目の色が人によって異なるのはなぜ?その理由と日本人に多い色を紹介!

あなたの瞳の色は何色ですか?目の色は、人によってさまざまなのをご存知でしょうか。日本人だけでもブラウンやブラックなどそれぞれに違いが見られますが、世界を見渡してみるともっとさまざまな瞳の色を知ることができます。

人によって目の色が異なるのはどうして?そもそも目の色とはどの部分のことを指しているの?日本人には何色の目が多くて、世界にはどんな目の色が存在するの?目の色が違うと何が変わるの?似合うアイメイクは?

ここでは、これらの目の色にまつわるさまざまな疑問を拾いながら、詳しく解説していきます。これを読み終えるころには、あなたも目の色マスターに。ぜひ楽しみながら知識を深めていってくださいね!


目次 [開く]

目の色が違うと何か変わる?



瞳の色が異なることで、どんな違いがあるのでしょうか。まずはじめに挙げられるのが「眩しさ」についてです。人は同じ明るさのところにいても、瞳の色が薄ければ薄いほど眩しさを感じやすくなっています。また、「その人の印象」も目の色でずいぶんと変わりますよね。深みのあるブラウンの瞳と、繊細なブルーの瞳とでは随分と雰囲気が異なります。それぞれの色の特徴を活かすことで、似合うアイメイクも違ってきます。

目の色とは目のどの部分を指してるの?



では、そもそも目の色とは、目のどこの部分を指しているのでしょうか。何がその色を決めているのでしょうか。まずは漠然と「目の色」と呼ばれているそれについて、もっと詳しく見ていってみましょう。

目の色とは「虹彩」のこと



ずはり目の色とは「虹彩(こうさい)」のことを指しています。虹彩とは人の目のなかの色がついている部分のことです。目は正面から見た際、白目の部分、虹彩、そしてそのなかの瞳孔に、ざっくりと分けることができます。

瞳孔とは、虹彩のさらに内側、目の中心に存在する、一般的に黒目と呼ばれている部分のことです。この瞳孔の部分は目の色に関わらずみんな黒色をしています。それに対して虹彩の色は人によってさまざまです。つまり、目の色の違いは、虹彩の色の違いによって生まれているのです。

虹彩の特徴



続いて、人の目における虹彩の役割についてご説明します。普段人の目は、暗いところと明るいところでは、瞳孔の大きさが大きかったり小さかったりと、違って見えます。実はこれ、虹彩が伸びたり縮んだりすることで瞳孔の大きさを変え、入ってくる光の量を調節しているのです。

上でご紹介したように、虹彩の色は人によってさまざま。さらに虹彩には模様が見られ、それも個人によって異なるため、最近ではそれをスキャンして個人を判別する『虹彩認証』も開発が進んでいます。それほど、虹彩は人によってさまざまに違いが見られるのです。

一体なぜ?人によって目の色が違うワケ



では、目の色が人によって異なるのは一体どうしてでしょう。続いては、人の目の色がそれぞれに異なるワケについて詳しく見ていきましょう。

遺伝子



まずはじめに、遺伝子による目の色の違いについてご説明します。目の色に関連する遺伝子が存在することはすでにわかっていて、23対ある人の染色体のなかの、主に15番染色体のEYCL319番染色体のEYCL1の2つがそれにあたります。

15番染色体のEYCL3は、優性が茶色、劣性が青色で、19番染色体のEYCL1は、優性が緑色、劣性が青色とされています。少し難しく感じられるかもしれませんが、要するに茶・緑・青を構成する遺伝子の組み合わせによって目の色が決まる、ということですね。

メラニンの量



もう1つ、目の色が決まる要素として挙げられるのが、メラニンの量です。メラニンとは、太陽の光に含まれる有害な紫外線を吸収し、身体を守ってくれる色素のこと。虹彩だけではなく、肌や髪にも含まれている色素です。このメラニンの量が多ければ暗い色となり、少なければ明るい色となります。つまり、虹彩に含まれるメラニンの量によっても、目の色が違ってくるのです。目の色は、遺伝子とメラニンの量、主に2つの要素によって決まるということですね。

世界の目の色の種類!日本人が多いのは何色の目?



では、日本や世界にはどんな瞳の色が存在しているのでしょうか。ここからは、日本人に多いものから、世界で見られるものまで、さまざまな目の色をピックアップしていきます。知っているようで知らなかった色の名称や、めったに見られない珍しい色など、世界に見られるさまざまな目の色にフォーカスして見ていきましょう。

日本人に多い目の色



まず日本人に多く見られる目の色からご紹介していきます。日本人の目の色はその大半がブラウン系だと言われています。最も多いのはブラウンやダークブラウン。一般的にブラックと表現されるものも、実際は濃いブラウンであり、真っ黒ではないことがほとんどです。では、それぞれの色についてより詳しく見ていってみましょう。

ブラウン



世界の人の目の色でいちばん多いとされているのがブラウン。アフリカやアジア地域に多く見られる目の色です。日本人にも多いということは、先ほど上でご紹介したとおりです。オーソドックスな茶色い瞳はブラウンアイと呼ばれて親しまれています。暖かみのあるブラウンは、やわらかな印象を与えますよね。同じブラウンでも、黄色がかったものから赤みがかったものまで、それぞれ個性が見られます。太陽の光の元で見ると、その違いがわかりやすいですよ。

ダークブラウン



ブラウンに続いて日本人の目の色に多く見られるダークブラウン。こちらもブラウンアイにカテゴライズされますが、ブラウンと比べるとやや白目との境目がくっきりとしているため、温かみがありながらもキリっとした印象を与えるのが特徴です。

先ほど上でもご紹介たように、一般的にブラックと呼ばれている瞳も、このダークブラウンに属している場合がほとんどです。境界線ははっきりとはしていませんが、家族やお友達と目の色を比べてみるのもおもしろそうですね。

ブラック



日本人といえば黒い髪に黒い目。海外ではそのようなイメージを持っている人も少なくないようですが、実際に目の色が純粋にブラックだという人は、日本人のなかでもかなり珍しい存在です。上でも触れたように、ブラックの目というのは、そう見えるだけで実際はとても濃いブラウンのことがほとんどなのです。太陽の光の元で見てみると、瞳孔の真っ黒な色と違いがあることがわかります。

上のダークブラウンよりもさらに白目との境界がはっきりとしているこちらの色は、相手に凛とした力強い印象を与えますね。

アンバー



続いては琥珀(こはく)色を意味するアンバー。かなり赤みの強いブラウンを指し、光の加減で黄色や金色に見えるため、ゴールデンイエローと呼ばれたりもするようです。日本人でアンバーの目を持つ人は、全体の1割に満たず少ないようですが、なかでも九州地方には比較的多いと言われます。

その目の色はオオカミのものに似ていることから、ウルフアイという別称も。温かなブラウンに輝きを加えたような、やさしくも強さを感じさせる色ですね。

ヘーゼル



ライトブラウンとダークグリーンが混ざったような独特の色をしたヘーゼル。こちらも日本人には少ない目の色で、日本でいうと九州や山陰地方では比較的見られることがあるようです。単色ではなく2色が混ざっているのが特徴で、瞳孔の周りをライトブラウン、その周辺をダークグリーンが覆っているものや、その逆のものもあり、欧米では「環境によって変化する目の色」と言われています。アメリカやヨーロッパにはヘーゼルの目を持つ人も多いようです。2色がつくるその独特の色合いは、どこか神秘的な印象を与えますね。

日本人は大半がブラウン



いかがでしょうか。ここまで、日本人に見られる目の色をご紹介してきました。日本人のほとんどはブラウン系の目の色をしているということがわかりました。では、世界にはどのような目の色が存在するのでしょうか。

1
2

この記事を書いたライター

まい
都内の大学に通う女子大生。毎日トレンド情報チェックしてます♡趣味はカフェ巡り、記事を書くこと♡

関連記事