一緒にいるとなんか疲れる……エネルギーを吸い取ってくる人への対処法

嫌いなわけじゃないんだけど、この人と喋るとなんか疲れちゃう……」あなたのまわりにそんな人はいませんか? それはあなたのエネルギーをその人が吸い取ってしまっている証拠かもしれません。
今回は、エネルギーを吸い取ってしまう人の特徴や付き合い方について詳しくレクチャーしていきます。人間関係にお悩みの方は、必見です♡
(監修:占い師 麻耶カーティーン先生



目次

あなたがエネルギーを吸い取る相手とは?


実際に、「この人と一緒にいるだけで疲れてしまう。相性が悪い?」「好きな彼なのに一緒にいると調子が悪くなってしまって…。良くないご縁の人ですか?」といった悩みを抱える子は少なくありません。

”相性が悪い”や”悪縁”と言ってしまえば簡単ですが、よく考えてみるとそのお相手がエネルギーを吸い取ってしまうタイプの人である場合も多々あります。
相手の方とご相談者との相性の問題なのか、その人がエネルギーを吸い取るタイプの人なのかを見極めることが肝心です。



陰陽のエネルギーバランスが原因だった!



この世は全て、陰と陽のバランスで成り立っています。
私たち、人間のエネルギーも同じです。一人ひとり個性があるように、陰陽のバランスも人それぞれ存在しています。

もちろん、陰と陽のバランスがとれていることが望ましいのですが、極端に陽の気が強い人、または陰の気が強い人も存在します。そういった陰と陽のバランスが悪い人が、バランスを正常に保つために、他人のエネルギーを吸い取るのです。

吸い取られる側の人も、本来のエネルギーバランスが不安定になっている場合には特に吸い取られやすくなってしまいます。



エネルギーを吸い取られ続けると無気力状態に……


そのままエネルギーを吸い取られ続ける状態が続くと、元気がなくなり、疲れて何もする気が起こらなくなったり、原因不明の調子の悪さに繋がってしまう場合もあります。

陰と陽のお話をしましたが、自分にとってマイナスのエネルギーが多くなると、必ずどこかでプラスのエネルギーを補充するのが正常な状態です。

なるべく、エネルギーを吸い取られる状態を我慢せずに、その人から離れて、自分なりのリラックス方法や気分転換をして、必要なエネルギーを補充するとよいですよ。



エネルギーを吸い取るタイプの人の特徴



1. 声が極端に大きく威圧的な人、または極端に小さい人
2. 人の悪口ばかり言う人
3. 自分の話ばかりして、人の話を聞かない人
4. 笑顔のない無口な人
5. 挨拶をしても返してこない人


あなたのまわりにこんな人はいませんか? その人は、知らず知らずのうちにあなたのエネルギーも吸い取られてしまっているかも。注意しておつき合いしてくださいね。



エネルギーを吸い取られやすい人の特徴


反対にエネルギーを吸い取られやすい人の特徴も知っておきましょう!

1. いつも相手に合わせてしまう人
2. 情報に振り回されやすく、いろいろ考えすぎてしまう人
3. 気持ちの切り替えやリラックスが下手な人
4. 肩だけでなく全身が硬い人
5. 些細なことに気をとられたり、こだわり続けてしまう人


当てはまる人は要注意です。流されやすい人や人に合わせすぎるのも禁物ですよ!



エネルギーを吸い取る人との上手な付き合い方



苦手と思う人には近づかないことが望ましいのですが、会社の上司や同僚、家族などの場合はそうも言っていられませんよね。

今からできる解決策としては、その人と接するときになるべく穏やかな気持ちでいること意識しましょう!

世間一般でいう「癒し系」の人は、陰と陽のバランスが整った人が多いのですが、こういった人は、エネルギーを吸い取られにくく、相手にも良いエネルギーを与えられます。

相手に引きずられない平静さと、良いエネルギーのオーラが大切なのです。



「癒し系なんて無理!」という方は、相手が話していても違うことを考える、疲れてきたら聞き流すなど、少し無神経なくらいのマイペースさがご自身のエネルギーを守ります。ちょっぴり鈍感で芯の強い自分をイメージしながら、エネルギーを吸い取る人に対抗してみてください。

それでも吸い取られてしまったときは、その人から離れたあとに、リラックスして補充すれば大丈夫。その人のことで悩んでばかりいても、エネルギーを消耗しますから、できるだけ気楽に関わっていけるとよいですね♡

麻耶カーティーン先生に直接悩みを聞いてもらう♡
1

この記事を書いたライター

エキサイト電話占い
毎日を楽しくする占い。恋愛/自分磨き/女子力UP/仕事/転職/運勢/人間関係。エキサイト電話占いで当たると口コミで人気占い師監修の記事をお届け!悩んでいるときは一人で抱え込まず占いにも頼ってみてくださいね♡

関連記事