧れを抱く人もいるかも知れませんが、現実はそう甘くありません。

長い年月をかけて一生懸命築いてきた家庭や社会的信用が、一瞬で崩れてしまう可能性もあります。結婚している以上は、旦那さん以外の男性との恋愛は想像の範囲に留めておくことをおすすめします。

離婚


よその男性と恋愛していることが旦那さんにバレた時点で、「離婚」を言い渡される可能性があります。不倫は立派な不貞行為とみなされるからです。子どもがいる場合には、親権などを巡って泥沼の戦いになるでしょう。

仕事を持っていれば、当面の生活費には困らないかもしれませんが、専業主婦の場合には、翌日からの生活の糧(かて)をすべて失ってしまうことも。一時の誘惑に負けて、人生真っ暗にならないように気をつけたいですね。

社会的信用がなくなる


既婚であるにも関わらず恋愛をしていることが知られた場合、仕事をクビになってしまう可能性もあります。特に、顧客との信頼関係が大切にされる職場では、有無を言わさず解雇される場合も。

不倫はそれだけ周囲の人間からの信用を失ってしまう行為なのです。また、就職活動をしようと思っても、転職先に「不倫をした人間」として噂が回ってしまい、まともな職業につけない可能性もありますよ。

噂になる




既婚女性の恋愛は、周囲の人間の格好の噂話になります。「人の口には戸が立てられない」というように、噂話はどこまでも尾ひれをつけながら広がっていくものです。

自分と相手の男性だけが噂になるならまだしも、時には親や子どもにまでその被害が及ぶこともあります。自分の恋愛が原因で、子どもがいじめにあってしまう危険性も十分にあるのです。

旦那さんを嫌いになる


家庭の中の見慣れた旦那さんよりも、外にいるたまにしか会えない男性の方が、どうしても希少価値が高く感じられるもの。そのため、一度旦那さん以外の男性と恋愛をしてしまうと、旦那さんのことをつまらないと感じたり、時には嫌いになってしまう既婚女性もいます。

しかし、仮に不倫の事実がバレずに婚姻関係を続けられたとしても、嫌いな相手と一緒に生活するには大きな苦痛を伴います。そして、自分が嫌われていることを、旦那さんも薄々感づいてしまうものです。最終的に、家庭内別居や仮面夫婦と呼ばれる関係になる日も近いでしょう。

あなたは大丈夫?不倫に陥りやすい既婚女性の特徴




最後に、不倫に陥(おちい)りやすい既婚女性の特徴についてご紹介します。結婚してからも、独身時代の楽しかった恋愛を思い出して、旦那さん以外の男性に憧れを抱いてしまうことは、誰しもあることです。

しかし、そこから一歩踏み出して不倫関係に陥ってしまうか、妄想の世界で我慢できるかには大きな差があります。時には自分を客観的に見つめて、心のアクセルとブレーキを上手く使えるように確認しておきましょう。

常に誰かに求められていたい


寂しがり屋で常に誰かに求められていたい願望が強い女性は、旦那さんからの愛情が薄まると外での恋愛に走ってしまう可能性があります。子どもの頃に寂しい思いをしたり、独身時代にモテモテだった女性も、この傾向があるでしょう。

しかし、求められることや愛されることに重きを置いていると、いつまでも心が満たされることはありません。誰かに愛されることよりも、「生涯のパートナーを愛すること」に価値を見出してみてはいかがしょうか。

刺激的な恋愛が好き




テレビドラマなどの題材になるような刺激的な恋愛が好きな人も、結婚してからも恋愛の楽しさを忘れられないことがあります。結婚するまでは、告白からプロポーズ、結婚式、新婚旅行など、各種のイベントが目白押しで、とても刺激的な毎日が続きます。

しかし、いざ結婚生活が始まると、地味な毎日が淡々と続くことも。安定した生活に飽きてしまった既婚女性が外に刺激を求めてしまうと、それまでの反動からこれまで以上に燃え上がってしまう可能性があります。

恋愛以外にも、仕事や趣味など、刺激的なことは世の中にたくさん溢れています。リスクのある不倫に溺れる前に、恋愛以外に視野を広げてみるのもいいですね。

子育てが一段落した


子どもを育てるには、長い年月と忍耐が必要です。しかし、大きくなるにつれて、子どもは徐々に親の手を離れていくもの。子育てに力を注いだ頑張り屋さんな女性ほど、子育てが終わった瞬間に、空いた時間に何をしたらいいのか分からなくなってしまう傾向があります。

そんな時に、よその男性からアプローチされたら、ついついなびいてしまうこともあるでしょう。空の巣症候群で寂しい思いをしている女性を狙っている男性も多いですよ。

若くして結婚した


若くして結婚した人は、独身の友人の恋愛事情やなどを聞いて、「もっと遊んでおけばよかった」と少なからず後悔することがあるでしょう。

しかし、「隣の芝生は青く見える」ものです。他人を羨むよりも、生涯のパートナーと若くして出会えたことに、誇りを持って生きるほうが健全でしょう。

なお、ここまでにご紹介した特徴を備えているからといって、全ての既婚女性が即不倫に走るわけではありません。

考え方を変えれば、「不倫相手としてターゲットにされやすい」特徴を持っていると言えます。「自分は当てはまるな」と感じる場合には、周囲の男性からのアプローチに注意してくださいね。

既婚女性の恋愛は楽しさとリスクの綱渡り




「既婚の自分が恋愛なんて」と他人事のように思っていても、ある日突然、甘いささやきが聞こえてくることがあります。独身時代にドキドキする刺激的な恋愛を楽しんだ人ほど、その誘惑に惹かれてしまう可能性が。

しかし、不倫にはさまざまなリスクが伴い、時には社会的な信用をすべて失ってしまいます。いっときの気の迷いに振り回されずに、本当に大切な物は何か考えて直してくださいね。


(まい)

この記事を書いたライター

まい
都内の大学に通う女子大生。毎日トレンド情報チェックしてます♡趣味はカフェ巡り、記事を書くこと♡

関連記事

今、あなたにオススメ