え、Aくん…?初めて気が付いた価値観の違い【扉の向こうに誰かいる。Vol.7】

連載
扉の向こうに誰かいる。
扉の向こうに誰かいる。
大学進学のため、東京で一人暮らしを開始した主人公「ちな」。キラキラとした新生活を想像するも、急いで決めたアパートではだんだんと恐ろしいことが起き始めます。幽霊よりも怖いのは、実は人間だったりして……。
大学進学のため、東京で一人暮らしを開始した主人公「ちな」。

キラキラとした新生活を想像するも、急いで決めたアパートではだんだんと恐ろしいことが起き始めます。

幽霊よりも怖いのは、実は人間だったりして……。

扉の向こうに誰かいる。Vol.7



バイトで稼いでプレゼントを買ったちな。

Aくんの誕生日当日に渡そうとしましたが、このことがきっかけで価値観の違いを感じることに。




「こんなふうに祝われるのはおかしい」と言うAくん。

ちなは「そういう考え方もあるよね……」と割り切ろうとしますが、価値観の違いはこのことだけでは収まらず……。

次回もお楽しみに!

(ちなきち)
1

この記事を書いたライター

ちなきち
「結局、一番怖いのは人間だよね」というテーマで 自身やフォロワーさんのリアルな体験談のエッセイ漫画を描いています。

関連記事