おすすめチークとブラシ8選! お肌に合わせてチークとブラシを選ぼう♡

毎日何となく塗りがちなチークですが、メイクの印象を大きく左右する重要なアイテムです……! 今回紹介する色の選び方・顔の輪郭に合った入れ方・おすすめのチークブラシを参考に、普段のメイクをランクアップさせましょう♡



目次 [開く]

チークの役割、知ってる?


チークは顔のなかでも広い範囲につけるため、意外と目につきます! チークの役割を理解して、自分の肌の色に合ったものをつけることが大切ですよ♡

チークの役割1. 明るさや立体感を出してくれるアイテム


ファンデーションだけでは血色が悪く見えて、顔全体の印象が暗く見えてしまいす……。そこで活躍するのが、チークですよ♡



チークで顔に色をプラスすると血色感が出て、パッと明るく見えます♪

チークのもう一つの役割は、顔に影をつくる『シェーディング』です。チークを入れた部分が影のように見えて、顔全体に『立体感』が生まれますよ♡

顔にメリハリが出て小顔に見えるといううれしいメリットもあります!

チークの役割2. 肌色に合ったカラーでもっときれいに


肌色が『ブルーベース』か『イエローベース』かによって、似合うチークの色が異なります♡ 自分がどちらかわからない人は『腕の血管』『瞳』『唇』の色をチェックしてみましょう!



ブルーベースは、太陽の光の下で腕の血管の色を見たときに、青・赤紫などの青みの強い色が目立ちます。瞳は黒~深いグレーで、唇は淡いピンク~赤みの強い色が特徴です!

ブルーベースには、ローズピンク・スモーキーピンクなどの『ピンク系』『青みのある赤系』のチークが似合いますよ♡

イエローベースは、腕の血管が緑っぽく見える人もいますが、日焼けの影響で色の見え方が異なります。瞳は茶系で、唇はコーラル~くすんだオレンジという人が多いでしょう!

イエローベースには、サーモンピンク・オレンジレッドなどの『イエロー系』のチークがマッチします♡

チークとブラシを攻略し、お顔に合った入れ方を研究しよう


チークは、顔の『輪郭カバー』にも役立つアイテムです♡『入れる角度』『範囲』『場所』を工夫するだけで、輪郭の印象が大きく変わりますよ!



チークとブラシをうまく使う方法1. 丸顔を小顔に見せるテクニック


顔を小さく見せたい丸顔さんは『斜め』にチークを入れましょう♡ 頬骨の頂上からこめかみに向かって、角度をつけながらチークを乗せていきます♪

チークの色味で頬骨の出っ張りが目立たなくなり、輪郭がリフトアップして見えますよ♡ ただし、頬骨の下にチークを入れると丸顔が強調されてしまいます……!

頬骨を包み込むようにチークを乗せることを意識して、シャープなフェイスラインを演出しましょう♡

チークとブラシをうまく使う方法2. 面長をふっくら頬に見せるテクニック


面長さんは、顔の『縦のラインを強調しない』ようにチークを入れるのがポイントです! 斜めに入れるとシャープさが増すため、横長の楕円状に乗せます♡

チークを入れる場所は、鼻先から耳の中央を結ぶラインを意識しましょう♪ 頬の余白がカバーされて、面長の印象がやわらぎますよ♡



チークの輪郭はしっかりぼかして肌になじませることが大切です。グラデーションが丸みのある頬を演出してくれます!

チークとブラシをうまく使う方法3. エラを目立たなくさせるテクニック


エラをカバーするには、もみあげから瞳の外側に向かって『三角形』にチークを入れます! 顔の外側は濃いめになるようにチークを重ねると、奥行きが出てエラが目立たなくなりますよ♡

「頬のチークだけではカバーしきれない……」と感じたら『シェーディングカラー』をプラスするとよいですよ♪

『もみあげ~エラ~あご先』にかけてシェーディングカラーを乗せると、輪郭が引き締まって見えます♡



チークブラシの選び方にこだわって!


ひとくちに『チークブラシ』といっても、毛の種類や形などによって、仕上がりが大きく異なります……! チークブラシにこだわって、チークの効果を最大限に引き出しましょう♡

チークブラシの選び方1. 仕上がりを左右するから慎重に選びたい


チークブラシに使われている毛は、大きく分けて『天然毛』『人工毛』の2種類があります!

天然毛とは『動物の毛』のことです。山羊・馬毛・イタチ・灰リスなどがありますよ♡ 天然毛のチークブラシは、ツヤ感を出したり発色をよくしたりする効果が期待できます。



使用方法やお手入れに気をつけることで、何年も使用できるでしょう……♪ 価格は、毛質などによってさまざまです。しかし、動物アレルギーなどで肌に合わないケースもあります。

主に『ナイロン』が使われている人工毛のチークブラシは、天然毛よりも安価な商品が多いですよ♡

毛がツルッとしているため、リキッドやクリームタイプのチークを使った後も、簡単に洗えるのがうれしいですね!

チークブラシの選び方2. コージー本舗のチークブラシはスライドで調整可能


ボリュームたっぷりのチークブラシに魅力を感じながらも「細かい部分の微調整が難しそう……」「持ち運びにくそう」と思って、手が出せないでいる人もいるでしょう。

そんな人には『スライドタイプ』のチークブラシがおすすめです♡

『コージー本舗(KOJI)』のチークブラシなら、柄(え)のスライドを動かすことで、ブラシ部分を広げたりまとめたりできますよ!

広範囲にサッとつけるのはもちろん、細かい部分の微調整も可能です♡ ブラシはコンパクトサイズで、ポーチの中に入れて持ち運べるのもよいですね♪



商品名:コージー本舗(KOJI)メイクアップブラシ スライド フェイス&チークブラシ
価格:1100円(税抜)
Amazon:商品ページ

チークブラシの選び方3. ハウスオブローゼはコシのある馬毛


天然毛と聞くと高価な印象を受けますが、プチプラなものもあります♡「HOUSE OF ROSE(ハウスオブローゼ)」のチークブラシは馬毛100%ながら、お財布にやさしい価格です。

実は、馬毛は天然毛の中でも資源が豊富で、安価で手に入る商品も少なくありません! そのぶん、毛質にばらつきがある点には注意が必要ですよ。

ハウスオブローゼのチークブラシならほどよいコシがあって、肌触りがよいのが魅力です♡ ふんわりとムラなく塗れるため、チークをつけるのが楽しみになるでしょう!

発色のよさも、馬毛ならではのメリットですね♪



商品名:HOUSE OF ROSE(ハウスオブローゼ) チーク ブラシ
価格:900円(税抜)
Amazon:商品ページ

チークのおすすめ♡ イエベ向き編



イエローベースの肌に合うチークを3点紹介します♡ 色味はもちろんテクスチャー、使い方、仕上がりなどの特徴にも注目してみましょう♪

チークおすすめイエベ向き1. マジョリカ マジョルカ クリーム・デ・チーク OR313



『マジョリカ マジョルカ(MAJOLICA MAJORCA)クリーム・デ・チーク』日本人の肌になじみやすいカスタードクリームカラーです! サッとつけるとナチュラルに、重ねてつけるとオレンジ感がアップしますよ。

付属の細筆はポイント使いにも便利です♡ クリーム状のなめらかなテクスチャーが肌のうえでスルっと伸びて、つややかな頬を演出してくれますよ!

伸びと発色がよく、コストパフォーマンスが高い点もよいですね。肌に密着してヨレにくいのも、うれしいポイントです♡ パウダーの粉っぽさが苦手な人は、要チェックです……!



商品名:マジョリカ マジョルカ(MAJOLICA MAJORCA) クリーム・デ・チーク OR313
価格:850円(税抜)
Amazon:商品ページ

チークおすすめイエベ向き2. 無印良品 チークカラーミックスタイプ・コーラル


3色が一つになったミックスタイプのチークです♪ チーク・ハイライト・シェーディングの3役をこなしてくれますよ! 3色混ぜて使うと肌なじみのよいチークが叶います……♡

中央の明るい色とメインカラーを混ぜるとハイライトとしても使えるすぐれものですよ。暗い色はシェーディングに便利です♡ それぞれの色を利用してグラデーションもつくれます!

香料・鉱物油・パラベン・紫外線吸収剤・アルコールが使われていないうえに、カミツレ花エキス・ホホバ種子油・アンズ核油などの『植物性うるおい成分』入りです♡



商品名:無印良品 チークカラーミックスタイプ
価格:638円(税抜)
MUJI 無印良品:商品ページ

チークおすすめイエベ向き3. シュウウエムラ グローオン M335


「イエベ肌にはピンク系のチークが似合わないな……」とお悩みではありませんか?

『shu uemura(シュウウエムラ)グローオン M335』はソフトピンクカラーのチークですが、マット系の軽やかな仕上がりです!

イエローベースの肌にもなじみやすいですよ♡ やわらかな発色のため、大人っぽいメイクにもマッチします♪

ふんわり微細なパウダーで、重ねてつけてもナチュラルに決まるでしょう♡ 肌にうれしいミネラル成分も配合されていますよ!



商品名:shu uemura(シュウウエムラ)グローオン (レフィル) M
価格:2500円(税抜)
Amazon:商品ページ

チークのおすすめ♡ ブルベ向き編ブルベ向き


ブルーベースの肌に似合うピンク系のチークを3点紹介します♡ それぞれ色味が異なるピンクで、仕上がりもさまざまですよ。

今までとは違う、「新しい色に挑戦したい……!」という人も要チェックです!

チークおすすめブルベ向き1. キャンメイク パウダーチークス PW39


トレンドの色素薄い系のメイクにも活躍するスミレパープルのパウダーチークです♡ 一般的なピンクよりもやや青みがかった色味で、ブルーベース肌の魅力を引き出してくれますよ♪

粉飛びしにくく、使い勝手もよいアイテムです♡ なめらかでしっとりとしたパウダーが肌に密着して、鮮やかな色が長持ちします!

毛穴などの凹凸をナチュラルにカバーする繊細パールもポイントです♡ プチプラのため、青み系チークが初めてな人も試しやすいのではないでしょうか?



商品名:CANMAKE(キャンメイク) パウダーチークス PW39
価格:550円(税抜)
Amazon:商品ページ

チークおすすめブルベ向き2. ヴィセ リップ&チーククリーム N PK-2


ブルーベースの肌に映える『ベリーピンク』です! チークとしても『リップ』としても使用できますよ。チークとして使えば、ジュワっとした発色と濡れ感のある仕上がりが叶います♡

なめらかでぼかしやすいテクスチャーは、重ねてつけることで発色を調整できます……! 密着感を高めてくれる『ラスティングキープ成分』もポイントですよ♡

手持ちのチークの下地として使うと、血色感がさらにアップするでしょう……♪ 乾燥しやすい頬を守る美容液成分として、コラーゲンや保湿成分のスクワランも配合されています♡



商品名:Visee(ヴィセ)リシェ リップ&チーククリーム N PK-2
価格:1000円(税抜)
Amazon:商品ページ


チークおすすめブルベ向き3. アディクション ザ ブラッシュ&ブラッシュ トリニティ 004


女性らしい繊細な色味が特徴のパウダーチークです♡ パールが頬にツヤを与えて、抜け感のあるこなれた雰囲気を演出できます。

保湿成分として、ヒアルロン酸やスクワランが配合されており、乾燥対策にも一役買ってくれますよ♡ 化粧持ちを高めるアミノ酸もプラスされています!

無香料タイプのため、お気に入りの香水を邪魔しません。ふたを閉じた状態でも色がわかるように、クリアなパッケージにリニューアルされている点もあわせてチェックしましょう!



商品名:ADDICTION(アディクション) ブラッシュ トリニティ (004 143)
価格:2800円(税抜)
Amazon:商品ページ

チークとブラシでほんわり血色感で美人度を上げよう





自分の肌色に似合うチークを選ぶのはもちろん、顔の輪郭に合わせて入れ方を工夫することも大切です♪ 血色感と立体感のある美人顔に近づけますよ♡

チークブラシによっても、仕上がりに差が出ます!「チークに付属しているブラシでは物足りない……♡」と感じたら、チークブラシにもこだわってみましょう。

※コスメ価格はすべて定価表記、編集部調べです。

もっとチークについて知りたい方は、こちらの記事もチェックしてみてね♡

チークはここにいれるとかわいい! 自分にあった位置と色選びのポイント

【モテたいorあか抜けたい】なりたい印象別チークメイクのポイント完全版

崩れないチークはこうして作る! “重ねワザ“で解決するよれないチークの塗り方

いつもローリエプレスをご覧いただきありがとうございます♡ もっとみなさんにかわいくなれるヒントをお届けできるように、こちらからアンケートにご協力いただけると嬉しいです♡

アンケートに答える♡

この記事を書いたライター

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ