彼氏とケンカしちゃう理由と仲直りの方法「ケンカするほど仲がいい」ってホント?


ケンカするほど仲がいい、なんていうけれど、彼と仲良く過ごせた方がいいに決まってますよね。ふたりのためになるケンカであればいいですが、ふたりの仲に亀裂が入るようなケンカの仕方はしたくないもの。

そこで今回は、カップルがケンカをする理由と対処法、ケンカしたときにしてはならないNG事項についてご紹介します! 彼との良好な関係を築くための参考にしてくださいね♡


目次 [開く]

カップルがケンカする理由って? 



理由1. 価値観がちがうから


では、カップルがケンカしてしまう理由には、どのようなものがあるのでしょうか。

まずは、価値観のちがいです。カップルといえど相手は他人。まったく同じ考え方をしている人はいません。そのため、一緒にいると相手との価値観のちがいを感じることもあるでしょう。

価値観のちがいを感じると、どうしても「直してほしい!」と自分の価値観に引き込もうとしてしまいます。また、価値観のちがいを感じると、相手に対して拒否する気持ちを抱いてしまう人もいます。そこからケンカに発展しまうというわけです。

理由2. ちょっとしたすれ違い


常に恋人のことを考えて行動しつづけられる人は少ないもの。そのため、相手のことを考えない行動が気持ちのすれ違いを生んでしまいます。「どうして〇〇してくれないの?」「どうしてそんなことするの?!」という思いからケンカに至ってしまうのです。



理由3. 気持ちの浮つき


気持ちの浮つきがケンカに発展することもあります。浮気をした・されたという原因からケンカが起こることも大いにあります。もし他の人を好きになってしまったときは、潔く別れを選ぶのがマル。浮気をされてしまったときは、とことん話し合いましょう! 

理由4. 相手の行動が許せない


相手の行動が許せないという理由もあります。大きくいえば価値観のちがいでもありますが、相手の行動が自分にとって「非常識」に当てはまるとき、どうしても許せなくなってしまうことがあるのです。

また、この理由は、同棲をはじめてから顕著に出る場合も。デートだけのときには見えてこなかった相手の素が同棲と同時に見えてきたことで、「相手の行動にイライラする……」と感じるようになる人は、意外と多いといわれています。


ケンカしやすいときっていつ? 



忙しいとき


忙しいときにはケンカが起こりやすいといわれています。なぜなら、時間的に余裕がなくなると心の余裕も無くなってしまうのです。心の余裕がなくなると、相手への思いやりがなくなってしまいます。相手への思いやりがなくなると、恋人の立場になって物事を考えられなくなるので、自分本位の行動を多くとってしまうことに。

お互いに自分勝手な行動ばかりとっていたら、イライラしやすくなるのは当たり前ですよね。忙しいときこそ、相手をいつも以上に思いやる意識を持つことが大切です! 

倦怠期を迎えたとき


倦怠期を迎えたときもケンカが起こりやすい時期です。倦怠期ということは、相手への思いが薄れてきてしまっているということ。好きな気持ちが減少しているときは、同時に思いやりも不足してきます。

倦怠期を迎えて相手のことを考えられなくなったときは、あえて距離を取ったり次の恋愛に進んだり、対処を考えることをおすすめします。


これだけは覚えておいて! ケンカしたときのNG事項



1. 相手の人格を否定する


ケンカをするとかっと頭に血がのぼり、思ってもいない暴言を言ってしまうことがあります。その言葉がきっかけになり、取り返しのつかないことになったら悲しいですよね。

いくらケンカをしてイラついていても、相手の人格を否定することはしてはいけません。あくまでもケンカで話すことは、ケンカの原因になった話のみ! 「これだからあなたは〇〇なんだ」と人間性までをも否定する行為はしないことを心がけましょう。

2. 過去のことを持ち出す


ケンカをしたときにやってしまいがちなのが、「あのときもそうだった!」という過去の持ち出し。ケンカをしているときには時系列関係なくイライラしたことを言ってしまいがちになりますが、論点がすり替わってしまうのでNGです。

過去のことは違うタイミングで冷静に伝えるようにして、ケンカをしているときはその内容に関することだけ言うようにしましょう。

3. 意地を張る


ケンカをしていると、イライラしていて謝るべきところで謝れない人が多くいます。意地を張っていてもふたりの関係はよくなりません。変なプライドは捨てて、悪いと思ったら「ごめんね」と言えることで、冷静に話ができるはずですよ。

4. 相手の周りの人を侮辱する


相手にイライラしたからといって、ケンカの原因が恋人の友だちも関わっているからといって、彼の周りの人まで侮辱してしまうのはNGです。彼のイライラをより高めてしまうとともに、彼からの信頼も落ちてしまうでしょう。


カップルがケンカしたときの対処法



対処法1. 冷静に話し合う


ケンカしたときには、「冷静に」話し合うことが大切です。感情的になると、できる話し合いもできなくなってしまいます。イライラをぐっと抑えて、「どこが嫌だったのか」「どう直してほしいのか」を伝えることをおすすめします。

対処法2. 自分の非は認める


ケンカをしている中で自分が悪いと思ったら、素直に謝ることも大切です。「わたしはまったく悪くない」と思うケンカ以外は、折れることも大切ですよ。

対処法3. 「許すこと」を大切にする


いつまでも怒っていてはふたりの関係は悪化するばかり。許すことも大切にするのもケンカをうまく終わらせるコツです。ただし、彼が100パーセント悪いケンカや、相手の裏切りによって生じたケンカなど、場合によっては許さずに関係を終わらせるという選択肢があることも忘れずに! 


我慢しすぎず、伝えたいことはしっかり伝えよう! 



どちらかが我慢しすぎてもいい関係は築けません。だからといって、自分勝手な行動をして意味のないケンカを続けるのもちがう。

ふたりがよりよい関係を築ける、「意味のあるケンカ」をして、お互いの理解を深めていってはいかがでしょう。

(さおり)

この記事を書いたライター

さおり
恋愛や美容、ファッションなどのお悩みを解決できるような記事を執筆♡

関連記事

今、あなたにオススメ