まだシャワー浴びてないんだけど! お風呂前にエッチな展開になったらどうする?

何事も、ベストな状態で臨みたいと思うのは当然のこと。とはいえ、それは理想論であって、自分にとっては不本意な状態で向き合わなければならないシーンもちょくちょく存在します。お家デートでイチャイチャしているうちに、気付いたらベッドに雪崩れ込んでいたようなシーンが、まさにそれ! シャワーを浴びた、ベストな状態で臨みたかったのに……。

目次

綺麗なカラダで抱かれたいのは当たり前の感情


愛する男性に、キレイなカラダで抱かれたいと思うのは、女性としてごく当たり前の感情ですよね。ぶっちゃけ、相手が「愛する男性」でなかったとしても(例:セックスフレンドや一夜限りの相手など)、「このコのカラダ、臭うなぁ」などと思われたくないですから。愛し合っている関係性でないからこそ、「ええ恰好したい」という心理が働くケースも存在するでしょう。女性同士の集まりでも、「セックス前のシャワーがキライ」だなんて発言は聞いたことないです。以上を踏まえると、シャワーを浴びたベストな状態で抱かれたいと思うのは、完璧主義などではなく、皆が共通して思っていることなのです。

「シャワー浴びさせて」よりも「シャワーを浴びていないから恥ずかしい」


ただし! 「キレイなカラダで抱かれたいと思うのは、女性としてごく当たり前の感情」は、あくまでも理屈です。私たち女性は、本来感情的な生き物であるはず。そんなふうに考えると、「シャワー浴びさせて」と、中断するのはナンセンス。「乗りかかった船!」くらいの気持ちで臨みましょう。尚、「シャワーを浴びていないから恥ずかしい」という言葉はあっても良いでしょう。あなたの恥じらう姿に、相手男性は大いに燃えることでしょう。

「ボディソープの香り」よりも「メスの匂い」


次に、「心の持ちよう」について。女性側の心情としては、シャワーを浴び、ボディソープの香りを纏った状態がベストですが、男性側にとってのベストは、違ったりするものです。男性側にとってのベストは、いわゆる「メスの匂い」。汗だけでなく、オシッコの拭き残しに性的興奮を見出す男性も存在するんですよ。なので、こんなふうに思っておけば、心がラクかと……「全ての男性は匂いフェチである」と。

クンニを頑なに拒む=「臭います」と自分で言っているようなもの


メス臭至上主義に則ると、クンニリングスも受け入れるのがベター。なかには、「どうにもこうにも恥ずかしい、無理!」という女性もいるでしょう。でもね、クンニリングスを頑なに拒むって、ある意味「私のアソコは臭うかもしれないです」と、自らプレゼンテーションしているようなもの。そっちのほうが、よっぽど恥ずかしいかと。

自分がシャワーを浴びていないということは、当然のことながら相手男性も同じ条件です。さて、フェラチオはどうしましょう? これはあくまでも筆者の個人的な価値観ですが、フェラチオすべきと考えております。舐めない=相手の性器を「キレイじゃない(汚い)」と言っているようなもの。相手が、「愛する男性」であろうと、セフレや一夜限りの関係性だろうと、いま抱かれているのは、彼に何らかの「魅力」を見出しているからですよね? 自分にとって魅力的な男性なのですから、「舐めてキレイにしてあげる」くらいの女っぷりをみせましょう!

最後に……これは筆者が実践していることですが、トイレに行くたびにウェットティッシュで拭う習慣をつけると、急なセックスにも堂々と臨めますよ。ウェットティッシュは、ノンアルコールタイプをご使用くださいね。
(菊池美佳子)
1

この記事を書いたライター

菊池美佳子
コラムニスト。1977年3月17日生まれ。岩手県盛岡市出身。21歳~29歳まで、舞台女優のかたわら、様々なナイトワークを体験。29歳で引退後、コラムニストとして活躍中。

関連記事