誰でも「物撮りのプロ」になれる方法知ってる? 映えるコツ教えちゃいます♡

最近行ったカフェや買ったコスメなど、SNSにアップされたかわいい写真を見ると、ついつい魅力的に感じて行きたくなったり、欲しくなっちゃいますよね♡ そんな魅力的な写真、実はコツさえつかめば誰でも簡単に撮影することができるんです! 今回は誰でも真似できる物撮りの秘密を大公開! 撮りたいお気に入りのコスメを用意して、挑戦してみてくださいね♡



目次 [開く]

小道具が何もなくて大丈夫♡ 構図と光で勝負する置き画の撮り方♡


かわいい外国の本や、インスタ映えするお菓子、お花がたくさんないと撮影できないって思っている方! 実はコスメの撮影は、物の配置と色画用紙だけでかわいく撮影できるんです♡

色画用紙を背景におしゃれに撮影♡


人気の大理石や、タイルで撮影できなくても大丈夫! 実は色画用紙だけでもこんなにおしゃれに撮影できるのです♡ ピンクや水色、真っ白やベージュなど、色画用紙の色は好みに合わせて選んでね。

誰でも「物撮りのプロ」になれる方法知ってる? 映えるコツ教えちゃいます♡の4枚目の画像


こんな風にアイテムひとつで撮影してもちょっぴりお洒落に撮影できます♡ 香水や化粧水、リップグロスなど、光が透けるものは窓の近くで自然光を強く当てて撮影するとキラキラして透明感ある写真が撮影できます。

おすすめアイテム




アイテムが2つ以上ある時の置き方♡


2つならハの字、3つ以上なら扇状に配置すると綺麗な印象に。バッグから飛び出してきたように真ん中にバッグを配置して、周りに扇状に配置するなどもストーリー性があって綺麗に見える構図です♡

誰でも「物撮りのプロ」になれる方法知ってる? 映えるコツ教えちゃいます♡の5枚目の画像

ハの字だけだと寂しいので、手を入れたり背景を見切れさせたりなど遊びを加えてもOK♡

誰でも「物撮りのプロ」になれる方法知ってる? 映えるコツ教えちゃいます♡の2枚目の画像

ハの字を上下にずらしても綺麗な構図におさまります。影の位置とバランスをとり、光る部分が中心に近いと安心感のある構図になります。


扇状に並べるとこのように自然で気持ちのいい構図になります。バッグから飛び出すように配置してもかわいいですよね♡ 上の空間も上手く使って、無駄な余白ができないように工夫しましょう。

カフェメニューをおしゃれに撮影するコツ♡


お店の照明に合わせて撮影する角度をチェンジ!


サラダやラテアートなど、真上から撮影することで良さがひきたつメニューもありますよね♡ 全体像がパッとみてすぐわかるものや、彩りが綺麗なもの、カフェのテーブルがかわいいものは真上から撮影するとかわいく撮れます。お店の照明や広さに限りがあって、真上から撮影できないときは思い切って近くで撮影! 「こんなに?」と思うほど近くでも大丈夫です。ケーキの断面や、サラダの葉っぱの影や高さなど、いつもと違うみずみずしい写真が撮影できます。

誰でも「物撮りのプロ」になれる方法知ってる? 映えるコツ教えちゃいます♡の7枚目の画像

背景のタイルがかわいいショップのラテアートはシンプルな構図でもかわいくなります♡

誰でも「物撮りのプロ」になれる方法知ってる? 映えるコツ教えちゃいます♡の8枚目の画像

たまごが乗っているものは、バランスが取りやすいので真上から撮影するのにぴったり! たまごの丸が引き立って、より美味しそうに見えますよね♡

誰でも「物撮りのプロ」になれる方法知ってる? 映えるコツ教えちゃいます♡の12枚目の画像

思い切って近くで撮影♡ サーモンの巻き方や、クリームの質感までわかり美味しそうな写真に。斜めから近くで撮影することでサラダの盛り上がりがわかり美味しそうに撮影できます♡ スマホにポートレートモードがある方は、ポートレードモードで撮影すると奥行きがよりはっきりでて綺麗に撮れますよ♡

コスメやお気に入りアイテムを上手に撮る方裏ワザ教えちゃいます♡


反射するアイテムや、平すぎるor小さすぎるあの子たちを撮影したい!


反射するアイテムや平すぎて撮影しにくいコスメってあるあるですよね。お家にあるもので工夫してきれいに撮影しましょう♡ 

誰でも「物撮りのプロ」になれる方法知ってる? 映えるコツ教えちゃいます♡の1枚目の画像

平すぎるアイテムと相性がいいのは厚めの洋書や雑誌など、高さを出してくれるもの。一段高くするだけで魅力的な写真になります♡ 

誰でも「物撮りのプロ」になれる方法知ってる? 映えるコツ教えちゃいます♡の10枚目の画像

アイシャドウやハイライターなど、ミラーが付いているパッケージは撮影の角度が難しいですよね。小道具で使う布やリボンを間に挟んだり、丸く折ったマスキングテープなどで高さを出すと思った角度に固定して撮影することができます。同じようにリップなど転がってしまうものも、丸めたマスキングテープで固定しましょう♡ 

誰でも「物撮りのプロ」になれる方法知ってる? 映えるコツ教えちゃいます♡の14枚目の画像

このように背面にマスキングテープを丸めて貼ると、転がり防止や高さの調整に便利です。

おすすめアイテム





誰でも「物撮りのプロ」になれる方法知ってる? 映えるコツ教えちゃいます♡の11枚目の画像

ブローチや指輪など、小さいパーツの集まったものを撮影するときは、見切れる位置にコップや花瓶などを入れるとシチュエーションがわかりやすくなり、写真の違和感を拭えます。

おすすめアイテム





かわいい写真が撮れると気分もアガりますよね♡ せっかくなら思い出は綺麗に残したい! テクニックを参考にしながら、お気に入りのアイテムをかわいく撮影してみてください♡ かわいく撮影できたら、ぜひ #ローリエプレス のタグをつけて投稿してくださいね! 素敵な投稿はローリエプレスの公式インスタグラムで紹介させて頂くかもしれません♡ 

(Nana Numoto)

この記事を書いたライター

Nana Numoto
フリーライター / 映像制作。ファッションと映画とハワイが好きです。ファッション・旅行・撮影テクなど女の子の知りたいことに手の届く記事を目指しています♡

関連記事