風水を寝室に取り入れてみない?運気がアップするベッドの配置も注目!

ドアの直線上にベッドを置くのはNG



ベッドとドアの位置関係には気を付けましょう。寝室のドアから入ってすぐ向かいにベッドを配置してしまうと、エネルギーの出入りが激しいドアからの影響で、ゆっくり休むことができません。ワンルームなどで配置が難しい場合は、少なくともドアの延長線上に枕が来ないように工夫してみてくださいね。

北枕がおすすめ



北に枕を向けて眠る北枕。亡くなった方が北枕で横になる慣習があることから、なんとなく不吉なイメージがある方もいるかもしれませんが、風水的には北枕はすべての気は北から流れてくると言われる最高の方位です。

「頭寒足熱」という言葉の通り、寒い北向きに頭を向けて眠ることでぐっすり休めると考えられています。
反対に、頭を暖かい方位に向ける南枕は怒りっぽくなってしまうと考えられているためNG。特に女性は冷え性になりやすいと言われているため、避けた方が良いでしょう。

ベッドと壁はぴったり付ける



ベッドと壁の間に隙間が空いていませんか?風水では、隙間にエネルギーが強く流れていると考えられているため、できればベッドと壁には隙間を空けない方がベター。どこか1つの面が壁に付いていればOKです。

ベッドの下にラグマットを置く



ベッドを下りたすぐ下にはラグマットを置いておくのが理想的。風水では足元を温めることが良いとされているため、運気アップに繋がります。また、寝ている間に体から出た不運を落とすという意味でもベッドの足元にマットを置くことは効果的です。

ヴェルニで詳しく占う♡

風水的に見て寝室に置いてはいけないものといえば?



風水的には、寝室に置いてしまうとどんどん運気が下がってしまうものも。ここでは、どんなものが寝室にはNGなのかをご説明します。

ドライフラワー



お部屋のインテリアとしておしゃれなドライフラワー。残念ながら、風水的にはドライフラワーはすでに枯れている「死」をイメージさせるため、NGなんです。お花を飾りたい場合は、生花を飾る方がベターです。特に、朝起きて一番始めに目にするものからエネルギーを吸収するので、観葉植物や生花をベッドサイドテーブルなどに飾ることはとても良いと言われています。

人の形をしているぬいぐるみ・人形



お部屋にぬいぐるみや人形を持っている方も多いですよね。しかしながら、風水では寝室に人の形をしている人形などを置くことは良くないとされています。日本では古来から「万物に魂が宿る」とされていて、人の気を吸うと言われています。寝室は充電する場所なので、ぬいぐるみや人形を置く場所としてはふさわしくありません。プレゼントでもらったものなど、どうしても置きたい場合は2~3体までとして、ほこりが付かないように清潔に保つようにしましょう。

風水を味方にしてラッキー体質に!


いかがでしたか?

1日平均6~8時間の睡眠時間。寝室は人生の約3分の1を過ごしている大切な空間です。すべてを取り入れるのは難しいですが、できることから少しずつ風水を取り入れて、寝ている間にラクラク運気アップを目指してみませんか?

(まい)
1
2

この記事を書いたライター

まい
1993年7月生まれ、22歳より大手出版社に入社し美容系の雑誌にて編集業務に従事、現在はフリーランスとしてライターを中心に多方面で活動をしています。 得意分野はファッション・美容・恋愛記事で、複数メディアにてその分野に関する記事を執筆中!その他にも夢占いや言葉の使い方など色々なジャンルにも興味あり♡ 今よりさらにステップアップしたい子に有益な情報をお届けします!

関連記事