そっけない態度の男性は脈なし?心理や本心を見抜く方法を徹底解説♡

気になる男性にそっけない態度をとられてしまうと、心が深く傷つきますよね。ときには「この恋はもう叶わないのか」と諦めモードになってしまうことも。

しかし、男性にそっけない態度をとられてしまったからといって、100%脈なしのサインとは限りません。この記事では、そっけない態度をとる男性の心理や本心について徹底解説します。諦めるのはまだ早いですよ!


目次 [開く]

男性にそっけない態度をとられた…



気になっている男性にそっけない態度をとられてしまうと、「自分が何か悪いことをしたのかな」とか「嫌われちゃった」と不安になってしまう人も多いでしょう。

しかし、多くの男性は意外とそんなつもりがないことが多い傾向が。実は、相手を傷つけるつもりがなくても、そっけない態度をとることが男性にはあるんです。その男性心理や本心について、詳しく見ていきましょう。

男性がそっけないと感じるのはどんなとき?



まずは、どんなときに男性がそっけないと感じるか、いくつか例を見ていきましょう。特に、恋の始まりの段階では相手の態度が気になってしまうもの。気になる男性からそっけない態度をとられてしまうと、必要以上にがっかりしてしまいますよね。

ちなみに、「そっけない」とは、「思いやりや愛想がないこと」を表す言葉です。これまで優しくしてくれた人から、急に態度を変えて冷たくされてしまうと、そのギャップから「そっけない態度だな」とより強く感じる人が多いようですよ。

話しかけても反応が薄い



話しかけても反応が薄い場合、男性がそっけないと感じる人が多いです。特に、こちらが一生懸命話しているのに、「あぁ」とか「まぁ」とか「ふーん」など、適当な相づちしかもらえないと、会話を放棄されているような悲しい気分になってしまうことも。

普段から反応が薄いタイプの人の場合には目立ちませんが、普段はおしゃべりでコミュニケーションの得意な男性がこのような薄い反応しかしないと、場の空気も悪くなってしまう傾向が。話しかけるほど場が凍ってしまい、いたたまれない気分になることもあるでしょう。

LINEの返信が短文



気になる男性とのLINEでは、相手の一言一言がとても貴重で、一喜一憂してしまいますよね。そんな甘酸っぱい気分でLINEを楽しんでいるのに、男性からの返信が短文ばかりだと、「そっけないな」と凹んでしまう人もいます。

短文でも会話を広げてくれるような気遣いや、こちらに対する疑問文があればあまり気にはなりませんが、こちらが送った質問に対する回答が短文で送られてきた日には、LINEをするのが怖くなることも。相手の顔が見えない分、「何か悪いことを言ったかな」という不安が大きくなりやすい傾向があります。

視線があってもすぐにそらされる



学校や職場ですれ違ったときに、気になる男性をつい視線で追ってしまうのはよくあることですよね。しかし、目が合った瞬間に、慌てるように視線をそらされると、まるで手を振りほどかれたかのように、非常に寂しい気持ちになってしまいます。

脈のあるなしに関わらず、目が合ったら愛想でもいいからニコッと笑ってほしいもの。「愛想笑いすらしてもらえないくらいに自分は嫌われているのか」と、気分がガタ落ちしてしまう瞬間の1つです。

言葉遣いが冷たくて意地悪



言葉遣いが冷たいときや、会話の節々に自分を傷つけるような意地悪なセリフを挟んでくるときにも、「そっけない態度」だなと感じてしまうでしょう。恥をかかせるようなことを平気で言われた日には、泣きたくなることもありますよね。

男社会にいる男性の場合、雑な言葉遣いが体に染み込んでいることもありますが、女性としては「怖いな」と感じてしまうことも多いでしょう。

尊敬語や謙譲語という言葉があるように、言葉遣いには会話の相手に対する尊敬や思いやりがはっきりと現れます。普段使う言葉とそっけないときの言葉遣いがあまりにもかけ離れている場合には、気持ちが離れてしまう可能性もあります。

そっけない態度をとる男性の心理



ここからは、そっけない態度をとる男性の心理についてご紹介します。男性にそっけない態度をとられたとき、まずは「自分が何か悪いことをしてしまったかな」と自分の行動を反省する女性が大半です。確かに、嫌いな女性を牽制(けんせい)するためにそっけない態度をとってしまう男性がいるのも事実。

しかし、女性の行動の良し悪しに関わらず、そっけない態度をとる男性もいます。

自分が何も悪いことをしていないのに、「そっけない態度を取られた」と感じるときには、少し気持ちを落ち着かせて、男性の様子を観察してみましょう。タイミングや周囲の状況が悪かった、なんてことも意外と多いものですよ。

関わりたくないのでわざと冷たくしている



ちょっと悲しいですが、相手の女性と関わりたくないときに、男性はそっけない態度を取ってしまいます。言葉で直接「関わらないでほしい」と言うのは、男性にとっても精神的な負担が大きいものです。できれば、「女性に察してほしい」と考えていることがほとんどでしょう。

しかし、態度で相手がすべてを察してくれると思っているのは、少し子どもっぽい対応とも考えられます。きちんと言葉で説明してもらったほうが、納得できるし、傷つかないと考えている女性も多いようです。

説明もなしに、過剰にそっけない態度を取られるような場合には、過去にその男性を知らぬうちに深く傷つけた可能性があります。思い当たる節がある場合には、あらためてきちんと謝るのも1つの方法です。

好きな女性だから緊張している



好きな異性を前にしてしまうと、普段どおりに振るまうことができず、そっけない態度をとるシャイな男性もいます。女性が気を使えば使うほど、緊張してしまうタイプですので、程よい距離感がつかめるまで、少し時間を置いてあげるほうが良いでしょう。

好きな女性の前では、カッコよくありたいのが男性心理です。そっけない態度を「俺についてこいって感じでカッコいい」と思っているパターンもあります。

好きな女性の前で緊張している場合、男性は女性の視線をチラチラと確認してしまうものです。こちらの様子をうかがうような視線を感じる場合には、安心しても良いのではないでしょうか。

男のプライドが邪魔をする



男兄弟の中で育ったり、男社会で勉強したり、働いていたりすると、女性と日常的に会話したり触れ合ったりする方法を知らないまま大人になる人もいます。男社会の経験が長ければ長いほど、「男のプライド」が邪魔をしてしまうものです。

特に、女性に仕事や勉強関係の質問をすることを苦手とする男性は多いですよ。本当は女性と仲良くしたいのに、どのような態度をとればいいのか分からなくて迷う男性もいます。女性との会話に慣れれば、そっけない態度も少しずつ改善して行くでしょう。

男友達に冷やかされるのが嫌



若い時代には、女性と話しているだけで男友達から「モテ男」「リア充」などと冷やかされてしまうことがあります。プライドの高い男性にとっては、そのような冷やかしがとても不愉快に感じられてしまうもの。男友達からの冷やかしを避けるために、「申し訳ない」と思いながらも、あえて女性にそっけない態度をとる男性もいます。

女性からすれば、とばっちりにも感じられますが、このような男性は二人きりの時には意外と優しい傾向が。二人きりのタイミングや状況を狙って、男性の様子がどのように変化するか、そっと観察してみるのもいいでしょう。

反抗期をこじらせた



男性の女性に対する態度は、母親との関係が大きく影響することも。反抗期に母親との関係を極端にこじらせてしまった男性の場合、それが心の大きな傷になり、他の女性に対しても良くない対応をとる場合があります。

慣れてくれば徐々に警戒を解いてくれるでしょうが、あくまで男性のペースを見守ることが大切です。「その態度は良くない」などと叱りつけてしまうと、さらに反抗的になってしまう場合もあります。

他に考えることがあって、無意識に



実は、「ほかに考えることがあって集中していたせいで、無意識にそっけない態度になってしまった」という経験を持つ男性が非常に多いんです。一度集中してしまうと、周りの音や光に一切反応できなくなる男性が多くいます。

さまざまなことを同時に行うマルチタスクが得意な女性からみると、「こっちがちょっと話しかけたときに、振り返って一言返事をするだけじゃん!」と思ってしまいますよね。しかし、熟考するタイプの男性にとってはそれがとても難しいことなんです。

男性が忙しそうにしているとき、「何か手伝えることはないか」と声をかけたくなりますが、そこはぐっとこらえて。集中している男性のことはそっとしておき、落ち着いてから「今大丈夫かな?」と様子を確認しつつ話しかけるようにしましょう。

脈なしではない?そっけない男性の本心を見抜く方法



ここからはそっけない男性の本当の気持ちを、本人に気付かれないように判別する方法について、いくつかご紹介します。本人気づかれてると、「コソコソと何をしてるんだ!」と神経を逆なでする可能性があるので、できる限り慎重にいきましょう。

男性がそっけない態度をとってしまうのには、時と場合によりさまざまな理由があります。普段は優しくっせしてくれる男性に、急にそっけない態度をされたからといって、がっかりせずに、まずはよく相手を観察してみてくださいね。

二人きりで話すときは優しいか



男友達に冷やかされるのが嫌でそっけなくしている男性の場合、二人きりになった瞬間に空気が柔らかく、優しくなるでしょう。自分の都合で女性のことを傷つけた分の埋め合わせとして、必要以上に女性を甘やかすこともあります。

女性から見たら、「周囲に誰がいようが、態度を変えるなんておかしい」と感じてしまいますよね。しかし、男はプライドを大切にする生き物です。不思議な生態に思えるかもしれませんが、温かい気持ちで見守るほうが、男性も喜んでくれるでしょう。

好意をアピールしても嫌がられないか



思い切って好意をアピールしてみるのも1つの方法です。そっとしておいてほしいときにそっけなくするのか、あるいは好きな女性に話しかけられて緊張のあまり、ドキドキしてそっけない態度をとってしまうのかは、男性の性格によって大きく異なります。

放っておいてほしいときも緊張しているときも同じようにそっけなくなるなんて、ちょっと不思議ですよね。

なお、必要以上にはっきりと好意をアピールしてしまうと、混乱してフリーズしてしまう可能性もありますので、まずはそれとなく始めてみましょう。

嫌がられる場合には、あまり関わってほしくないと考えている傾向が。緊張しているだけの場合には、好意を伝えられた瞬間に、多少なりとも顔がにやけ、ツンツンしていた態度が軟化しますよ。

ちょっとしたお願い事をしてみる



「近くのものを取ってほしい」とか、「時間を教えてほしい」など、簡単なお願い事をしてみるのもいいでしょう。女性との接し方を知らないために、そっけない態度になってしまう男性の場合でも、具体的に簡単なお願いをされると、応えてくれることが多いです。

一方で、意図的にそっけなくしている場合には、苦虫を噛み潰したような嫌そうな顔をしたり、ときにはお願い事を無視したり、聞こえないふりをしたりする傾向があります。女性からのお願い事を聞いたあとの、表情や返答が男性心理を推察するヒントになるでしょう。

そっけない態度をとり始めた時期や相手は?



男性がそっけなくなり始めた時期や、その相手について観察してみると、何かしらの傾向がつかめる可能性もあります。たとえば、大切な試験の前や、仕事で大きなプロジェクトが始まったときなどには、それらに集中するために心を奪われているせいで、そっけない態度になっているのかもしれません。

また、普段は機嫌がいいのに、特定のタイミングでだけそっけないのか、どんな相手に対しても一律にそっけないのかも重要なポイントです。誰に対してもまんべんなくそっけない態度をとるときには、機嫌が悪いだけのときもありますよ。

そっけない男性への正しい対処法はコレ!



ここからは、そっけない男性への正しい対処法についてご紹介します。突然気になる男性にそっけない態度をとられると、「自分が何か悪いことをしたかな」と心配で焦ってしまいがちですが、まずは落ち着いて男性の状況を観察してみてください。

男性の状況によっては、必要な対処法が異なります。間違った対処をすると、火に油を注いでしまう可能性もありますよ。相手の出方をよく観察しながら、少しずつ上手に距離を詰めていくことをおすすめします!

そっけなくされる理由を考えてみる



まずはそっけなくされる理由を考えてみましょう。上記の項目で既にご紹介したように、仕事や勉強のことで精一杯になっているときに、そっけない態度をとってしまう男性もいます。しかし、自分が嫌いな相手を威嚇する目的でそっけなくなる男性も、女性の思う以上にたくさんいます。

そっけなくするのは、放っておいてほしいという無言の意思表示でもあります。付き合っているわけでもないのに、女性からベタベタされることに嫌悪感を感じる男性もいます。自分の行動が、男性にストレスを与えていないか、もう一度確認してみましょう。

少し時間と距離を置いてみる



そっけなくされるということは、少なくとも現段階では自分のことを放っておいてほしいという意思表示です。嫌がっていることを無視して、余計に話しかけると、男性はもっと機嫌を損ねてしまいます。そっけない扱いばかりを受けるようなら、最低でもその日1日くらいは、話しかけずに様子をみてくださいね。

気持ちが落ち着けば、男性の方から話しかけてきたり、ときには、自分の悪かった態度を「あの時はごめん」と謝ってくれたりすることもあります。「去る者は追わず来る者は拒まず」の精神で対処していきましょう。

「そっけない態度だと傷つく」とはっきり伝えてみる



そっけない態度をとるだけなら、様子をみるのもありですが、悪態をついてくるような場合には、「そんなそっけない態度だと傷つくよ」と一言伝えてみましょう。自分が嫌いだからと言って、相手を傷つけていい理由にはなりませんものね。

ただし、あくまで静かに理性的にこのセリフを言うように気をつけましょう。そっけない男性は、そもそも放っておいてほしい心理状態ですので、あまり感情的になってしまうと、男性の精神を逆なでしてしまいますよ。

特に気を使わずに接する



反抗期の子どもに接するようなおおらかな気持ちになる余裕があるのであれば、これまでと同じように、特に気を使わずに接してみましょう。精神的に十分に成熟した男性であれば、あからさまにそっけない態度で他人と接することが、やや子どもっぽい自己表現だと知っています。

そっけない態度をとってしまうということは、それだけその男性が大人になりきれていないということでもあります。学校の先生や親になった気分で、男性の行動を遠巻きに見てみると、自分の心の焦りも収まってくるでしょう。普段どおりに挨拶したりしている内に、程よい距離感が戻ってくるはずですよ。

実は両想い?そっけない男性が見せる脈ありサイン



最後にそっけない男性が見せる脈ありのサインについてご紹介します。そっけない態度をとる男性の中には、好きな女性と話していると、必要以上に緊張してしまう性格の男性がいます。本当は好きな女性と楽しく話したいのに、上手く話せない自分に、もどかしさを感じているはずです。

女性としても、そんなもどかしい気持ちはなんとなく感じとれてしまうもの。そんな「脈ありサイン」を見逃さずに、男性のもどかしい気持ちをフォローしてあげてくださいね。

LINEの返信は疑問文がついていることが多い



好きな女性と話していると緊張してしまう男性にとって、LINEは非常に便利でありがたいツールです。好きな女性を前にすると、声が上ずったり、どもったりすることを「カッコ悪い」と恐れている男性は意外と多いもの。テキストでリアルタイムに話のできるLINEは、そんな男性にとって非常にありがたいアイテムです。

実際に会うときにはそっけないのに、LINEでは別人のようにテンションが高くなり、男性側から質問文が多く送られてくるときには、脈ありの可能性大です。少しでも多く、好きな女性と話したいと思っていることの現れです。

LINEだと気まずくならずにずっと話していられるのであれば、二人の相性は決して悪くないはずです。

気付くとそばにいる



そっけない態度をとるのに、職場や学校などで自由な時間を過ごしていると、気づくとそばにいる男性の場合には、実は脈ありの可能性大です。好きな女性と直接話そうとすると、緊張してそっけない態度をとってしまうけれど、少しでもそばにいたいという気持ちの現れでしょう。

そんな男性と心を通わせるためには、他の人が気にならないように、二人きりになってゆっくり話してみるといいですよ。他の人の手前、余計に緊張している可能性もあります。静かな空間を選んで二人きりで話すと、すぐに心をひらいてくれることも多いです。

そっけない態度の裏に隠された彼の真意を読み解いて



男性にそっけない態度を目の当たりにすると、「自分が何か悪いことをしてしまったかな」と焦ってしまいますよね。しかし、男性は好意のあるなしに関わらず、そっけない態度をとってしまうこともあります。

焦ってなにかしようと男性に積極的に働きかけると、逆効果になってしまう恐れも。まずは遠巻きに男性の様子を観察してみて、脈ありのサインがあれば二人でゆっくりと愛を深めていきましょう。

(まい)

この記事を書いたライター

まい
都内の大学に通う女子大生。毎日トレンド情報チェックしてます♡趣味はカフェ巡り、記事を書くこと♡

関連記事

今、あなたにオススメ