体が硬くても1か月で180度開脚が実現!? 今日から始める「1回30秒」の柔軟ポーズ

股関節まわりが柔らかいと、どのようなメリットがあるかご存じですか?

ヨガインストラクターのyuukaさんによると、姿勢の悪さをリセットしたり、下半身のぽってり感を軽減したり、さらにはむくみや冷えを緩和したり……さまざまな効果が期待できるのだとか。

ある程度の柔軟性があれば、基本的なケアはバッチリですが、せっかくなら180度開脚も目指したいですよね。

今回は、yuukaさんに、体が硬い人におすすめの180度開脚を目指すストレッチを教えていただきました。


目次 [開く]

股関節のストレッチ


(1)床に座ります。

(2)左脚を伸ばします。右脚のひざと右足先をつかみます。


体が硬くても1か月で180度開脚が実現!? 今日から始める「1回30秒」の柔軟ポーズの1枚目の画像

出典: GATTA

(3)右脚の付け根を回すようにしてひざで円を描くようにします。

(4)30回程度しっかりと動かしましょう。

(5)反対側も同様に行います。


お尻のストレッチ


(1)仰向けに寝ます。

(2)両ひざを曲げて左の足先を右ひざの上におきます。

(3)両脚を持ち上げて右ひざをつかみましょう。

(4)息を吸います。息を吐きながら両脚を胸に引き寄せていきましょう。

(5)この時お尻が床から離れすぎないように意識しましょう。


体が硬くても1か月で180度開脚が実現!? 今日から始める「1回30秒」の柔軟ポーズの2枚目の画像

出典: GATTA

(6)左のお尻が伸ばされているのを感じながら30秒程度キープします。

(7)反対側も同様に行います。


太ももの内側をストレッチ


(1)両脚を肩幅の倍程度に開きます。

(2)両ひじをつきます。

(3)両脚先は足の裏同士を近づけるようにしましょう。


体が硬くても1か月で180度開脚が実現!? 今日から始める「1回30秒」の柔軟ポーズの3枚目の画像

出典: GATTA

(4)息を吸います。

(5)息を吐きながらお尻を後方へ引き、かかとにお尻を近づけていきます。

(6)この時、開いた両脚の幅が狭ければ、さらに開きます。


体が硬くても1か月で180度開脚が実現!? 今日から始める「1回30秒」の柔軟ポーズの4枚目の画像

出典: GATTA

(7)息を吸いながら元の位置まで戻ります。

(8)ゆっくり呼吸にあわせて繰り返しながら、30秒程度続けましょう。


寝ながらストレッチ


(1)仰向けに寝ます。

(2)両脚を開き、足の裏を壁に乗せましょう。

(3)両脚の内側に両腕を入れて、腕で両脚を開きます。

(4)この時ひざを開く意識ではなく、お尻も内腿も意識して開脚していきましょう。


体が硬くても1か月で180度開脚が実現!? 今日から始める「1回30秒」の柔軟ポーズの5枚目の画像

出典: GATTA

(5)脚の力を抜いて、重みで両脚が開いていくのに任せ、30秒程度キープします。



体が硬いと、脚を開くこと自体が辛いですよね。

少しずつでも、ほぐしながら開脚ができるように準備するのが近道! 力まず、無理に引っ張らず、心地よく行ってみてくださいね。

関連記事