お部屋を居心地よくバージョンアップ! 自分だけの癒し空間を作る3つのポイント

自分の部屋は自分だけの秘密基地。自分次第で居心地のいい空間を作ることが可能です! 

スペースを区切って落ち着けるエリアを作ったり、自分がリラックスして過ごせる工夫を凝らしたり、ちょっとのことで居心地のいい部屋に整えられるんです♡ 

そこで今回は、居心地のいい部屋を作るポイントと必須アイテムをご紹介します! 


目次 [開く]

居心地のいい部屋のポイントって? 


ポイント1. お気に入りの香りがする



いい香りがすることは、落ち着ける空間を作るうえで必須。お気に入りの香りを探してディフューザーなどを置いておくなど、お気に入りの香りがする空間に整えることをおすすめします! 

ポイント2. 趣味に費やせるスペースがある



趣味に費やせるスペースがあることも「居心地のいい部屋」に欠かせないポイントです。

部屋は自分だけの空間なので、どんなスペースを設けても誰にも文句は言われません! 見ていてしあわせになる空間を作ることで、自分だけの秘密基地感がアップするでしょう。

ポイント3. 統一感がある



自分の好きなものを雑多に集めた空間は、しあわせである反面「おしゃれ」からは遠ざかってしまいます。せっかくなら、居心地がよくおしゃれな部屋にしたいですよね! 

統一感があり、好きなものも置いてある部屋に仕上げていきましょう♡ 


居心地いい空間の必須アイテムを揃えよう♡ 


1. ルームフレグランスにこだわる


お気に入りの香りがする空間にするには、ルームフレグランスにこだわるのがおすすめです。

ルームミストは香り重視で選ぶのがおすすめ。気になるところにシュッとひと吹きかけるといい香りで満たされます♡ 

ディフューザーはインテリアとしても役立つので、部屋の雰囲気と合わせて選ぶといいでしょう。


おしゃれでいい香りがするアイテムのラインナップが豊富なSHIRO(シロ)からは、ディフューザーも登場しています。シンプルでインテリアとしてもおしゃれに決まりますよね。



ピンクをベースにしているお部屋には、ピンクがメインのディフューザーがぴったり♡ 



ナチュラルな部屋には、ブラウンを基調としたディフューザーを置くのがおすすめです。

2. 寝具に統一感を持たせる


統一感を持たせるために、部屋に使うカラーをあらかじめ決めておくのがおすすめ。

ワンルームの場合は特に、ベッドスペースは大きなスペースを占めるインテリアになります。リラックスする空間でもあり、統一感において大切なポイントでもあるので、寝具に統一感を持たせることをおすすめします! 


シーツとカバーがセットになったものを選べば、お得で統一感も出ます。



フリルつきの枕カバーもおすすめ。上品なカラーでガーリーすぎないデザインなので、大人かわいいデザインを取り入れたいときにぴったりです。

3. ふかふかモコモコのクッションを用意する


秘密基地にはリラックスできる特別なアイテムが必須♡ モコモコのクッションをひとつ置いておくだけで、部屋を華やかにしてくれるうえにより落ち着ける空間へと導いてくれるのです。


丸いクッションは、ふわふわで触り心地が抜群! シンプルなので取り入れやすいところがポイントです♡ 


北欧風の丸い飾りがついたクッションは、どんなカラーのインテリアにもマッチするシンプルかつおしゃれなデザインがおすすめポイント。カラーバリエーションが豊富にあるので、部屋の雰囲気に合わせて選ぶことも可能です。


インテリアとして抜群にかわいいハート形のクッションもおすすめ。ピンクをメインカラーにしている部屋にはもちろん、ホワイトやグレーの部屋のアクセントとしてもぴったりです! 


お気に入りのアイテムで自分だけの秘密基地を作ろう♡ 



統一感を意識しながらお気に入りのアイテムを揃えて、自分がもっとも落ち着く秘密基地を作りましょう♡ 

(さおり)

この記事を書いたライター

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ