許せない!!店長との喧嘩で怒り爆発「女社会の知られざる闇」をまとめ読み【Vol.122~128】

ドス黒いものが漂う女社会。その闇をこっそりお教えしましょう……。

ゆき蔵さんのコミックエッセイ【女社会の知られざる闇】。アパレル業界をめぐる「女社会の闇」を描きます。

今回は、店長とゆき蔵さんの大喧嘩編【Vol.122~128】をお届けします。

目次

Vol.122 ブチッ!!我慢ならない鬼店長の言葉にキレるゆき蔵さん



小鳥さんを助けようと思い、上司の大山さんに相談したゆき蔵さん。

しかし、鬼店長には「告げ口」と捉えられてしまったようです。

そんな鬼店長がゆき蔵さんに話し始めます。

>この話の続きを読む

Vol.123 イライラ爆発!ゆき蔵さんが鬼店長にぶつけた本音



鬼店長から「偽善者」呼ばわりされたことにキレたゆき蔵さん。

今まで溜まっていたものが溢れるかのように、鬼店長へ本音をぶつけます。

>この話の続きを読む

Vol.124 止めろ!!ゆき蔵さんが店舗で犯した大失態



鬼店長の対応にキレてしまったゆき蔵さん。

店頭では、鬼店長とゆき蔵さんの言い合いが始まります。

>この話の続きを読む

Vol.125 「最悪だ…」お店の中でゆき蔵さんが赤面したワケ



鬼店長の対応に不満があったゆき蔵さん。

いつの間にかヒートアップして、店頭で鬼店長と怒鳴りあいをしていました……。

>この話の続きを読む

Vol.126 「…私もう無理です」鬼店長が訴え続けた意外なこと



ゆき蔵さんと鬼店長の喧嘩を止めるためにフロア課長が駆けつけ、2人は一時休戦。

店頭で言い争いをするなんて、最悪な失態となってしまいました。

しかし、事件はここで終わりません……。

>この話の続きを読む

Vol.127 思わず絶句…。絶望に突き落とされた一言



鬼店長は大山さんの話に耳も傾けず、ゆき蔵さんの異動を希望し続けました。

そして、大山さんはゆき蔵さんと話を始めます。

>この話の続きを読む

Vol.128 さすが鬼店長!?ゆき蔵さんの言葉に対するまさかの行動



大山さんと話したことで、もう少しこの状況に耐えないといけないと感じたゆき蔵さん。

もう十分頑張ったのに……。

それでもゆき蔵さんは鬼店長と関わらなければいけません。

>この話の続きを読む


連載「女社会の知られざる闇」を最初から読みたい方はこちらから!

(ゆき蔵)
1

この記事を書いたライター

ゆき蔵
年の差20歳夫婦。最愛の夫と2人で生きています。インスタグラムのフォロワーは1万人を突破。職場トラブル、婚活、恋愛系、自身の結婚生活を描いたコミックエッセイなどを日々投稿しています。

関連記事