【脂肪燃焼スープ】がダイエット成功の秘訣?「食べてきれいに痩せたい」レシピを伝授♡

「今度こそダイエットを成功させたい!」と思いつつ、まだ何もできていない……。という人が多いのではないでしょうか? ダイエットは、寒い時期から暖かくなる春に向けて、早めのスタートを切ることが大切なんです。

今回はキレイに痩せたい人におすすめの脂肪燃焼スープの作り方をご紹介します。



目次 [開く]

春に向けて今から始める♡ 脂肪燃焼スープで美ボディになれるカラダづくり!


脂肪燃焼スープはデトックススープとも呼ばれ、美容にも素晴らしい効果が期待できるスープです♡ ぜひレシピをチェックして、キレイにやせるための心構えを身につけましょう!



脂肪燃焼スープの材料 <スープマグ:約6杯分>


キャベツ   :1/2個
玉ねぎ    :1個
パプリカ   :1個
セロリ    :1本

スープ


水      :700ml
コンソメ   :小さじ1
おろしにんにく:小さじ1
カットトマト缶:1缶
塩こしょう  :少々

脂肪燃焼スープの作り方




1.キャベツ、玉ねぎ、パプリカ、セロリを粗めのみじん切りにします
2.鍋に【スープ】の材料を入れて煮立たせる。そこに1で切った野菜を入れて柔らかくなるまで中火で10分ほど煮込みます
3.塩こしょうで味を調え、完成です♡



脂肪燃焼スープ作り方のポイントをチェック♡


具材の大きさを揃えること


野菜を同じくらいの大きさで切りそろえることで、均等に熱が入りやすくなります。



追加でお肉系を入れてもOK!


物足りない方は、ソーセージやべーコン、鶏肉などを加えても良いです。ただし、カロリーや脂質が高くなるので入れすぎ注意! 鶏肉はむね肉やささみがおすすめです♡ 使うときに皮を取り除くとカロリーダウンできます。



脂肪燃焼スープの特徴とは?


「脂肪燃焼スープ」で話題となった、野菜スープのダイエット。基本の具材は、キャベツやトマト、玉ねぎなどデトックス効果の高い野菜を使うため、食べることで脂肪が燃焼しやすい体づくりが自然とできちゃうんです♡ 野菜からは食物繊維もしっかり摂れるので、体の内側から余計なものを排出してくれます。さらに温かいスープで体温が上がることで代謝アップが期待できるかもしれません! 新陳代謝がアップすればダイエット効果だけでなく美肌効果も◎



食べるタイミングはいつがベスト?


夕食前、または夕食の置き換えとして食べることをおすすめします。夜は消費カロリーが落ちるので、摂取カロリーは少しでも抑えたいところ。カロリーが高くなりがちな夕食にとることで、自然とカロリーを抑えることができます♡ お菓子の代わりに間食時に食べるのも◎


食事をスープだけにするのは1日1食まで


3食すべてスープにすると、一時的に体重は落ちることはありますが、エネルギー不足で脂肪が燃焼しにくい身体になってしまいます。スープしか食べれないストレスのも返ってストレスに……。1日1食までを目安に続けることが美ボディになれるポイントになります。



どのくらい食べれば良いの?


いくらカロリーが低いと言いつつも野菜は0kcalではありません。少しお腹がいっぱいになってきたなと思うところでストップしておきましょう。スープはお腹が膨れます。少し時間がたってから満腹感を感じるので、ゆっくり噛んで食べることが大切です。普段の食事でも心がけると食べ過ぎ防止になりますよ♡



味変して“飽き”を脱却! アレンジを工夫しながら楽しもう♡


味に飽きてしまったときは、味や入れる具材を変えてみてください♡ カロリーや糖質が高くならない、おすすめのアレンジ方法をご紹介します!

材料を変えておいしく味変♡ おすすめ食材3つ


いろいろとアレンジしすぎてしまうとダイエット効果が薄れてしまうので、シンプルな味つけを心がけましょう。

おすすめ食材1.カレー粉


トマトスープによく合い、1番おすすめのアレンジ調味料です♡ しっかり味が変化して、本格的なスパイスの香りも楽しめます。市販のカレールーはカロリーが高くなってしまうので、必ずカレー粉を使ってくださいね。



おすすめ食材2.豆乳


豆乳を入れることでまろやかな味わいになります。豆乳は大豆イソブラボンが含まれているので、美容効果も期待できます。



おすすめ食材3.味噌


発酵食品の味噌を少し入れて、和風テイストにするのもおすすめです。味噌には、コレステロールの上昇を抑制する働きを持っているので、ダイエットに最適な万能調味料なんです。



ダイエット成功の秘訣を伝授♡ スープに入れる食材を選ぼう


ダイエットを成功させるためにも、正しい野菜の取り入れ方をご紹介します。

燃焼スープにばっちりの食材♡


ピーマンやセロリ、にんじん、ブロッコリー、レタスなど葉物野菜または緑黄色野菜は基本OK♡ その中もで、歯ごたえのある野菜は噛む回数も増えるので、満腹感を高めることができますよ。



燃焼スープに入れるのは△


じゃがいもやさつまいも、とうもろこし、れんこんなど根菜類は避けたほうがベターです! 糖質の高い野菜は入れないように心がけましょう。



いかがでしたか? スーパーにある食材で、今すぐにでも始められるダイエットスープ。そろそろ食べないダイエットは卒業して、食べるダイエットに切り替え! 内側からキレイなボディを目指して気持ちの良い春を向かえましょう♡




(倉田 沙也加 / イラスト locomoco

この記事を書いたライター

倉田 沙也加
フードコーディネーター。大手食品商社にて2年勤務後、独立。 料理番組出演、料理動画サービスレシピ制作・撮影、料理記事の執筆や講師など多岐にわたり活躍。真似しやすく簡単な家庭料理のレシピ制作を得意とする。2017年〜渡星し、シンガポールにて弁当レシピを開発・販売。和食の発信に務めた。 「手作り料理で大切な人を大事にできる社会を創る」ことを目標に掲げ活動中。

関連記事

今、あなたにオススメ