丸顔さんのシェーディングの入れ方を解説!小顔ですっきり美人に♡

丸顔さんの中には、ぽっちゃり見られるのが悩みだという方も多いのではないでしょうか?そんな方は、シェーディングで丸顔をすっきり小顔に変身させましょう!

今回は、丸顔さんのシェーディングのやり方やおすすめのシェーディグ&ブラシをご紹介します。


目次 [開く]

丸顔をシェーディングテクニックですっきり小顔に!


メイクで丸顔を小顔に見せるには、シェーディングというメイク方法を使うのがおすすめです。シェーディングとは、肌の色よりも暗めの色で陰影(シェイド)を作り、顔を立体的に見せるメイク方法のこと。顔にシェーディングを入れることで丸顔が引き締まり、小顔効果が得られます。


顔の形によってシェーディングのやり方は違う


シェーディグをすると小顔に見えますが、全員が同じやり方をしても効果がありません。顔の形によってやり方は違うので、一人一人の顔の形に合ったシェーディングをしましょう。またシェーディングをしていく場合は、骨格に沿って効果的に入れることが重要です。骨格に沿って入れることで、自然な仕上がりになります。


丸顔さんのシェーディングのポイント


では、丸顔さんのシェーディングはどのように入れればよいのでしょうか?まずは、丸顔さんのシェーディングのポイントをご紹介します。丸顔さんの特徴は、フェイスラインが丸くおでこが広めで、顔の縦幅と横幅の長さが同じです。この丸顔さんの特徴をふまえたうえで、小顔に見えるようにシェーディングを入れていきましょう。


縦のラインを意識する


ポイント1つ目は、縦のラインを意識することです。丸顔さんは顔の縦幅と横幅の長さが同じなので、顔の余白が協調されやすいです。そのため、シェーディングで顔の横幅を小さくして縦のラインを意識することで、小顔に見せられます。

また理想の顔の形は卵型と言われているので、卵型に近づくように、余分な部分を削ぎ取るようなイメージでシェーディングを入れるのもポイントです。


ハイライトも活用して立体感を出すように


ポイント2つ目は、ハイライトを活用して立体感を出すことです。丸顔さんは顔が全体的にふっくらしており、のっぺりとした印象に見えがち。そこで、シェーディングだけではなくハイライトもしっかり活用しましょう!ハイライトを顔に入れることで、顔がより立体的になり小顔に見えます。


鼻筋にもシェーデンングを入れる


ポイント3つ目は、鼻筋にもシェーディングを入れることです。シェーディングというと、フェイスラインに入れることが多いですよね。しかし丸顔さんの場合は、鼻筋にもしっかりとシェーディングを入れて鼻を高く見せることで、より立体的な顔になり丸顔がすっきりして見えます。


丸顔さんのシェーディングのやり方


それでは丸顔さんのシェーディングのやり方を詳しくご紹介します。メイク初心者で難しいと感じている方も多いかと思いますが、コツをつかめば誰でも簡単に小顔に変身することができます!丸顔さんに適したシェーディングのやり方を覚えて小顔を作りましょう。


おでこの生え際にふんわりと


化粧下地・ファンデーションを塗りおえたら、シェーディングをおでこの生え際にふんわりのせます。おでこの生え際にのせることで、広いおでこを狭く見せることが出来て小顔効果に。あまりのせ過ぎると不自然になってしまうので、欲張らずふんわりのせる程度にしましょう。


こめかみ→頬骨の下→エラへと「数字の3」を描くように


次に、こめかみ→頬の下→エラへと「数字の3」を描くようにシェーディングをのせます。丸顔さんの場合は、頬の下にシェーディングをしっかりのせることで、立体的な顔が作れます。頬の下は、頬骨の位置を手で確認し、頬骨に沿うように入れると、しっかりめに入れても自然に仕上がります。


エラに入れたシェーディングを首までぼかす


次に、先程エラまで入れたシェーディングを首までぼかします。シェーディングは入れるだけではなく、しっかりぼかすことが大切。エッジの部分を首までぼかすと自然な仕上がりになります。ぼかす時は、ファンデーションブラシやスポンジを使ってぼかすと、上手にぼかせるのでおすすめです。


ノーズシャドウを入れる


次にノーズシャドウを入れます。ノーズシャドウを入れる位置は、眉頭の下から鼻の付け根です。鼻の骨に沿うようにしてシェーディングを濃いめに入れていきましょう。入れたらぼかすのを忘れず、そのまま鼻の付け根から鼻先まで軽くシェーディングを入れます。


ハイライトを入れる


最後はハイライトを入れて、顔により立体感をプラスします。丸顔さんのハイライトを入れる位置は、眉尻下にある眉弓骨(びきゅうこつ)・おでこ・鼻筋・あご先・目の下の三角ゾーンです。全て縦のラインを意識してハイライトを縦に入れていくのがポイントです。


丸顔をすっきりさせる!おすすめシェーディング&ブラシを紹介!


シェーディングはたくさんの種類があるので、どれを使えば良いか迷いますよね。そこで、おすすめのシェーディングとブラシをご紹介します。シェーディング初心者の方でも使いやすいアイテムをご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。


おすすめのシェーディング


【CANMAKE(キャンメイク)】シェーディングパウダー


キャンメイクのシェーディングパウダーは、ソフトフォーカス効果があるので、フェイスラインに入れると瞬時に小顔になれる優れもの。皮脂に強いので汗をかいてもメイク崩れしにくく、持ちが良いのも特徴です。また粉伸びが良いのでつけ過ぎる心配もありません。初心者の方でも扱いやすく、お求めやすいのでおすすめです。


【WHOMEE(フーミー)】ちっちゃ顔シャドウ


色味が絶妙なシェーディングで肌によく馴染み、自然な仕上がりになるフーミーのちっちゃ顔シャドウ。フェイスラインに使ったり、ノーズシャドウとして使ったりするだけでなく、アイブロウや涙袋の影などにも使える万能アイテムです。パッケージも可愛いデザインで、筆が付いているのも使いやすくて嬉しいポイント。


【MAYBELLINE(メイベリン)】フェイスステュディオ Vフェイス デュオスティック


シェーディングとハイライトが1つになっているスティックなので、これ1つで立体感のある小顔に仕上がります。固めのテクスチャーですが、スティックの滑りが良くピタッと肌に密着し、肌馴染みも良いです。また持ち歩きにも便利なサイズでポーチに入れてもかさばらないため、外出先のメイク直しにもぴったりです!


【too cool for school(トゥークールフォースクール)】アートクラス バイ ロダン


トゥークールフォースクールのアートクラス バイ ロダンは、数あるシェーディングコスメの中でも特に人気です。コンパクトの中にシェーディングカラーが3色あり、濃淡の調節がしやすく、とにかくナチュラルに立体感を出してくれます。単色で使用したり、3色を組み合わせてグラデーションを作ったりと、その時のメイクに合わせたシェーディングができます。


おすすめのブラシ


【UR GLAM(ユア グラム)】パウダーブラシ


ダイソーのUR GLAMシリーズのパウダーブラシは、200円ですがお値段以上のクオリティだと評判のアイテム。毛がとても柔らかいので肌あたりが良く、面積が大きいのでシェーディングをふんわり乗せられます。シェーディングをつけ過ぎてしまうという方でも、このブラシならナチュラルに仕上げることができるのでおすすめです。


【M・A・C(マック)】#140 シンセティック フル ファン ブラシ


シェーディングはもちろん、ハイライトやチークにも使用できる高機能ブラシ。扇形で大きめのブラシなので粉含みが良く、ムラなく綺麗にシェーディングを乗せることができます。ふわふわ毛質は肌に当たってもチクチクすることなく使い心地も抜群です。MACのブラシはとても長持ちするところも人気の秘密です。


【ADDICTION(アディクション)】ラウンドベースメイクアップブラシ


毛の密度が高くコシのあるブラシ。毛先が斜めにカットされたデザインになっており、顔中どこにでもぴったりフィットします。パウダータイプやスティックタイプなど、どのシェーディングとも相性が良くナチュラルに仕上がります。また、シェーディング以外のベースメイク全てに使用できる便利なブラシです。


【laura mercier(ローラメルシエ)】グロウパウダー ブラシ


毛先の形が独特なブラシで、骨格に沿ってきれいにシェーディングをのせることが出来るつくりになっています。テクニックいらずでまんべんなくのせられるので、失敗しにくいです。コシがあるのに柔らかい毛質で肌あたりもよく、粉含みも良いです。シェーディング初心者の方は是非、こちらのブラシを試してみてくださいね!


丸顔さんもシェーディングで小顔美人になろう!




今回は、丸顔さんのシェーディングのポイントややり方をご紹介しました。シェーディングテクニックを身につければ、簡単に丸顔をすっきり小顔に見せることができます。シェーディングをするのとしないのでは、顔の印象がガラリと変わるのでぜひ挑戦してみてください!

(まい)

この記事を書いたライター

まい
都内の大学に通う女子大生。毎日トレンド情報チェックしてます♡趣味はカフェ巡り、記事を書くこと♡

関連記事

今、あなたにオススメ