付き合うまでの期間やデートの回数が知りたい!すべての流れを完全攻略

好きな人ができたけど付き合うにはどうしたらいいのか悩んでいる女性は多いでしょう。好きな人ができると楽しいけれど付き合うまでは落ち着かないですよね。付き合うまでの期間やデートの回数ってどれくらいなのか、付き合うまでの流れってどんなのか知りたくないですか?

ここでは好きな人に出会ってから付き合うまでの流れを、男性の心理を解き明かしながらレクチャーします。この記事を読んで彼氏をゲットしましょう!



目次

出会ってから付き合うまで……みんなの流れはどんな感じ?


どのタイミングで付き合う流れになるのかは人それぞれだけど、だいたいどれくらいのタイミングがちょうどいいのか気になるところ。好きな人と付き合うために、出会ってから付き合うまでの流れを順にチェックしていきましょう。

出会ってから付き合うまでの流れ


付き合うにはまず出会いから!出会いの場にはどういうところがあるのか、気になる彼と出会ったらどうやってアプローチしたらいいのか知りましょう。

出会う


まずは出会うことが大事!出会いの場はたくさんあふれています。日常にあふれている出会いの場を知って気になる彼を見つけてみて!まずは出会い方のメリット・デメリットを知って自分に合った出会いの場を探しましょう。

学校や職場


学校や職場での出会いのメリットはたくさんの出会いがあふれています。学校も会社もたくさん人がいるけれど、自分が知っている人、関わっている人って実はほんの一握り。せっかく出会いの場にいるのだから、どんな人がいるのかよく観察してみて!タイプの人がいたら恥ずかしがらずに友達に相談してみるといいでしょう。世間は意外と狭いので気になる彼が友達の知り合いだったり、友達の友達が仲良くしていたりと彼とのつながりをどこかで見つけられるかもしれません。友達に協力してもらって気になる彼と知り合えるチャンスをつかんでみて!

ただし自分の身近な人との出会いになると付き合って別れた後が気まずくなりがち。周りの友達にも気を使わせてしまいます。顔を合わせたくないのに、ばったりと出会ってしまって気持ちが落ち着かないのがデメリットです。

合コンや友達の紹介


学校や職場以外での出会いでは合コンへの参加や友達の紹介があります。合コンのメリットは一度に複数の人に出会えるので、効率がいいこと。複数の人と出会えればその中に自分と気の合う人がいる確率が高くなります。友達に企画してもらったり、イベント規模で開催している街コンなどがあったりと、合コンは気軽に参加できるところもメリットです。

デメリットは、一度に複数人と出会うので、気になる人と出会っても話をほとんどできずに合コンが終わってしまう可能性があること。一人の人とゆっくり話をしたい人には合コンは不向きかもしれません。

友達の紹介は、相手がどういう人か情報を得られやすく付き合うまで友達にサポートしてもらえるのがメリットです。付き合った後はダブルデートをするなど友達ぐるみでの付き合いができます。デメリットは別れた後も彼の近況を友達から聞く可能性があること。気持ちを切り替えたいのに彼の近況を聞いてしまうと気持ちの切り替えが妨げられてしまうかもしれません。

マッチングアプリ


学校、職場など身近な場所で好きな男性を探すのに抵抗がある人は、マッチングアプリを使うのもいいでしょう。マッチングアプリのメリットは、共通の趣味でのマッチングしてくれるアプリや、職業限定のマッチングアプリなどもあってアプリの種類が豊富なことです。マッチングアプリのアンケート調査では3人に2人が出会えたとのデータがあるので、試してみると思わぬ出会いがあるかもしれません。

デメリットはアプリ上の出会いになるので実際に合うまでどんな人なのか情報が得られにくいこと。マッチングアプリは出会い系アプリなので、出会い系にネガティブなイメージを持っている人はなかなか試しにくいですよね。ですがアプリによってはFacebookと連動させて登録するなどユーザーの身元がはっきりしている安心なアプリもあるので、心配ならそのようなアプリを選ぶといいですよ!

LINEや電話でやりとりを重ねる


気になる人と出会えたら、彼との距離を縮めるためにまず連絡先を交換することが大事です。連絡先の交換ができたら最初の連絡は早めにしましょう。LINEや電話でやりとりを重ねるうちに彼がどんな人が少しずつ分かってきます。彼の人柄がわかってくると同時にあなたの好きの気持ちが大きくなっているのではないでしょうか。自分のことも彼に知ってもらえるようたくさんやりとりを重ねてください。

二人で出かける


お互いのことがわかってきたら二人ででかける約束をしてみましょう。自分から誘ってみるのもいいですし、彼に誘ってほしいときはさりげなくここに行きたいなとアピールして彼が誘いやすい状況をアシストするとでかける約束をしやすいです。お互いの好きなもの、好きなことなど共通点が一つでもわかれば出かける場所はそれにちなんだところにするとより距離を縮めやすくなります。映画が好きなら映画館、外にでかけるのが好きならドライブなどお互いの好きなことを一緒にしてみましょう。

出会ってから付き合うまでの期間・デートの回数は?


出会ってから付き合うまでみんなどれくらいの時間をかけてるのか気になりますよね。ここでは付き合うのにベストなタイミングを紹介します。

2~3カ月程度、3回目のデートがおすすめ


出会ってから付き合うまでの期間はだいたい2~3カ月程度がベストです。連絡を取り合ってお互いを知るまでに1~2カ月程度くらいかかるもの。1度デートをしてみて気が合えばわりとすぐに次回のデートの約束ができます。最初のデートは出会ってから1~2カ月でするのがベター。

デートができる仲になれば付き合うまでの流れが少しずつ見えてきます。付き合うなら3回目のデートがおすすめです。最初のデートではお互いよそよそしさが残ります。2回目のデートは初回より打ち解けられて前回よりも楽しいデートになるでしょう。3回目のデートではさらにお互いの仲が深まり、好きな気持ちが大きくなっているころです。このタイミングが付き合うにはちょうどいいタイミングです。

年齢によっても付き合うまでの期間は変わる


とはいっても付き合うまでの流れは人それぞれ。スピーディな人もいればスローペースな人もいますし年齢によっても変わります。女性も男性も20代前半であればあまり結婚を意識せず気楽に付き合うことが多いので、わりとスピーディに進みやすいです。ですが20代後半~30代になると女性は結婚したいという気持ちが強くなる人が多いので、付き合うことに慎重になりがちです。相手に結婚願望があるかどうかなど付き合う条件がシビアになるので付き合うまでの流れがペースダウンする可能性があります。

恋愛偏差値によっても付き合うまでの期間は変わる


恋愛が経験豊富で恋愛に慣れている人を、恋愛偏差値が高い人としましょう。付き合うまでの期間は恋愛偏差値によっても左右されます。恋愛偏差値が低い相手なら付き合うまでの期間が長引く可能性大です。出会ってから3カ月以上たっていてデートも3回以上したのに付き合っていないからといって不安に思う必要はありません。

頻繁に連絡したりデートをしたりしているのであれば付き合うまでの流れにのれていますし、付き合える可能性は十分にあります。あなたの好きな彼はただ恋愛偏差値が低いだけかもしれません。そんな彼と付き合いたいなら、彼が付き合おうと言いやすい雰囲気を作ったり、あなたからさりげなく付き合ってほしいアピールをしたりしてみるのもいいですね。

出会ってから付き合うまでの気になる男性心理は?


彼と付き合いたいけど彼は自分のことをどう思っているのか気になりますよね。ここでは付き合うまでの男性の心理について知りましょう。

どんな人なのか知りたい


まず好きな人ができると男性は相手のことを知りたいと思います。これは女性も同じです。相手の好きな食べ物や趣味など、好きな相手のことをたくさん知りたいと思うようになります。たくさん自分のことを知ってもらえるように好きな彼と連絡を取り合いましょう。

距離を縮めたい


相手のことを知りたいと思うのはその人との距離を縮めたいから。相手のことを知るとどんどん会話を広げていくことができてどんどん距離を縮められます。距離を縮めたいと思うと男性はLINEや電話などで頻繁にやりとりをしてくれるようになります。好きな彼から連絡がきたら嬉しいですよね。たくさん連絡を取り合って距離を縮めていきましょう。

自分だけのものにしたい


男性は釣った魚にエサをやらないという言葉を聞いたことがあるでしょう。その言葉通り、男性は付き合うまで女性に対する熱量が高くなります。それは自分だけのものにしたいという心理が働いているから。付き合う前の男性は女性への気持ちがかなり盛り上がっている状態なのです。この状態の彼は好きな女性に対して積極的にアプローチしたり、まめになったりすることがあります。好きな彼からアプローチがあったら、それにこたえてあげましょう。一気に距離を縮めるチャンスです。


出会ってから付き合うまでにチェックしておくべきポイント


気になる人ができたけど長く付き合えるかどうかを付き合う前に見極めたいですよね。ここでは付き合うまでにチェックすべきポイントを6つご紹介します。

1.価値観が合うかどうか


付き合うならまず一番チェックしたいのは価値観が合うかどうか。はじめは価値観の違いに新鮮さを感じるかもしれませんが、付き合いが長くなると価値観の違いでけんかをすることが増えるかもしれません。好きになった彼が自分と価値観の合う人かどうか見極めましょう。

2.金銭感覚が似ているかどうか


相手が浪費家だったり倹約家だったり自分と金銭感覚が合わないとお金のことでもめることになりかねません。金の切れ目が縁の切れ目というように、お金のトラブルは人の縁を切ってしまいます。金銭感覚が合う人かどうかは付き合う前に見定めて。

3.趣味が合うかどうか


趣味が合うと共通の趣味を持つことができます。おしどり夫婦は共通の趣味を持っていることが多いのです。付き合うなら長く付き合いたいですよね。共通の趣味があるかどうかは重要なポイントの一つです。共通の趣味がないなら、お互いが一緒に始められる趣味を見つけてみましょう。

4.笑いのツボが合うかどうか


同じことで笑いあえるかは付き合っていくうえで重要なポイント。テレビ番組を見ていて笑いのツボが違うと意外としんどく感じるものです。好きな彼は自分と同じ場面で楽しみや喜びを感じる人なのかを見定めて、一緒に笑い合える相手と付き合うようにするといいですね。

5.苦手なことをお互いに補えるかどうか


趣味が同じだとうまくいきやすいですが何もかもが同じである必要はありません。自分の苦手なことを彼が得意であったり、逆に自分が得意なことを彼が苦手であったりするほうがお互いを補い合うことができます。お互いの苦手なことを補うことは支え合うことです。付き合うならお互いを支え合える人を選びましょう。

1
2

この記事を書いたライター

まい
都内の大学に通う女子大生。毎日トレンド情報チェックしてます♡趣味はカフェ巡り、記事を書くこと♡

関連記事