鼻の皮むけが起きる原因は何?お助けメイク法やおすすめケアを紹介♡

乾燥する季節だと、悩まれる方も多い「鼻の皮むけ」。メイクも全然キレイに出来ないし、夜のお手入れも痛くてしみてしまう……。そんな悩みを持つ方に向けて、今回は【鼻の皮むけの対処法や対策メイク&ケア】についてお届けしたいと思います。


目次 [開く]

鼻の皮むけで化粧がのらない……どうしたらいいの?



毎日するメイクだから、上手くのらないと気分が下がってしまいますよね。

なかなか治ってくれないし、スキンケアをする時もヒリヒリ痛くてとてもツラい。
知り合いに会う時も、ファンデーションを塗った鼻回りが悪目立ちしていないか気になる……。

乾燥する季節には、こんな悩みがつきませんよね。

でも、もう大丈夫です。

鼻の皮むけで悩むあなたに向けて、当記事では今日から出来ちゃう【鼻の皮むけの対処法や対策メイク&ケア】をご紹介していきます。

朝、お出かけ前の方は今日のメイクから。
夜、お家でゆっくりタイムの方はスキンケアからさっそく始めていきましょう!

鼻の頭や小鼻の皮むけが起きる原因



では、さっそく。「そもそも、何で鼻の皮むけはできるの?」
悩みの種の原因についてお話しましょう。

鼻の皮むけが起きる原因は、意外と多くあるんです。
普段、何気なくとる行動の中にも原因が隠れていたりするんですよ。

では、何が原因になるのかを知って鼻の皮むけを予防していきましょう。

鼻のかみすぎ・触りすぎ


これは、花粉の季節あるあるですね。3~4月にかけて多かった悩みですが、今や夏にかけても黄砂が原因で長期間悩まされる人も多いです。

他には、“鼻にできたニキビが気になって”または“自分の癖”で鼻をよく触るなど、無意識に触ってしまっている事はありませんか?

そんな物理的な刺激によって、鼻回りが乾燥してしまいダメージを負って鼻の皮むけが出来てしまうんです。

鼻をかむ時も、前後にワセリンを塗るなどして鼻に直接刺激がないようにカバーを心がけましょう。

ターンオーバーの乱れ


同時期に、花粉などの影響で肌のターンオーバーが乱れ、それが原因で鼻の皮むけが起きることもあります。

このターンオーバーは、肌の生まれ変わりを指すもので肌のうるおいを保ち、保護する役目があります。これが乱れてしまうと、いつもより肌が乾燥してしまったりひどい場合は、一時的に敏感となってしまうなど肌がいつもより刺激を受けやすい状態となってしまいます。

これも、鼻の皮むけができる大きな原因と言えるでしょう。

他には、生理前の期間などホルモンバランスが乱れることで肌のターンオーバーが乱れてしまうことも多くの女性が抱える悩みの一つですね。

紫外線からのダメージ



「まだ、夏じゃないし」と、紫外線対策を怠ったりはしていませんか?
当てはまってる!とドキッとした方、実はこの紫外線は鼻の皮むけの原因にもなるんですよ。

紫外線のダメージを浴びすぎてしまうと、肌のシミはもちろん乾燥にも繋がってしまいます。
「花粉の季節は越えたのに、鼻の皮がむける」という方はこちらが原因ということも考えられます。

シミや乾燥以外にも、紫外線が原因となる肌へのダメージはまだまだありますので要注意ですよ!

肌に合っていない洗顔料を使っている



見た目が可愛いパッケージで、何となく気に入って使い続けてる。化粧品だと、そういったことはたくさんありますよね。

でも、スキンケアだとちょっと危険かもしれないです。その中でも、注意してほしいのが洗顔料。

洗顔後、肌がつっぱるのに使い続けていたり、鼻の皮むけが気になるのに、いつもと同じ洗顔料を使っていたりしていませんか?

肌に合わないものを使い続けてしまうと、それだけでお肌に大事な油分までも取り除いてしまうので
結果的に鼻の皮むけが起きてしまうなんてこともあります。

特に今現在、鼻の皮むけが起きている方。洗顔料をそのまま変わりなく鼻にも使い続けているとかえって悪化してしまうこともあるので、お手元の洗顔料について、見直す必要がありそうです。

過度なスキンケア


洗顔料と同じく、自分の肌に必要以上なケアをすることで鼻の皮むけを招いてしまう事もあります。
例えば、「鼻の黒ずみが気になるから、角栓パックを使用方法より多くしている」など。

べたつきが気になって、多めに洗顔をしたり、ピーリングやスクラブ入り洗顔料での洗顔を頻繁に行っていたりすると、実は肌にダメージを与えていた!なんてショックなこともあるので、自分の肌を知ったうえで、適度な量・頻度・使用方法でケアしていきましょう。

鼻の皮むけがあるときの化粧はどうする?お助けメイク法



鼻の皮むけが起きると、メイクをした後もファンデーションが浮いたり、化粧崩れしていないかとても気になってしまいますよね。

そんな時に役立つお助けメイク法をご紹介していきたいと思います。
今日から出来るメイク術ですので、まずは試してみてください!

必須!スキンケア後のハンドプレス



ハンドプレスとは、化粧水後・乳液後と手を温めてパッティングすることを言います。

朝から、ちょっと面倒くさい……という意見も聞こえてきそうですが、朝だからこそやってもらいたいのが、このハンドプレス!

鼻の皮がむけているという状態は、あなたの肌がとてつもない砂漠のような状態ということです。
肌を守る役割の部分が根こそぎダメージを受けてしまっているから、スキンケアも浸透しづらく傷に近い状態になってしまっています。

それなのに、皮むけを隠したいことばかり気になって十分に水分を浸透させずに、上からメイクをするのは逆に化粧崩れの原因となってしまうんです。

ですので、忙しい朝でもせめて、皮むけのある鼻の頭や小鼻などはハンドプレスするようにしましょう。

ハンドプレスやり方



1.手のひらをお互いに重ね、こするようにして手を温める
2.人肌より温めた手の平を、ハンドプレスしたい位置に置き、ゆっくり3秒数えてから離す
3.顔全体、もしくは皮むけが気になる鼻回りに繰り返す

この方法は、5分間続けるのが理想と言われています。
どうですか?意外と簡単に出来ますよね。
ハンドプレスをするのとしないのでは浸透の仕方が全然違うので、仕込みの一つとして取り入れてみてください。

リキッドファンデーションに美容液を混ぜて使用する


ファンデーションは、リキッド派という方!
そんなあなたは、塗る前に美容液を入れて使用してみて下さい。

保湿タイプのもので、グリセリンやアミノ酸など、保湿成分が入ったものだと乾燥による化粧崩れも防げるのでオススメです。

液体タイプのサラサラ、もしくは少しトロミのあるものを選ぶとファンデーションにも混ぜやすいので使いやすいですよ。


パウダーファンデーションは部分的に化粧下地を変える


パウダーファンデーション派の方は、部分的に化粧下地を変えることでメイクの持ちが変わりますよ。
鼻の皮むけがある時は、粉吹き防止効果のあるような保湿系の化粧下地がオススメです。

ただし、あくまで部分的にです!
鼻の頭や小鼻の皮むけが気になる個所へのみ、使ってくださいね。

悩まれている季節が、暖かい時期だった場合は保湿系の化粧下地は、ヨレの原因になりやすいので……あくまで部分的に。


ミスト化粧品を活用する


ミスト化粧品は、ここ数年メイクの持ちが良くなることから絶大な人気を誇っています。
これは、鼻の皮むけが原因の化粧崩れにも効果覿面(てきめん)です。
使い方は簡単。メイクの上からプッシュするだけでいいのです。

ファンデーションは、粉体と水分が引っ付くことでさらに強度が増し落ちにくくなるため、パウダータイプの場合はそのあとに。リキッドタイプはフェイスパウダーのあとにプシュッと吹きかけてみて下さい。

ダメージを受けている肌は乾燥しやすく、普段よりメイクが浮いたり、崩れやすい状態にあるので、メイクの下からは勿論のこと、上からもミスト化粧品を活用して化粧崩れを防止してみて下さい。


鼻の皮むけをどうにかしたい!おすすめケア&対処法



肌に合ったスキンケアとプラスの対処法で、改善を促しましょう!

ポイントコットンパックをする


部分的にパックする方法です。
家にあるもので手軽に出来るケアで、おまけに浸透力も抜群にUPするので、対処法としてぜひやってみて下さい。

コットンパックのやり方


1.化粧水をコットンにたっぷり含ませる
2.洗顔後、化粧水をつけた肌に用意したコットンパックを気になる鼻回りなどへのせる
3.5~10分ほど置いてから、ゆっくり外す

しっかり保湿する



ダメージを負った肌には、うるおいもそれを保つ力も弱まっています。
いつもより、念入りに保湿ケアを心がけましょう。

普段、化粧水・乳液までのお手入れの方は、最後のジェルやクリームまで使うと良いですよ。

ジェルやクリームには、与えたうるおいを閉じ込める役割と同時に、肌を整えるなどの美容成分が他のスキンケアと比べてしっかり入っていることが多いので、お肌が弱っている時は、特にオススメします。



肌に優しいクレンジング&洗顔を使う


一日の終わりに毎日使うクレンジングと洗顔。
肌に合わないものを使うと、鼻の皮むけが起こる原因となります。

肌がダメージを受けている時は特に、刺激の少ない優しいタイプのものを使うようにしましょう。

クレンジングは、刺激が少ないミルクタイプを使うと良いですよ。
洗い上がりのしっとり感がポイントです。


洗顔は、美容成分や保湿成分をたくさん含んだものを選びましょう。
比較的肌に優しいタイプが多くあるので、皮脂を取りすぎることなく、保湿成分で潤いも残されたまま洗うことができます。


パウダーファンデに変更にしてみる



リキッドファンデ派、クッションファンデ派など「私は、絶対これ!」という方も、鼻の皮むけが起きている時は、ぜひパウダーファンデーションを試してみて下さい。

たくさん種類があるファンデーションですが、その中でも落ちづらく肌に優しいといった特徴を持つのはパウダーファンデーションなんです。

特に、ミネラルファンデーションはクレンジングなし、石鹸のみで落とせるというほど肌へのダメージが少なく、鼻の皮むけのみならず、肌荒れやニキビができてしまった肌にもオススメです。

普段は、お好きなタイプのファンデーションを。
でも肌トラブルが起きている時はパウダーファンデーションにするなど、使い分けてみるのも一つの手段ですね。


鼻の皮むけを予防するためにはスキンケアが大切!



鼻の皮むけは勿論のこと、肌をトラブルなく保つには日頃からの正しいスキンケアが必要不可欠です。
その中でも、特に大切と言える<基本だけど美肌には必須なスキンケア方法>を3つご紹介します。

正しい洗顔を意識する


毎日する洗顔は、間違ったまま続けると肌のトラブルへ繋がってしまいます。
今日から、正しい洗顔方法を意識して洗いましょう。

洗顔方法


1.ぬるま湯(32~33度)で、顔全体を洗い流す
2.水で濡らした泡立てネットに、既定の使用量をのせよく泡立てる
3.Tゾーン→フェイスライン→頬と油分の多い部分から泡をのせる
4.指でこすってしまわないように、泡だけで全体を洗う
5.ぬるま湯(32~33度)で、優しくすすいでいく(30回ほどを目安に)

日焼け止めをしっかり塗る



夏のみならず、1年中塗ってほしい日焼け止め。塗り方にも、ちょっとしたコツがあります。朝塗って出かけたまま、1日過ごしていませんか?日焼け止めは、正しい量と使用方法でその効果を発揮します。

規定の量だと、顔には多い……と感じても、しっかり顔全体に塗るようにしましょう。

お手元の日焼け止めの規定量がわからない場合は、500円玉の大きさを一度に使用する分と考えて、2~3時間置きなど、こまめに塗りなおすようにしましょう。

肌に合ったスペシャルケアをする


鼻の皮むけが起きた時は、肌に優しいケアが必要になりますね。
では、鼻の皮むけが落ち着いた後は?

鼻のかみ過ぎで、摩擦によるダメージを受けてしまった鼻回りは、色素沈着による黒ずみへ。
間違った洗顔など乾燥によって、肌を守る機能も弱まってしまった場合は毛穴開きなど、症状が落ち着いたあとは、次の肌トラブルが待ち構えています。
鼻の皮むけが落ち着いたら、美容液などを使って、先手で予防をしていきましょう!

鼻の皮むけは、しっかり慎重に



肌のダメージで起きてしまった鼻の皮むけは、キズができているのと同じです。
スキンケアや対処法を行って、慎重にケアしていくことが大切ですね。

外出する際は、対策メイクもぜひお試しくださいね。

(まい)

この記事を書いたライター

まい
都内の大学に通う女子大生。毎日トレンド情報チェックしてます♡趣味はカフェ巡り、記事を書くこと♡

関連記事

今、あなたにオススメ