友達・彼氏にLINEをブロックされたらすべきこと5つ!対処&確認方法をチェック

友達や彼とのLINEでのコミュニケーション。気軽にやり取りができて楽しい反面、気を揉むこともチラホラ。なかでも悩むのは「もしかしてブロックされてる?」なんて気づいてしまったとき。焦って行動を起こしてしまう前に、LINEでブロックされてると思ったときにすべきこと&NG行動をチェックしておきましょう!


目次

LINEブロック問題、こんな行動はNG!


友達や彼とのLINEをしていて、「これってもしかしてブロックされた!?」と気づいてしまったとき。焦る気持ちのまま行動しないよう、避けるべきNG行動をチェックしておきましょう!


焦って連絡を取ろうとする


どうにか連絡を取ろうと、他のSNSからコンタクトを取ろうとしたり、電話をかけたりしてしまうのはちょっと待って!もし実際にブロックされているとしたら、相手側には何か気持ちの面で理由があるはず。すぐに「ブロックしてる?」と聞かれても返答に困ってしまったり、返って関係性をこじらせてしまうこともあるかもしれません。


「何かした?」と問いただす


今まで連絡を取っていた人からブロックされてしまうと、その理由が気になりますよね。「私、何かした?」と本人に聞きたくなりますが、ここは一旦落ち着きましょう。何も言わずにブロックされているということは、相手側には何か伝えづらい理由があるのかもしれません。他の連絡手段からブロックの理由を問いただしたりしてしまうと、相手の気持ちが離れてしまう可能性も!関係修復を考えているなら、問いただすことは避けるのがベターです。


友達経由で過度なアプローチ


連絡手段がLINEだけの場合、共通の友達や知人を経由して連絡を取る方法が思い浮かびますよね。このとき注意したいのが、友達経由で過度なアプローチをしないこと。「◯◯くんにブロックされたんだけど!」なんて友達へグチを漏らしてしまうと、返ってトラブルに繋がることもあるかもしれません。信頼できる友達へ相談も兼ねて話してみるなど、関係が悪化しないよう工夫することも大切です。


ブロック仕返す


「相手がブロックしているなら、こちらもブロックしてしまおう」なんて思っていませんか?カップル間でのブロックは、一時的に感情的になってしてしまうことが原因の場合も意外と多いようです。ブロック仕返してしまうと、連絡のタイミングを失ってしまうこともあるので、まずは落ち着いて様子をみるようにしたいところ。友達間でのブロックは手違いの可能性もあるので、すぐに感情的にならず、時間を置いて確認してみるのもいいかもしれませんね!


「LINEブロックされたかも」と思ったらすべき5つのこと


LINEをブロックされた可能性があるときは、一体どうしたらいいのでしょうか?まずしておくべきことを5つに分けてご紹介していきます!感情的になってしまう前に、ぜひチェックしてみてくださいね。


1.ブロックされてる?まずはこっそり確認を


そもそも本当にブロックされているのか、こっそり確認できたらいいですよね。方法はいくつかありますが、こっそり確認する場合は相手のLINEへプレゼントを送る方法がおすすめ!LINEスタンプ・着せ替え・絵文字などを相手へプレゼント送信してみます。


ブロックされている相手へのプレゼント送信はできない仕組みになっているので、送れない場合はブロックされている可能性が高いです。ただ、相手がすでに持っているアイテムの場合は送信できないので、マイナーなものや相手が選ばなそうなもの、もしくは複数個送ってみることで確認できるはず。ブロックされていると、何を送っても「◯◯はこのスタンプを持っているためプレゼントできません。」と表示されます……!


2.時間を置く


「ブロック解除してほしい」「関係を修復したい」という場合も、まずは時間を置くことが大切です。すぐにコンタクトを取ろうとしても、相手の気持ちも落ち着いていないことが多いので、まずはお互いに落ち着くタイミングを見計らいたいところ。自分でも感情的にならないように、しばらく距離を置いてみてもいいかもしれません。


3.ブロックされた原因を考える


ブロックされてしまった原因を考えてみることで、関係改善に繋げることができるかもしれません!カップル間での喧嘩の場合は、ほとぼりが冷めると解除されていたなんてことも多いようです。この先ブロックを繰り返されてしまうことがないように、しっかり向き合っておきたいですよね。全くブロックされる心当たりがない場合は、1度相手にLINEで連絡が取れないことを伝えてみてもいいかもしれません。


4.他のコミュニケーション法でアプローチ


どうしても連絡が取りたい場合、LINE以外の手段でアプローチを。電話番号を知っている場合は電話・メッセージ、その他にはTwitterやインスタグラムなどのDMを使う方法が考えられます。会う機会がある相手なら、返って直接アプローチする方が効果的な場合も。このときも、「LINEブロックしてるでしょ?」と問いただすより、「LINEが送れなくて…」と相手が答えやすいような伝え方ができるよう気をつけてくださいね!


5.しつこくせず、1回にかける


「LINEが送れないんだけど」「連絡届いてる?」「返信して」なんて立て続けに送られてくると、相手もブロック解除する気にはなりませんよね。ブロック解除をお願いするためにコンタクトを取る場合は、1回にかけるような気持ちで相手に持ちかけてみましょう。


「それでも解除されない」そんなときの切り替え方は?


「色々試してみたものの、ブロックされたまま」そんなときは、気持ちを切り替えることも大切です。落ち込む気分から抜け出すためのコツを覚えておきましょう!


縁がなかったと割り切ることも大切


急に相手から突き放されたようで落ち込んでしまいますが、どうにもならない場合は縁がなかったんだと割り切ってしまいましょう。気持ちの整理にも時間がかかることですが、ブロックされてまで相手との関係を続ける必要はないと、前を向けるようにしていきたいですね。


気分転換できる場所へ


ブロックされてしまったこともモヤモヤと考えてしまうときは、思い切ってリフレッシュできる場所へ出かけてみるのもひとつ。外へ出ながら、軽くデジタルデトックスしてみるのもおすすめです。生活の中でLINEをはじめとするSNSに左右されることが多い方は、1度スマホから離れて気分転換してみてくださいね♪


趣味に没頭する


趣味に没頭している時間は、嫌なことを考えなくて済みますよね。「そんなの現実逃避じゃん!」なんて思うかもしれませんが、嫌なことを考えなくて済む時間を過ごしているうちに、嫌な気持ちが癒されることもあります♡自分の気持ちがすっきりするような過ごし方をしてみましょう。


自分を見つめ直すきっかけに


ブロックされてしまったことに落ち込み続けずに、今後人と関わる上でプラスに働くようなチャンスに変えてしまいましょう!ブロックされてしまった原因に自分が悪いところがあったのか、どうすれば良かったのかなど、自分を見つめ直すきっかけになるはず。「いい勉強になったな」と思うことができれば、気持ちも軽くなるかもしれません♪


周りの人とのコミュニケーションを


ブロックされてしまったことで、人との関わりを避けたくなってしまうこともあるかもしれません。でもここでめげずに、周りの人とのコミュニケーションをきちんと取るように意識していきたいところ!密にコミュニケーションを取ることで、今後は急にブロックされるという状況を避けることもできるかもしれません。


友達や彼からLINEをブロックされてしまうと、気持ちまで落ち込んでしまいがち。そんなときも、ネガティブになりすぎたり感情任せにならず、まずは落ち着いてブロックへの対処法を探してみましょう。今回ご紹介したポイントも、何か解決の糸口になれば嬉しいです!

(Kai)
1

この記事を書いたライター

Kai
1992年生まれ。高校生の頃に立ち上げたブログで、コスメやファッション、ダイエットなどティーンならではの”もっと可愛くなりたい!”気持ちを前面に押し出す情報を発信し始める。購読者数3000人を超え、可愛くなりたい女の子たちとの情報共有やコミュニケーションの楽しさを知ることに。ブロガーと同時にサロンモデルとして活動。フリーでの活動の傍らアパレル店員としてファッション関連の仕事に携わる。モデル・ブロガーとしての関わりをきっかけに、雑誌『ラブベリー』のWEBサイトラブニューチャンネルにて記事執筆を開始。韓国っぽWEBマガジン『HARUHARU』にてライターとして本格始動する。現在はフリーライターとして複数の女性向けメディアにて執筆中。『"かわいくなりたい"を叶える』がテーマ。

関連記事