まるでメール!?「長文LINE」への返し方【恋するLINE講座 #04】

連載
恋するLINE講座
恋するLINE講座
片思い中の人も、恋人がいる人も。相手と会う時間より会わない時間の方が多いからこそ、LINEでの会話が恋の行く末を決める!恋愛コラムニスト・ゆめ子が、毎回テーマを変えて「恋するLINE講座」をお届けします♡
恋する女子に欠かせないコミュニケーションツールといえば、LINE。

片思い中の人も、恋人がいる人も。相手と会う時間より会わない時間の方が多いからこそ、LINEでの会話が恋の行く末を決める!?

恋愛コラムニスト・ゆめ子が、毎回テーマを変えて「恋するLINE講座」をお届け♡

こんな時、あなたならどんなLINEを送る?

#04 好きな人が長文LINE派だった!どう返すのが正解?


気になっている人とLINE交換するまで、どんなメッセージを送るタイプなのか分からないですよね。

もしも相手が、メールばりの長文LINEを送る人だったら……?

自分も長文LINE派なら問題ないですが、そうではなく短文LINE派だと、どう返していいか迷いますよね。

今回はゆめ子流・長文LINEへの返し方をレクチャーします♡

自分も長文で返す


合わせ上手・好きな人に染まりやすいタイプの女子は、この戦法がおすすめ。

相手と同じくらいの文字量・頻度でLINEを送ると、好意を持ってもらいやすいです。

絵文字やスタンプの使い方も真似しちゃいましょう♡

自分の短文LINEに相手を慣れさせる


まるでメール!?「長文LINE」への返し方【恋するLINE講座 #04】の1枚目の画像

「相手に染まるなんてもってのほか!私は私の流派を貫く!」という女子は、これくらい強気でもいいかも。

相手が短文LINEを送ってくれるようになるまで、粘りましょう。

しかし、そっけない返しは脈なしと勘違いされるので要注意!

短文+スタンプや写真で重さを補完


長文LINEに合わせるのが苦手な女子も、これくらいならできるのでは?

短文の後に、毎回スタンプをつけると、なんとなく重さが補完された感じになります。

おいしいスイーツや映えスポットなど、撮影した写真を送るのも◎。

ベストなLINEのやり取りは2人で作っていこう!


相手と出会ったばかりの時期は、「こんな一面もあったの!?」という意外性の連続。

LINEに限らず、相手との価値観や性格は、お互いすり合わせていくことが大事。2人で心地のいい距離感を見つけてくださいね♡

(ゆめ子)
1

この記事を書いたライター

ゆめ子
恋愛コラムニスト。婚活・恋活マッチングサービス、恋愛メディアなどに携わった経験を元に、独自の観点で男女の心理を分析!得意分野はLINEテクニック。恋愛に役立つノウハウをお届けします♡

関連記事