「え…?ここ…?」おぞましい量の幽霊が住む家【本当にあったちょっとこわ〜い話Vol.9】

連載
本当にあったちょっとこわ〜い話
本当にあったちょっとこわ〜い話
「本当にあったちょっとこわ〜い話」ではイラストレーターのかとさんが実際に体験したお話をご紹介。"ちょっとだけ"怖い話、なのでホラーが苦手だけれど、読んでみたいという方にもおすすめのストーリーです。
「怖いけれど読みたい!」怖い話って、そんな気持ちをかき立てられますよね。

連載【本当にあったちょっとこわ〜い話】では暑い季節にもぴったりなひやりとするストーリーが盛りだくさん。

登場人物たちが実際に体験した「ちょっとだけ」怖い話をお届けします!

「本当にあったちょっとこわ〜い話」第三夜〜幽霊の住む家〜1話


今夜お届けするのは「本当にあったちょっとこわ〜い話」第三夜〜幽霊の住む家〜1話。

第二夜〜声〜に登場した、かとさんの元カレBさんが実際に体験したお話です。

元カレBさんといえば、霊感が強い方でしたよね。

ある日、元カレBさんは友人の家に遊びに行くことになりました。









友人の家に到着すると急激に吐き気が込み上げてきたそう……。

部屋の窓からはたくさんの幽霊が見えます。

友人は「そっか……。お前も見えるんだっけ?」と一言。なんと友人の方も幽霊が見える人だったんですね!

元カレBさんは友人の家に入るのでしょうか?

次回もお楽しみに!

(かと)
1

この記事を書いたライター

かと
猫を愛するブロガーです。ブログ【かとさンちの愉快な毎日】で 『5才で熱性けいれんになった話』『幼児自慰体験談』など、主に育児系・日常系のコミックエッセイを連載しています。インスタフォロワーは10万人を突破しました。

関連記事