おしゃれ度がアップするクローゼット整理のやり方♡おでかけ前に慌てずコーデが組める収納術

服がパンパンに詰まったクローゼットを前に「着る服がない……」忙しい朝なのに「何を着ていいかわからない!」そう思った経験、ありませんか?そのお悩み、クローゼットをきれいに整理整頓すれば解決するかもしれません!

今回は【クローゼットを見やすくきれいに整理して、おしゃれに一歩近づくポイント】をお伝えいたします♡


目次

クローゼットを整理するメリット2つ


クローゼット整理のメリット1.服を探す効率が上がる


クローゼットの中に服や物が溢れ、どこに何があるかわからない状態だと、服や小物を探すのに無駄な時間がかかってしまいます。また、ごちゃごちゃしたクローゼットを見ながらでは何を着ようか考えるのも一苦労。

一方、ニットはここ、スカートはここ、パンツはここ……というように、どこに何があるかを一目で把握できれば、服や小物を探す効率がアップします。コーディネートを考える時間も大幅に短縮できるでしょう。クローゼットがすっきりすれば、出かける前の忙しい時間にバタバタせずに済みます。


クローゼット整理のメリット2.無駄な買い物を防ぐことができる


「この服かわいい!」と買ってみたものの、よく考えれば同じような服を持っていた……そんな経験はありませんか?クローゼットが整理できてないと、持っていることを忘れて似たような物を買ってしまうなんてことも。

自分がどんな服を持っているのか、クローゼットの中身をきちんと把握しておけば、このような無駄な買い物を防ぐことができます。


クローゼット整理の4つのステップ


では実際にクローゼットを整理していきましょう♪ここでは以下の4つのステップに分けて解説していきます。

1.全部出す
2.分ける&減らす
3.手入れする
4.収納する

クローゼット整理のステップ1.全部出す


まずはクローゼットの中に何があるかを把握する必要があります。ベッドの上や床に、クローゼットの中の服をすべて出してみましょう。この時はきれいに並べなくても構いません。とりあえず出してみて、何があるかを把握するのが大切です。


クローゼット整理のステップ2.分ける&減らす


次に、目の前にある服を仕分けする作業が必要です。いる服・いらない服を仕分けして、服を減らしていきましょう。

服の数を減らすと整理整頓がしやすくなる♡


もう着ない服や、気に入っていても傷んでいる服は思い切って処分しましょう。処分するかしないか迷った時は、過去1年間で着たかどうかを基準の一つにしてみてください。

1年間着ていない服は、今後も着ない可能性が高い……!


1年間に着ていない服は、処分候補かも。服を手に取ってみてときめくか、そうでないかも重要な基準になります。持っていて心が高鳴るような服を残していくようにしましょう♡

フリマやリサイクルに出そう


服を処分する際、もったいないと感じてなかなか手放せないこともありますよね。状態の良いものはフリマアプリやリサイクルショップなどを活用するのもおすすめです。たくさん着た服は、「今までありがとう」と感謝の気持ちと共に処分すると心もスッキリします♡


クローゼット整理のステップ3.服のお手入れする


続いて、ステップ2で残すことにした服をのお手入れをします。汚れている部分がないか、毛玉などがついていないかをチェックしていきましょう。汚れやシミがあれば洗濯やクリーニングをし、毛玉も毛玉取り器などを使って取り除いていきます。もし毛玉取り器が無い場合は、顔用カミソリを使ってそっと処理していく方法もありますが、服が傷みやすいためあまりおすすめではありません。また、手でむしるのも生地を傷めたり毛羽立ってしまうため、よくありません。毛玉取り器を使えば手軽で安全に処理ができまよ!


クローゼット整理のステップ4.収納する


クローゼットの中のものを仕分けして、お手入れをしたら、次はいよいよ収納です。いくつかポイントを挙げて解説していきます。


アイテムの定位置を決める


まずは、トップスとボトムスに分けます。そこから「ニットはここ、シャツはここ、パンツはここ」というように、モノの定位置を決め、使い終わったらそこに戻す習慣をつけましょう。定位置を決めておくとどこに何があるか把握しやすく、モノが散らかりにくいです。セットアップなど一緒に使うものも近くに配置するなど工夫して収納していきましょう。

使用頻度を考える


クローゼットに残すアイテムの中でも、普段からよく着る服と、パーティーでしか着ないドレスなど使用頻度がわかれますよね。使用頻度が高い服は取り出しやすいところに配置するようにし、使用頻度の低い服やシーズンオフの服は、収納ケースなどに防虫剤と共に入れてまとめておくのも良いかもしれません。

統一感のある見た目


クローゼットをすっきりと整理するには、ただ収納するだけでなく、統一感のある見た目も重要です。カゴなどを収納グッズを使う際はサイズや色を統一したり、ハンガーも同じものを使うと見た目もスッキリします。また、アイテムを色ごとに分けるのも統一感が出ておすすめです。


すっきりしたクローゼットでおしゃれ度もアップ♡


おしゃれは足元から、という言葉がありますが「本当のおしゃれはクローゼットから」といっても過言ではありません。何がどこにあるか一目で把握できるすっきりとしたクローゼットだと、出かける前にバタバタ服探しをする必要もなくなりますし、何よりコーディネートを考えるのも楽しくなりますよね♡一度手持ちの服を整理してみるのはいかがでしょうか。おしゃれに一歩近づけるはずです!



(つばき かおり)

この記事を書いたライター

つばき かおり
アクセサリー作家、モダンバレエ教室アシスタント講師。 アクセサリーを制作・販売する傍ら、「健康的に美しく」をモットーに幅広い年代にバレエを指導。

関連記事