ウソじゃない!「トンッ」と聞こえた"何か"の足音【あなたとわたしの怖い話 Vol.2】

連載
あなたとわたしの怖い話
あなたとわたしの怖い話
連載「あなたとわたしの怖い話」では、ホラ子さんの身の回りの人やインスタグラムのフォロワーさんが実際に体験した怖い話をご紹介。むし暑さを感じるこの季節に、ちょっぴりヒヤッとするストーリーはいかがですか?
むし暑さを感じるこの季節に、ちょっぴりヒヤッとするストーリーはいかがですか?

連載「あなたとわたしの怖い話」では、なぜかホラ子さんに集まってくる怖い話の数々を、毎日お届けします。

今回ご紹介する内容は……?

「赤い帯」2話



先輩の家で、後輩も交えて「こっくりさん」に興じていたMさん。

楽しく遊んでいたものの、不意に部屋の中に鈴の音が響いていることに気がつきます。











聞こえていないらしい後輩たちは、先輩やMさんのいたずらと考えたよう。

しかし、1人の後輩が怯えた様子で「自分も鈴の音が聞こえる」と告白したことで状況は一変!

これまで感じたことのない恐怖によって雰囲気ががらりと変わった中、鈴の音に加えてさらに近付いてくる"何か"の足音まで聞こえはじめて……!?

この後ホラ子さんたちはいったいどうなってしまうのでしょうか?

次回の配信もお楽しみに!

(ホラ子)
1

この記事を書いたライター

ホラ子
何故か集まってくる怖い話の数々。自分の体験談に加え、これまで見て聞いた面白くて怖い話(オモコワ)を皆さんにお届けします。

関連記事